挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
図書館ドラゴンは火を吹かない 作者:東雲佑

■ 三章.かくれんぼでは鬼のことを

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/91

◆3 二人と踊り子

 時には人里の宿に寝台を求め、時には荒野の夜を三人だけで独占し、そして、たまには営業を終えた酒場で酔いつぶれたまま朝を迎えたりなどもして。

 三人はあらゆる昼を共に歩み、そして、あらゆる夜を共に憩いました。

 ユカは踊り子になんでも話しました。尋常ならざる自分の生い立ちを、骨の魔法使いの森を発ってからこのかたのことを、それから、リエッキという最愛の友人を得てからの輝かしい思い出の数々を。
 話していてユカが最も充足を感じたのはまさにこの三つ目で、踊り子が一番の興味を示したのもこれでした。
 だからついつい余計なことまで語り過ぎて、その結果としてしばしばリエッキの逆鱗に触れたりしたことも……まぁ、ご愛嬌というものでしょう。

 そしてもちろん、ユカは己の旅の理由――語ることにより母の名誉を取り戻し、魔法使いへの偏見を払拭するという目的も彼女に話しました。

 彼がそれを語った時、日頃ほとんど笑顔を絶やしたことのない踊り子は、顔全体をこれでもかと涙に濡らしてしゃくりあげていました。
 その泣き方の烈しさと来たら、ユカとリエッキが揃っておたおたしてしまうほどの、滂沱の中の滂沱といった有様です。

「あだじも、いっじょ……いっじょに、がんばるがらぁ」
「え? なに?」
「あだちもぉ、ユガくんとぉ、いっじょにぃ、がんばってぇ、おどってぇ」

 なにをいっているのかまるで、全然、さっぱり聞き取れませんでしたが、ともかく、彼女は申し出てくれていたのです。

 ユカの理想を共有すると。踊ることにより彼の目的の手助けをすると。

 このようにして、ユカは旅の仲間だけではなく、強力な同志をもまた得たのでした。


 踊り子と物語師――と人の姿をした竜――、三人はどこの酒場でも大いに歓迎されました。
 順序としては、まずユカが語りによりしんみりと場を鎮め、続いて踊り子がその華やかなる一番にて一挙に盛り上げる……という次第が取られました。
 この二つはまさに相照らしあうように作用して、さながら一つの番組として成立しておりました。
 憂愁を担う物語師と熱狂を司る踊り子、二人の対比は目覚ましいばかりに鮮烈、魔法を使わずとも魔法のように酒場の空気を掌握してしまうのが常でした。
 事実、ユカは酒場で語る際には一切魔法の本を持ち出しませんでしたし、踊り子もここ一番と効果を見定めた時を除いてはおいそれと羊皮紙を紐解きませんでした。
 魔法使いである前に物語師であり舞い手であること――二人の芸人はそうした矜持もまた共有していたのです。
 そして、この小さな一座にとって決して欠かせなかったのが、三人目の彼女の存在です。
 ユカと踊り子が仕事を終えて席に戻れば、そこには二人が愛してやまない竜が、彼らの大好きな仏頂面で待っていてくれました。
 先にやっていていいと何度いっても、リエッキは決してひとりではゴブレットに手をつけませんでした。
 彼らはいつも三人揃って乾杯を交わし、三人揃って最初の一口を含んだのです。遅いとかなんとかいうリエッキの文句を、極上の肴に。
 その一年、彼らは三位一体の一座としてありました。舞い手と語り部と、そしてその二人を慰撫する竜の少女。
 誰ひとりとして欠かすことの出来ない、ただ三匹の夜の種族として。



 そして季節は新しい一巡を迎えます。生まれたての春が太陽の威光を笠に着て年老いた冬を大地から一掃する、そんな風物の流転情景もあらかたその終わりに近づいていました。
 三人での旅がはじまってから半年近くが過ぎて、この頃、いくつかの物事には確かな変化が生じています。
 たとえば三人の旅は平野から海辺へと抜けて、さらには海路を経て海峡を西へと渡る船上にありました。
 新天地と呼ぶには些か箔と距離とが不足していました(なにしろ晴れた日に岬に立てば水平に認められるほどその島は近いのです)が、それでもユカにとって、そしてもちろんリエッキにとって、これははじめての船の旅でした。
 ユカは海上で齢を一つ重ねて十五歳となっており、これもまた変化の一つと数えることが出来ます。

 変わる季節と変わる風土に備えて……というわけでもありませんが、三人の装いにもまた変容が見て取れます。
 たとえば踊り子は既にマントを脱ぎ捨てており、露出の多い曲線の美にて船員たちの作業を無自覚に妨げています。
 また、まだまだ成長の途上にあるユカは先だって上着と脚絆を新調したばかり。ぴかぴかの旅装に身を包んだ少年は、傍目には駆け出しの新品冒険者か、あるいははじめての旅に心を躍らせる旅行者としか見えぬことでしょう。
 さて、ユカと踊り子についてはこの通り。
 では、彼らの三人目、リエッキはといえば?
 三人のうち、最も変化に乏しかったのが彼女です。
 そして三人のうち、最も大きく目につく変化を背負っていたのが、これもまた彼女なのです。
 衣装に目を向ければ、そこにはなんらの変化も認められません。リエッキは依然として変身時に身につけている服装――神秘の民族然とした風情を漂わせる白の紬のままで、その他にはずっと前にユカが買ってあげた髪飾りをつけているだけです。

 ですが、彼女には所持品というか荷物が、大きいものと小さいもの二つ、増えていました。

 一つ目はなんだか扁平な形の木の板に弦を張ったもので、これは神話の時代に由来を求められる伝統の弦楽器です。
 ある夜の余興のあとで踊り子が口にした「演奏に合わせて踊ってみたいなぁ」という要望を叶える為に購入されたもので(例によって仏頂面で「あのさ、楽器がひとつ欲しいんだけど」とリエッキが言い出した際の踊り子の喜びようと来たら、とてもじゃありませんが舌にも筆にも表しきれません)、こちらが荷物の小さいほうです。
 そして二つ目、荷物の大きい方についてですが……さて、こちらがいかなる曲折を経て彼女の持ち物となったのか、これには少しばかり長い説明を要します。

 しかしその前に、はたしてその荷物がなんであったのかだけは明かしておきましょう。


 本棚でした、それは。

書籍版『図書館ドラゴンは火を吹かない』、好評発売中。
特設サイトもあります。是非ご覧ください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ