挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑/右

■ 三章.かくれんぼでは鬼のことを

51/78

■22 奇数と偶数にかけて、天穹の星の無限にかけて

 自分をつけねらう相手に居場所を伝えることになるのだと知りながら、それでもユカは歌うのをやめなかった。音痴な歌声は上達の兆しを少しも見せぬまま旅路を彩り続けた。
 いや、本当はリエッキもとうに気付いていた。
 山を行く者の陽気な安全策、見知らぬ者同士の歌による便り。親友のそれが、本当は不特定多数に宛てられたものではないということを。
 己を狙う追跡者、その、本来であれば隠れるべき相手に向けてユカは歌いかけているのだと。

 わかっていて、しかしリエッキも歌うのをやめろとは言わなかった。

 不思議なものだった。
 繰り返される襲来、繰り返される茶番、そして、繰り返される対話と緊張の一時。その積み重ねのうちに、いつしかリエッキは敵手たる呪使いの二人組に親しみのようなものを感じはじめていた。
 左利きが厄介な男であることにも、その相棒が鬱陶うっとうしい(本当に鬱陶しい)男であることにも変わりはない。
 しかし、なにかの具合で丸一日以上彼らが姿を見せなかったりすると、頭の片隅で『今日は来ないのか』と考えている己に気付かされた。別れ道を過ぎた後などには『あいつら、ちゃんとついて来てるだろうか』といらぬ心配を抱きつつ後ろを振り返り、振り返ったあとでわたしはなにをしているのだろうと赤面した。

 自分たちが四人で一組の旅の仲間であるような、そんな錯覚さえ心のどこかにあった。そして、それは自分ひとりだけが感じているものではないのだという、そんな確信も。
 この感覚はわたしたち四人が共に抱いているものなのだろう、と彼女は思う。

 ただし、四人のうちの二人は、それよりもなお深遠なものを、ただ彼らだけで共有していた。
 前を行くユカの背を、リエッキは見るともなく見つめる。そして親友の向こうに、彼の宿敵たる男の影を幻視する。
 二人が互いに向けあう思いの強度は、余人をして計れるようなものでは到底有り得ない。彼らには既に彼らだけの世界が存在している。
 リエッキはそのことを理解していた。
 理解していたから、彼女は歌うのをやめろとは決して言わなかった。



 そうして帰郷の道行きは続いた。
 いつしか山路は終わりを迎え、二つの二人組は平らな土地を行く旅人となっていた。
 推移するのは季節もまた同様、秋の黄金は次第に褪色し、景色には冬枯れが目立ちはじめていた。

 しかし、変化し続ける事象に反して、頑なに変わらない関係も旅路にはあった。

「おうおうおう! ここで会ったが……あーっと……何年目だっけか?」
「百九十四年目、だよ。そっちの数え方にならうならね」
「おう、そうだそうだ! ここで会ったが百九十四年目だぜこの野郎!」

 たとえ旅路が目的地に近づこうとも、季節が移ろおうとも、対決の様式は変化とは無縁のままに繰り返され続けた。それは、あるいは当事者たち自身がその様式をいつのまにか愛しはじめていて、それが為に意識的に守ろうとしていたからかもしれない。

 ユカと左利き。二人の青年は、やがて本人たちの思惑とは無関係にその存在を世に示し、後に訪れる時代の変転に大きく影響を及ぼすこととなる。これから先の人生で、彼らは無数の名声と栄冠を得て、最終的には後世にまで名を残す史上の人物となる。
 そんな二人にとって、この数ヶ月は彼らが最も彼らとしてぶつかり合えた期間であったのかもしれない。

 幼稚なやりとりを交わすユカと呪使いを横目にしながら、リエッキは自分と同じように傍観者を強いられている左利きをふと見遣った。するといつかと同じように、左利きもまったく同時に彼女に視線を寄越した。
 この日もまた、二人はしばらくのあいだ無言で睨み合う形となった。
 だが、結末だけが以前とは違っていた。
 相手を凝視していなければきっとそうとは気付かなかっただろう。しかし斯様かように曖昧にではあったものの、このとき、左利きは確かにリエッキに笑いかけたのだった。
 お互いに苦労するなとでもいうような、含みの込められた苦笑いで。

 やっぱりわからない男だ、とリエッキは思った。けれど、少なくとも嫌な気分はしなかった。



 緊張を内包していながら、しかしどこかに和気を帯びはじめてもいた、親密な敵対関係。
 そんな風に築かれはじめていた彼らの関係を反故にする、あるいはあるべき向きに修正する出来事は、左利きの相棒言うところの『ここで会ったが』、その『二百年目』を目前にしたある夜に起こった。

 その晩、ユカは書き入れ時の酒場に出番を得てかたっていた。山内でも村民達の酒の席に招かれたことなどは幾度かあったが、まっとうに酒場らしい酒場は本当に久しぶりだった。
 円卓こそリエッキとは別にしているが、店内には左利きとその相棒の姿もあった。魔法使いの物語を語るユカに横槍を入れることもなく、彼らはそれぞれに聴衆の一人としてそこにいた。

 物語は今まさに佳境を迎えようとしていた。
 この夜に語られたのは『百獣の姫君』の物語、ユカが最も得意とする一説だった。劇中の少女が流す涙は聴衆という聴衆に伝染し、陽気なはずの酒の夜をさながら弔いの一夜へと変貌させていた。
 とりわけ盛大に泣き濡れているのは左利きの相棒で、向かいに座る左利きはひどく居心地の悪そうな表情をして酒杯を傾けていた。

 物語は場に満ちる。魔法を使わずとも魔法のように、ユカのそれは空間を掌握する。

 しかし、後に骨の魔法使いとなる少女がその強大な愛を開花させようとしたとき、物語は無惨にも寸断される。
 重厚な設えの扉が音を立てて開き、複数の男たちが酒場に雪崩れ込んできたのだ。

「やめろやめろ、やめろっ! おい、不届き千万な作り話は今すぐ中止しろ!」

 そう声を荒げたのは、保安吏ほあんりたちを引き連れてやってきた呪使いだった。
 四十絡みの見るからに尊大な男で、しかしその尊大さと表裏になった卑屈さもまた態度の端々に見て取れた。
 ようするに、リエッキのよく知る呪使い、その典型とでもいうような男だった。

「兼ねてから噂には聞いていたが、よもや人違いということもなかろう。そなただな、街から街へ、人心を惑わすデタラメを流布して歩いておる語り部というのは!」

 吐き捨てるように、あるいは勝ち誇るように呪使いは言った。
 リエッキはため息をついた。こういう展開にはもう慣れっこだったし、だからとりたてて戸惑うこともない。けれど街場に下りてきた早々にこれかと、うんざりする思いは強かった。

 卑劣、捏造、扇動、そして邪悪……それら苛烈な言葉を並べ立てて、呪使いはユカを糾弾する。ユカは基本的には言われるままとなっておいて、相手が言葉を途切れさせた時などの隙をついて、やんわりと論理の綻びや矛盾点を指摘した。
 そうした対処法は、しかし対話以前に結論を固めている相手には通じず、却って相手の怒りと敵意に油を注ぐだけだった。
 呪使いは次第に冷静さを失い、しまいには文脈の一切を無視して言葉尻だけを捉えるようになっていた。

 端で聞いているだけでも疲れるやりとりだった。
 呪使いの連れてきた保安吏たちは一様に辟易した顔をしていた。彼らが権柄けんべい尽くに駆り立てられたのであろうことは、推察せずとも一目で見て取れた。年若の一人が、バカらしい、帰りてえ、と小声で言った。誰も窘めなかった。

 そろそろ終いだな。そう判断して、リエッキは残っていた蜂蜜酒を一息に呷った。
 もうそろそろ、あの呪使いは保安吏たちにユカの捕縛を命じるだろう。これまでにも同じようなことは数限りなくあった、だから彼女には頃合いが掴めたのだ。
 呪使いへの不満を胸に抱きながら、それでも保安吏たちは不承不承命令に従うだろう。彼らは遠慮がちにユカに迫り、すまねえな語り部さん、などと小声で詫び言を口にするのだ。そんな彼らにユカはすべてを許すような笑顔を向けるはずだ。それから、あいつは本棚から一冊選んで手に取る。そして、誰一人、傷一つつけることなく状況を脱してみせるのだ。
 すべてがわかりきっていた。考えてみればこれもまた一つの様式だな、とリエッキは思う。

 しかし、そんな予定調和がこの夜は破られた。

 リエッキが撤収を意図した時、彼女より先に立ち上がった者があった。
 気まずい沈黙に支配された店内を横切って、その人物はユカと呪使いのところまで歩いていった。

 それから、まるで身体全部を使うかのようにして、全力で呪使いを殴り抜いたのだった。

 呪使いが転倒し、派手な音を立てて間近な卓席に突っ込む。
 円卓がひっくり返り、杯や皿が床に散らばる。
 飲みかけの麦芽酒がぶちまけられ、強い酒気があたりに立ちこめる。

 殴られた呪使いが、尻餅をついた体勢から自分を殴った相手を見上げた。信じられないという顔をしていた。
 けれど、それよりも一層強い驚愕を浮かべている者がすぐ近くにいた。

 ユカだった。彼はまったく唖然とした表情で呪使いを殴り倒した男を凝視していた。そして自覚はしておらねど、リエッキもまた親友と同じ驚きを顔中に貼り付けていた。

 にわかに騒乱の巷となった店内で、それをもたらした人物は呪使いを睥睨へいげいして、叫んだ。

「貴様のような者が……貴様のような者がいるから我ら呪使いは――ッ!」

 左利きだった。  

図書館ドラゴンは火を吹かない、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ