挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑/右

■ 一章.図書館のドラゴンは夢を見続ける。

6/78

■1 リエッキ


 竜はいかにしてこの世界に発生するのか? それには諸説がある。
 最も一般的なのは、他の生物同様に竜にも雄と雌があり、卵、あるいは分娩による出産を経て誕生するという当然といえば当然の説。
 それに次ぐ主流が、他の生物がある条件を満たした時に竜へと変化するという説。
 竜に転身する(と論ぜられる)生物は、一覧にすればかなり長くなる。代表的なのはもちろんヘビだが、他にも亀、蜥蜴、鶏、形の似ているところで地虫、変わり種としては法螺貝までが数えられる。
 また、竜に変化する生物のもう一つの代表には人間もまたあげられる。定命の身から脱する為、あるいは貯め込んだ財宝を独占する為――そうした動機により秘術や意思の力をもって竜へと転じた人間の伝説は、枚挙に暇がない。

 では、彼女の場合はどうだったのか? 出産と転身、どちらにより彼女は発生したのか?

 答えはそのどちらでもない。
 彼女は気付いた時には既に存在しており、確と在る自分をある日唐突に発見したのだ。そうした在り様は、生物よりもむしろ現象に近いのかも知れない。

 自己を見出した瞬間、彼女はいくつかのことを同時に覚った。己の名前(これは長らくどうでもいいことの筆頭だった)。翼の動かし方や炎の吐き方といった自己の機能の使い方。その一帯において自分が最強の生物であるという事実。
 そして、自分が孤独であるということ。
 自己認識の瞬間を誕生の瞬間であると仮定するならば、彼女は生まれながらにしてその山脈の覇者であった。近隣のすべての生物が彼女を恐れ、彼女と出会しただけで絶望の叫びをあげた。
 彼女は(それまでは)水以外の食事を摂らなかったし、無益な殺戮を楽しむ趣味ももちろんなかった。
 しかしそれでも彼女と遭遇したとき、動物たちはいつもその目で訴える。

 ――食わないでくれ。殺さないでくれ。

 彼女は宿命的に孤独だった。他者との交流は絶無で、己の内側に備わっているのは衝動を欠いた破壊の力だけだった。
 それはしかし、なんという虚しさだろう。
 いっそこの山のすべてを燃やし尽くしてしまったらどうだろうかと、彼女は折にふれそんな思考を弄んでもみた。彼女にはそれが可能だった。
 だが、そのことを考えるたびに動物たちのあの瞳が脳裡に浮かび、膨れかけた気持ちを瞬時にしぼませるのだ。
 身に宿した力とは裏腹に、彼女の本性は余りにも優し過ぎた。

 孤独を辛いものと感じる心はいつしか鈍磨した。
 それが正常な発達なのかあるいは精神の機能低下に他ならぬのか、彼女にはそれを判じることすら出来なかった。
 彼女は一切の破壊や殺戮と無縁のまま、実績の伴わぬ恐怖の現象として山々を彷徨しつづけた。

 人間に姿を見られたのはそんな折だった。

 なにかが変わる。
 悲鳴をあげながら逃げ去る目撃者(それは獲物を追って山に深入りした猟師だった)を見送りながら、彼女はそんな直観を得た。
 そして、それは正しかった。
 翌週、なにやら物々しい一団がやってきた。揃いの鎧に身を固めた兵士たちと、兵士たちに指示を飛ばす杖の男たち。
 彼らは山道を封鎖し、拓けた場所に陣取って天幕を設営し、そして矛を振るって山中の探索に打って出た。
 この自分を探しているのだとは、すぐに知れた。
 彼女は震えた。恐怖からではない。はじめて他者から向けられる害意と悪意に、彼女の中に眠っていた一面が歓喜したのだ。
 これで私は、と彼女は思う。これで私は自分を解放出来る。己の中の暴力を、身に宿した炎を、ぶつけられる相手についに恵まれたのだ。
 暴力の衝動は膨らむ。そして、それはしぼまない。乱暴に若木をなぎ倒す鎧の連中を遠く眺めても、獣たちの瞳がそうさせたようにはならない。
 むしろさらに大きく、大きく膨らむ。
 早く来い、と彼女は思う。
 あるいは自分は殺されるかもしれない。殺されて、鎧の連中の仕える領主が望む剥製の首となってその館に飾られるかもしれない。
 しかしそれならそれで構わない。私はただ自分を解き放ちたいのだ。暴力の現象としてのこの身を、存分に。

 やがて夜が来て、兵士らがその日の山狩りを終えたあと――彼は彼女の前に現れた。
 鎧の連中とは違ったが、確かにそれは人間だった。
 土と泥草に汚れた、人間の子供。
 彼女は悠然と身構えて相手の悪意を待った。衝動は期待を伴って、さらに、さらに膨らむ。
 しかし、待ちわびたものはいつまで経っても来なかった。
 子供は目を丸くしてただ彼女を見ていた。その瞳に恐怖はない。代わりにあるのは、美しい物でも見るような陶酔の色。
 張りつめた数秒のあとで、少年が呟く。屈託のない、憧憬を湛えた素直な声で。

「ドラゴンだ……」

 破裂寸前まで膨らんでいたものが、あっけないほど急速にしぼんだ瞬間だった。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



 古い夢から目覚めれば、もちろんそこは現実の図書館だ。
 百年後の図書館。友を失ってから百年後の。
 しかし、もはや実時間は失われて久しかった。主を失ってから図書館はただひたすらに空白を刻み続けている。
 この場所では、もはや昨日と今日のけじめすら定かではない。
 目に涙をいっぱいに溜めて、彼女はうつぶしていた机から顔をあげた。
 夢から醒めた時はいつも痛切な喪失感に見舞われる。まるで、その都度繰り返し喪い続けているかのような。
 かつて彼女は孤独に悲しみを感じなかった。自己の存在を認識してから二年ほどで、それを感じる心は完全に鈍磨した。二年間、たったのそれだけで。
 しかし今、百年を経てなお悲しみは鈍らない。それは依然として彼女の中にある。
 彼女は自問する。私の精神は正常な機能を失ったのだろうか。あの原初の孤独とこの百年の孤独は、いったいなにがどう違うのだ。あの頃の私と今のこの私とは、いったい何が違う?
 そして、彼女は自答する。
 そんなのわかりきっている。今の私には思い出がある。

「……こんなのは」
 彼女は口に出して呟いている。
「こんなのは、まるで呪いじゃないか」 

 図書館の静寂は彼女になにも答えない。書架に並んだ無数の背表紙は沈黙を貫く。彼女がそれらを読まぬように、書物の側もまた彼女を無視する。完全なる没交渉。
 彼女は机に腕を組み、ふたたびそこに顔を埋める。
 彼女は眠る。孤独を遠ざける為に。
 目覚めた時にはまた喪失の再現があるだろう、それはわかりきっていた。だが、それでも彼女は眠りに夢を求める。
 孤独をなによりも厭うて、ほとんど恐怖するほどそれを厭うて。
 しかし孤独をもたらす思い出の数々を、彼女は決して厭わない。

 彼女は眠る。迷宮じみた図書館で、その番人――図書館のドラゴンは夢を見続ける。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━●



 その子供は彼女を恐れなかった。
 しばらくのあいだ、彼はただじっと彼女に見臈れていた。深まる闇をよそごとに、天下の美に出逢ったかのような感動の表情を浮かべて。
 ややあって少年は不意に我を取り戻す。
 そして、急き込んだ調子で彼女にいった。

「たっ、助けに来たんだ!」
 彼はそう叫び、続いて宣言した。
「僕は君の味方だよ!」

 余りにも前のめりで唐突で、そして言葉は決定的に不足していた。

「……なんだ、お前は?」

 最前までの暴力衝動は完全にどこかに置き忘れて、彼女は唖然の度合いを極めて少年に問うた。
 彼女がはじめて他者と疎通した記録的な一言はこのようなものとなった。

「だから、僕は君の味方だってば。ええと、南に抜ける山道の途中で事情を知ってね――」

 そして少年は語りはじめた。
 自分が見聞きしたことのあらましと、それにより抱くに至った領主の陣営への反感と怒りを。
 そして、ばかげた者のばかげた欲望の被害者となろうとしている山の主(つまり彼女のことだ)への憐れみの念を。
 一通り聞き終えたあとで彼女が彼に示した反応は、やはり呆れであり、そして意図的な失笑であった。
 彼女は冷え切った瞳で少年を睨め付けた。

「お前が、助ける? この私を?」
「そう、助けるんだ。僕が、君を」

 そこに込めたはずの皮肉の響きには気付きもせず、少年はいかにも、と真顔で肯く。
 彼女は再び鼻で笑う。苛つきと皮肉と、本心からの嘲笑を露骨なまでにあらわして。 

「馬鹿馬鹿しいにも程がある。この一帯の覇者たる私を、貴様のようなガキがいったいどう助けてくれると? ……笑わせるな。失せろ」

 青き虹彩に縁取られた金色の双眸が少年を睨め付ける。
 王者の眼。生物という生物を圧倒する眼。

 その眼に、しかし少年は怯まなかった。

 恐怖やそれのもたらす狼狽とはまるっきり無縁に、ただ気分だけは害したというように唇を歪めて、少年は自身もまた彼女をにらみ返す。

「君だってそんなに年取っては見えないけどね」
 少年は平然といってのけた。挑むような口調で。
「というかさ、ひょっとして君、僕より年下なんじゃない? 人間以外の歳だってだいたいはわかるんだからね、僕は」

 彼は真っ向からそう口答え、どうだといわんばかりの眼を彼女に向けた。
 少年のこうした反応と態度のすべてが、彼女をふたたび唖然とさせた。威圧するどころか、逆に自分のほうがそれを与えられたように彼女は絶句する。
 そんな彼女の狼狽ぶりを見て取った少年が、してやったりという笑みを作る。どうだ図星だろ、とでもいいたげな、勝ち誇った風の。
 それ以上の衝撃を相手に与えたという自覚は、そこにない。
 それから、少年は和やかな調子を取り戻して再度彼女に申し出る。

「とにかくさ、協力出来る部分は必ずあるはずだよ。君がいかにこの辺の一番だって言ってもあの数を相手にするのはもの凄く骨がおれるよ? 困った時は相身互いと思ってさ、ね?
 ……ところで君、名前はなんていうの?」

 ――こいつはなんなんだ?

 彼女は胸裡に畏れにも似た感触を抱く。
 あらゆる生物が恐れをなして然るべき自分に対しこの子供は一片の怖じけも見せず、むしろ対等に相手取って遠慮がない。その上、竜である自分を一個の人のようにみなしたこの扱いはなんだ?
 彼女にとって、少年はまさしく未知そのものだった。少年の存在を、彼女はまったく把みかねている……にも関わらず、警戒の念は驚くほど薄い。
 少年の笑顔があまりにも頑是無くて明け透けで、だから、猜疑の心が正常に働かない。
 彼女は惑う。
 それから、自分が問われていたことに、ふと気付く。
 問い掛けの内容を胸の裡に反芻する。

 そして、ほとんど反射的に、彼女の無意識がそれに答えている。

「……リエッキ」

 簡潔に、それだけを彼女は告げた。少年と、あるいはまた、自分自身に対しても。
 リエッキ。
 自己の認識と同時に脳裡に情報として去来し、しかしこの瞬間までは退化した臓器のように使われることもなく自己の深淵に埋没していた、それこそが彼女の名前だった。
 この瞬間、彼女の存在は確かに更新された。匿名の竜、無記名の彼女から、リエッキへと。
 あるいはこのときこそが、彼女が真に世界に発生した瞬間だったのかもしれない。

 ぽかんとした数秒のあとで、少年はそれが自分の問い掛けに対する答えなのだと気付いた。
 太陽の笑みが夜を照らした。顔中に笑みを引き伸ばして、少年は己もまた彼女に名乗った。

「僕はユカ。ねぇリエッキ、お腹減ってないかな? 林檎の蜂蜜干し、一緒に食べない?」

図書館ドラゴンは火を吹かない、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ