挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 三章.かくれんぼでは鬼のことを

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/91

◆7 左利き

 こうして踊り子は物語から去りました。こうして、ユカとリエッキは姉たる存在との別れを体験しました。
 ですが、それは決して喪失ではありません。
 他のすべての家族がそうであるように、彼らという家族もまた離れていても繋がっているのです。
 だから、どこに悲しみがありましょうか? どこに不幸がありましょうか?

 ユカとリエッキは再び二人だけの旅を歩みはじめました。あてどもない旅のための旅、明日の進む道は昨日に決めるといったような、行き当たりばったりの旅を。

 その後の数年、彼らの姿は山脈の高原地帯にあり、かと思えば低地の商業都市群にあり、さらには原生林に暮らす部族の集落にありました。
 幾多の領邦りょうほうを越えて、複数の国を股に掛けて、成り行きと互いの心の赴くままに二人はあらゆる土地を旅しました。時々は異なる旅の空にある踊り子のことを思い、彼女と共にあった日々を懐かしんだりしながら。

 ところで、二人の旅の軌跡は、一種意外とも思われる形で各地に残されておりました。
 芸の相方とも呼べた踊り子が不在となったあとも、もちろんユカは語り続けました。
 夜の酒場で、あるいは昼の市場や縁日で、また、稀には招かれた貴族の館などで。
 母である骨の魔法使いのそれをはじめとした魔法使いの物語は常に聴衆たちに涙を強いりました。
 そして聴衆たちに自問させ、自答させます。

 魔法使いは本当に邪悪な存在なのか?
 いやいや、断じて否! 

 と、このように。

 あたかも笛吹男が通った街からすべての子供が消え去るように、二人が通り過ぎたあとの街からは魔法使いに対する偏見があらかた消え去っておりました。
 語ることにより母の名誉を回復し、魔法使いへの偏見を払拭する。その宿願を、ユカは知らず知らずのうちに成就させつつあったのです。



 ですが、こうした時流の移り変わりが気にくわないという勢力が、一つだけございました。
 魔法使いの神秘の能力を妬み、長の年月をかけて彼らを貶め続けてきた者たち。
 そう、まじない使いです。
 魔法使いの物語を、ひいては魔法使いに対する好意の感情を人心に播種して歩く語り部の存在は、呪使いの社会では既に無視出来ぬほど大きくなっておりました。
 もちろんそこには感情の問題があります。神秘の担い手を自称しながら、しかし肝心の神秘にそっぽを向かれ続けてきた呪使い。
 彼らにとって、魔法使いとは存在そのものが我が身にとっての批判です。
 そんな魔法使いの名誉を謳う語り部……忌々しい、と多くの呪使いが嘆じておりました(こうした傾向は比較的年配の、すなわち、年功序列が半ば罷り通る呪使いの社会では高位にある者たちほど顕著でした)。
 そしてさらに由々しきことには、魔法使いの名誉が回復されるということはつまり、彼らの悪評を吐き出し続けてきた呪使いに猜疑の目を向けさせるということです。

 たったひとりの語り部の存在が、権力者たる呪使いたちを大いに揺るがしていたのです。


 さて、読者よ。ここでもう一度、物語の視点をユカとリエッキから他へと移しましょう。

 その青年は名を左利きと申します。もちろんこれは渾名です。
 ですが、これより数年の後に人々は彼をそのように呼ぶようになります。
 世の多くの左優位者を差し置いて、左利きといえばたったひとりの彼を指す呼称として用いられることとなります。
 ですから読者よ、数年を先取りして、この物語では登場の瞬間から彼を左利きと呼び慣わしたいと思います。

 左利きは若くして優秀な呪使いでした。
 幼児の時分から利発で、同じく呪使いであった父の影響で早くから『この道こそ我が道』と思い定めて両親を歓喜させる孝行な息子でした。長じて少年となっては誰しもから神童と褒めそやされ、ですがそれで浮かれていい気になることもありませんでした。
 あらゆる楽しみに対して無欲的に、しかし知識と経験に対してはひたすら貪欲に、彼は揺籃と青春のすべてを呪使いの修行に捧げました。

 そして神童は神童のまま、ただ一度として凡俗に埋もれることのないまま青年となります。

 もはや彼は神童ではありません。多くの呪使いたちが期待を、羨望を、あるいは嫉妬を込めて、『天才』と彼を賞賛します。
 ですが、若さに見合わぬ左利きの能力と栄誉とは、天が与えたもうたものではありません。彼は自分の手でそれを掴んだのです。
 類い希であったのは彼の才能ではなく、呪使いという道に対する彼の信念のほうだったのです。

 天は呪使いになにも与えない。二十歳となっていた左利きは既にそう悟りきっています。それは別に、ふてくされた感情から生じた諦観ではありません。
 天はなにも与えない、ならば己の精進でそれを掴めばいい。彼はそのように考えておりました。
 天が呪使いに神秘を与えぬのならば、呪使いが神秘に手を伸ばせばいいのだと。
 奇跡ではなく、知識と論理を元手に呪使いに神秘をもたらす。それこそが彼の宿願でした。左利きは、ただ信念ひとつでそれを成さんとしていたのです。

 ですが、呪使いの可能性を――連綿と受け継がれてきた、万物に通じる知識に基づいたそれを――信じる彼にも、諦念じみた感情がなかったわけではありません。
 ある朝、そのうちのひとつが左利きの部屋をノックしました。

「おお、せがれよ! 我が一族のほまれよ!」

 扉の向こうには年老いた父の姿がありました。
 抱擁とともに与えられる賛辞に心底うんざりしながら、左利きはおざなりに聞こえぬよう注意して、賛辞への礼と父の長寿の祈りとを口にしました。
 嫌な予感が胸裡に膨らみます。
 彼の予感は、すぐさま父の口から明確な形を持って発せられます。

「実はな、少しばかり面倒な事態が出来しておる」
「面倒な事態とは?」

 左利きは可能な限りの気持ちを込めて聞き返します。

「うむ、語り部だ」父は答え、吐き捨てんばかりの口調で続けました。「よこしまな物語師だ」

 話はこうでした。
 数年前から各地に出没している一人の物語師。まだ若きこの男が語るのは魔法使いの物語、それも他の語り部が語る邪悪の象徴としての魔法使いではなく、奴らにとって都合の良いように歪められた善良な魔法使いの物語である。
 そして厄介なことに、蒙昧な大衆の一部にこの男の語る内容を真に受ける者が現れはじめている。
 ともかく、このままこれを捨て置いては呪使いすべての失墜へと繋がりかねない。

「そこでだ。十年に一人とも、百年に一人ともいわれる天才のお前が抜擢されたのだ。いや、実はこの父が推挙したのだが……ともかく、奴が最後に見られた地域にすぐ行って欲しい」

 銀環杖ぎんかんづえに己を売り込むまたとない機会ぞ、と父は締めくくりました(銀環杖とは、文字通り銀環の飾りをいくつもつけた杖を持つことを許された、かなり高位の呪使いのことです)。

「……語り部ひとりどうこうするために、わざわざ馬で一月の距離を行けと?」

 抑えきれない不満の念が声音に滲むのを自覚しながら、左利きはいいました。

「まぁそういうな。お前の将来の為にも損にはならぬから」

 父親は笑顔でお為ごかしを口にして、さらに続けました。

「それにな、その語り部、一筋縄ではいかぬ理由があるのだ」
「……なんです?」
「そやつ、どうやら魔法使いらしいのだ」

 父親が声をひそめます。

「だから東南の連中も迂闊に手を出せずに手をこまねいておるようだ。それでまぁ、お前の若い血が必要なのだよ」

 それにしても、と父親が悪態をつきはじめます。それにしても汚い。悪魔の話術でもって民草を籠絡するとは。実に汚い。
 これこそ奴ら魔法使いどもの狡猾な本性、その発露よ。
 軽蔑を面に出さぬ為に、左利きは大変な苦労を要しました。
 この朝の父の態度は、彼が呪使いに抱いている諦念と憤りを象徴しているかのようでした。へつらいと阿諛追従あゆついしょう、権威と序列に雁字搦めにされて合理を失った呪使いの社会、そのなんと息苦しいことか。
 そしてなによりも見苦しいのは、なにかといえば魔法使いを意識して、彼らを嫉み、妬み、貶めないではいられない見苦しさ。その醜悪に無自覚なことがまた輪を掛けて醜悪だ。魔法使いがなんだというのだ。魔法使いを貶めていれば呪使いの格があがるとでも思っているのか。
 ああ、情けない。

 そして彼は決意を新たにします。私が変える。腐敗した呪使いに、この私が革命をもたらす。

「どうだ? 行ってくれるか?」
「……つつしんで、お受け致します」

 にわかに表情を明るくさせる父親に、左利きは心のうちで面罵を投げつけます。
 老害が、と。

 さて、そのようにして平原を発った左利きは一路南に向かい、山脈を駆け抜けて高原地帯へと至り、さらにそこを抜けて深い森をも貫いて、内陸の交易を担う商業都市の華やかさを一顧と省みず乗馬の腹に拍車をかけて、そして、一ヶ月の後についに目指す土地へと到着します。
 現地で合流した呪使いは年配のと年若のが二人。
 年配のほうはいかにも老害といった感があり、また若いほうも若い方で老人の薫陶よろしきを受けすぎたものか、邪悪な魔法使いとの対決に変な張り切りを見せています。
 左利きは到着早々に辟易うんざりとした気分を味わいました。

 翌日から、左利きはこの若いほうと行動をともにしました。
 ありがちなことですが、この男は呪使いの自分になにか選民意識のようなものを抱いている様子で、かと思えば並べる御託は老人の請け売りであるのが丸わかり。
 彼の一言一言に左利きはうんざりさせられましたが、それでも余分な気を使わないで済むだけ老人よりましだと自分に言い聞かせました(この男は左利きより二、三年上でしたが、杖の示す序列は左利きのほうがずっと上だったのです)。

 この鬱陶しい相棒が息せき切らせて彼の宿へと駆け込んできたのは十日目の夜のことです。

「いましたぜ! いま、酒場で! 物語! 魔法使いの!」

 喘鳴じみた息継ぎの合間に言葉を吐き出す彼に「ああもうわかったから」と手で示してみせ、左利きは余り気乗りのしないまま部屋を出ました。

 馬鹿げた役目のはじまりだ。しかし馬鹿げた役目の終わりでもある。さて、その語り部とやらにあったらいったいどうする? 魔法使いの物語は金輪際語らないでくださいとでもお願いするか? それで済めば苦労はないが……。

 とりとめのない思案に暮れながら歩いているうちに、いつしか酒場は目の前にありました。
 血走った目をして躍り込もうとする相棒を御しながら、左利きが先に立って扉を押しあけました。店内に一歩踏み行った途端、人いきれと酒気が顔を打ちます。

 ですが、左利きは噎せ返るようなそれらを、認識の次の瞬間には忘れています。
 彼の目はただ店の奥を捉えていました。奥で語る男を。目的とする語り部を。

「あいつだな! 野郎! ここで会ったが百年目だぜ!」

 騒々しくいって、相棒がぱちんと指を鳴らします。中指と親指を。

 左手のそれらを。

 説明が遅れましたが、左利きはすべての呪使いに共通する特徴なのです。不滅の老賢者が左利きであったという神話に倣い、呪使いを志すものはまず利き手を左手に矯正するのです。

 語り部を二つの瞳に捉えながら、左利きは笑っています。
 笑いながら、彼は呟きます。


「本性が四つ足でも人と同じはやさで年を取るのか? ええ? 山の神の使いよ?」
今回で三部の語り部文体パートは終わりです。次回からは百年後の図書館へと場面は移ります。
その前に、何日かかけてここまでの文章の推敲、誤字脱字の修正をさせて頂こうと思います。
一週間ほど投稿が停止しますが、必ずまた再開します。

今回で10万文字を越えたかと思います。ちょうど全行程の半分ほどです。
残り半分、どうぞよろしくおつきあいください。……よ、よろしく!

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ