挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 三章.かくれんぼでは鬼のことを

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/91

■13 五年後の竜と語り部

「……――最後に、踊り子の少女、長じては空前にして絶後の舞姫となった彼女が口癖のように愛好していた言葉を引用し、これをもって物語の結びと代えさせて頂きます。……愛の力とは、実に偉大なものなのです」

 そう締めくくり、語り部は店内に向けて一礼した。しかし拍手や喝采はただ一つとして起こらなかった。
 物語の終わりに気付いてすらいないかのように、聴衆は皆静かに泣いていた。

 この日、譚りの舞台となった酒場は日暮れ前から喧噪の極みにあった。
 街は婚礼節(神話における鍛冶英雄と霜の国の娘の婚礼を記念する祭日)の盛大な祭りで広く知られており、その初日がいよいよ翌日に迫っていたのだ。
 商機をかぎつけた隊商や旅商い、それに祝言を挙げに来た若き夫と新妻、店内はそれら多様な客層でごった返しの有様。酒焼けした蛮声と愛の囁きがてんでに入り乱れて夜を待っていた。
 そうした騒がしさはしかし、日没の頃を境にしめやかな静寂へと推移しはじめた。場末の活況は急速にその地位を失墜させ、代わりに場を支配したのは物語だった。
 そして真夜中を間近に控えた今、喧噪はその名残からして皆無となっていた。

 店内奥に設えられた演壇から、語り部はゆったりとした足取りでこちらに向かっている。満席の沈黙を、啜り泣きの声を、己がもたらしたそれらをすました顔でやり過ごして。
 その姿を半ば呆れた心地で見つめながら、リエッキは思う。
 あいつはすごくなった、と。

 踊り子と別れて二人の旅を再開してから、既に五年が過ぎようとしていた。
 その五年のあいだに、彼女の親友は語り部としての力量をぐっと増した。
 雰囲気を出すための背景楽などなくとも、あいつは話術一つで酒場の空気を一変させてしまう。ひとたび語り出せば、物語は結界のようにその場に張りつめる。声色は登場人物の数だけ存在し、酒場の薄暗がりに聴衆は情景を幻視する。
 魔法を使わずとも、それはあらかた魔法のような譚り口だった。
 才能はもともとあった。それに技量も。しかし時の洗礼を受けて、今では子供の頃には決定的に不足していた凄みや貫禄と呼ぶべきものがそれらに加わっていた。
 あいつはすごくなった。リエッキはしみじみと思う。
 あいつは、本当に変わっ――。

「ねぇねぇねぇ、どうだった? ねぇ、リエッキ」

 子供のようにはしゃいだ声が彼女の思考を遮った。視線をあげると、向かいの席に親友が腰掛けようとしていた。
 ある種の神秘を感じさせる語り部の顔……は、そこにはなかった。席に戻ってきた瞬間にすべての虚飾が剥がれ落ちたように、彼は彼へと戻っていた。

「結婚のお祭りにちなんで今夜は姉さんたちの恋路を語ってみたんだけど、なんだか思いのほかウケが良かったみたいで……って、なに考えてたの?」
「……あんたはまるっきり変わらないなって、そう思ってただけだ」

 人なつっこい笑顔を向けてくる親友――ユカに、リエッキは情感をたっぷり込めたため息で応じた。
 この年の春、今から半年ほど前にユカは二十歳の誕生日を迎えていた。
 これまでに二人で渡り歩いた大抵の土地で大きな節目とされる年齢となって、今や彼は近隣の国々に比肩する者のない……あるいはそれよりもさらに広い世界を見渡してもなお類を見ない無双の語り部となっていた。
 一流を凌ぐ一流、蜜の舌を持つ物語師。
 その評判は二人の与り知らぬところにも広がっていると見え、稀には土地を支配する領主の館に招かれるというようなことまであった。
 しかし、語り部という対外的な仮面を外してしまえば……。

「物語ってる時とそうでない時とで、あんたはまるっきり別人だ。語り部の顔をしてるときは雰囲気からして引き締まってるのに、今のあんたの腑抜けたことと来たらまぁ……」
「腑抜けてるって言いぐさはひどいなあ。なにかほかに言い方ってもんがあるんじゃないの? たとえば悠然としてるとか、でなければ闊達が態度に表れてるとか」
「なんといおうと腑抜けは腑抜けだ。言葉を取り繕って誤魔化そうとすんな」
「そんなこといったって僕は語り部だもの。言葉の修辞は職業病みたいなもんだよ」

 ユカが頬を膨らませて不平を表現する。ほれみろ、まるっきりガキのまんまじゃないか。再びのため息混じりにそう指摘して、リエッキが『はん』と鼻を鳴らす。

 それから、二人はどちらからともなく口元を綻ばせる。

 少年期は終わった。いま、彼女の前には肩幅の広くなった青年の身体がある。柔和さはそのままに精悍さの強く兆したおもてがある。
 だけど、それだけだった。
 リエッキは思う。こいつは本当に変わった。けど、こいつはなにも変わっちゃいない。
 眼差しと眼差しのあいだにある、呆れるほど変わらないなにか。その変化の無さをこそ歓迎するように、彼と彼女は互いに笑みを向け合った。

「ともかく、お疲れ様でした」
「ん、おつかれ」

 それぞれにゴブレットを手に取り、こつんと打ち鳴らす。
 今夜の物語は常にないほどに長大だった。その間、二つの杯はリエッキと一緒にユカが一仕事終えるのを待っていたのだ。
 最初の一口は二人揃って乾杯をしてから。彼女が己に課した決まり事は踊り子が抜けてからも変わっていなかった。

「あの女、達者でやってるかね」

 言って、リエッキはゴブレットを傾けた。酒精と馴染み深い甘みが喉を潤すと同時に、爽やかな柑橘の香味が鼻先をくすぐる。
 流石は婚礼の街の酒場だ、と内心で舌を巻く。
 新婚夫婦の飲み物でもある蜂蜜酒に、この店では檸檬の果汁を搾っているらしい。醸造の段階で加えられる水も最低限に抑えられているのか、極めて美味だった。
 良い夜だ、と彼女は思った。

「姉さんについては心配ないと思うよ。それより僕は兄さんが心配だな」

 ユカが同情的な笑いを浮かべながら言った。「違いない」とリエッキも同意する。
 南から引き上げてきた踊り子と二人が再会したのは一年以上前になる。
 三年ぶりに出逢った彼女は一人ではなかった。
「あたしの弟と妹よ」と踊り子に紹介された時、その男はユカとリエッキをまじまじ見つめながら「それじゃあ君達は僕の義弟と義妹になるのか」と大真面目に言った。
 直後に真っ赤になった踊り子から容赦のない一撃をもらうことになるその男こそ、彼女の思い人たる魔法使いだった。
 ユカが彼をどう呼ぶかはその瞬間に決定したようだった。

「内省的というか大人しいというか、魔法使いにしちゃえらくうだつのあがらない男だったからな。あの女が相手じゃ尻に敷かれるのが目に見えてる」
「魔法使いにしてはって、僕を含めて三人しか知らない癖によく言うよ。だいたい君、姉さんの前で兄さんをそんな風に言ってみろ。きっと僕は竜殺しを目撃する羽目になるぞ」

 考えるだにおそろしいよ。苦笑を浮かべながらユカが身震いしてみせる。八割の冗談の中に二割ほど本気が含まれている気がした。僕の知り得る限り、君と姉さんは世界最強の女性の三指に入るよ。いつだったかユカがそう言ったのリエッキは思い出していた。
 それから、彼女は親友の口にした言葉をもう一度咀嚼する。

 ――竜殺し。竜、か。

 もう長いこと竜の姿に戻っていないな、と彼女は思う。
 この五年で、ユカは語り部としてだけではなく魔法使いとしても大いに成長した。あるいは語り部の彼と魔法使いの彼は表裏一体なのかもしれないが、とにかく本棚はぐっと重くなった。
 リエッキを人の姿にしている物語もページ数を増やし、今ではほとんど時間の制限を受けずに彼女は人のままでいられた。
 彼女は考える。この五年でわたしは変わっただろうかと。変わったとしたら、それはどんな風に。
 わたしは時に自分が竜であることを忘れるほど人間が板に付いた。わたしはごく自然に人として振る舞えるようになった。その必要もないのに食事を楽しむようになり、美味いとか不味いとか細かい感想を言うようになった。長く風呂に入らなければ不潔を感じるようになったし、たまには髪を結うようにもなった。そして髪型を変えたことに気付いてもらえると、その日一日はなんだかひどく気分が良いのだ。
 わたしは――。

「ねぇリエッキ」

 そのとき、空になった酒杯を逆さにしながらユカが言った。

「さっき君は僕のことを変わらないって言ったけど、でも……君は随分変わったよね」

 もちろんそれはただの偶然だった。しかし口にされた言葉はリエッキの内心を見透かしたかのように時宜を捉えていた。
 それはどんな風にと、リエッキは聞かなかった。それは良いことなのか、それとも悪いことなのか、とも。
 彼女はただ一言「そうか」とだけ言った。そして親友が次になんというのか、幾ばくかの緊張を覚えながらそれを待った。

「君は変わった」

 ユカがもう一度言った。
 彼は真っ直ぐな瞳で彼女を見据えて、続けた。

「君はすごく変わった……はずなんだけど、でもなんでだろう。やっぱりなんにも変わってないって気もするよ」

 にへらっと緩みきった笑顔で彼はそう言い、「おかわりする?」とリエッキに訊いた。

「はん、意味わかんないやつ」とリエッキは言った。「……うん、する、おかわり」

 親友と同じように自分がにやけていることに彼女は気付いていた。しかしどうしてそうなっているのかはわからなかった。理解の及ばぬ心理は迷いなく放棄して、彼女は残っていた蜂蜜酒を一気に呷る。
 婚礼の街の極上の蜂蜜酒が心地よく喉を潤した。

 ――ああ、本当にいい夜だ。



「もし」

 その男が彼女たちの席にやってきたのは、まさにそうした時だった。

「もし、少しよろしいですか?」

 リエッキとユカは同時に声のした方に目をやった。
 そこにいたのは一人の青年だった。年配はちょうどユカと同じ頃の若い男が、薄く笑顔を浮かべて二人の傍らに立っていた。
 最初、彼女はその青年を店の人間だと思った。近くで話しを訊いていた給仕が気を利かせて注文を取りに来たのだと。あるいは、客達から集めたおひねりを届けに来てくれたのではないかと。
 踊り手や大道芸人に対しては直接おひねりを投げるものだが、物語師や歌手などの余韻もまた大事とされる演者については店側が集金を代行する。その通例はおよそいかなる土地の酒場でも共有される文化である。
 しかし青年は店の関係者ではなさそうだった。それに――リエッキはそのことに気付き、にわかに警戒を固める。
 ちょっとした仕草や物腰からそれはわかった。
 男の利き腕は左だった。

 ――まじない使いだ。

 リエッキは目配せでユカにそれを知らせようとした。
 だが、その必要はなかった。

「わたくしどもになにかご用がおありで?」

 そう訪問者に応対したユカは、既に仮面を付け替えていた。
 表情は一見して柔和な笑みであったが、しかしその笑顔に先ほどまでの子供じみた風情は欠片も含まれていなかった。

 そこにいたのは語り部であり、語り部と表裏を接する顔を持つ一人の魔法使いだった。

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ