挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

転生王女は今日も旗を叩き折る。

作者:ビス
 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。
え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!私が好きなのは、彼等ではなく、サブキャラの近衛騎士団長様なんですからね!
攻略対象よりもサブキャラの方がハイスペックなクソゲーに生まれ変ってしまった主人公は、自分の平和を脅かすフラグを叩き折る事を決意する。

憧れの近衛騎士団長様と結ばれる日を夢見て、転生王女は今日も突き進む。


※アリアンローズ様より、書籍化致しました。
登場人物
2014/07/21 20:32
プロローグ
2014/07/14 00:00
転生王女の独白。
2014/07/14 00:00
転生王女の兄弟。
2014/07/15 00:00
転生王女の奮闘。
2014/07/16 00:00
転生王女の奮闘。(2)
2014/07/17 00:00
転生王女の衝撃。
2014/07/18 00:00
転生王女の衝撃。(2)
2014/07/19 00:00
転生王女の回避。
2014/07/20 00:00
転生王女の回避。(2)
2014/07/21 00:00
転生王女の困惑。
2014/07/22 00:00
転生王女の困惑。(2)
2014/07/23 00:00
転生王女の決意。
2014/07/27 00:00
転生王女の努力。
2014/07/28 00:00
転生王女の努力。(2)
2014/07/29 00:00
転生王女の努力。(3)
2014/07/30 00:00
転生王女の不安。
2014/08/03 00:00
転生王女の不安。(2)
2014/08/04 00:00
転生王女の葛藤。
2014/08/05 00:00
転生王女の危機。
2014/08/11 00:00
転生王女の危機。(2)
2014/08/18 00:00
転生王女の悔恨。
2014/08/19 00:00
魔導師達の奮闘。
2014/08/25 00:00
魔導師達の奮闘。(2)
2014/08/26 00:00
魔導師達の帰還。
2014/09/07 00:00
転生王女の謝罪。
2014/09/16 00:00
転生王女の謝罪。(2)
2014/09/29 00:00
転生王女の相談。
2014/10/06 00:00
転生王女の相談。(2)
2014/10/13 00:00
転生王女の邂逅。
2014/11/03 00:00
転生王女の邂逅。(2)
2014/11/10 00:00
転生王女の反省。
2014/11/17 00:00
転生王女の我儘。
2014/11/25 00:00
転生王女の考察。
2014/12/02 00:00
転生王女の考察。(2)
2014/12/08 00:00
転生王女の考察。(3)
2014/12/22 00:00
転生王女の考察。(4)
2015/01/02 00:00
転生王女の考察。(5)
2015/01/13 00:00
転生王女の考察。(6)
2015/01/19 00:00
転生王女の繙読。
2015/01/26 00:00
転生王女の繙読。(2)
2015/02/09 00:00
転生王女の思案。
2015/02/23 00:00
転生王女の羞恥。
2015/04/05 00:00
転生王女の会議。
2015/05/18 00:00
転生王女の対話。
2015/06/01 00:00
転生王女の対話。(2)
2015/06/22 00:00
転生王女の癇癪。
2015/06/29 00:00
転生王女の焦り。
2015/07/10 00:00
転生王女の懇願。
2015/07/20 00:00
転生王女の懇願。(2)
2015/08/03 00:00
転生王女の懇願。(3)
2015/08/17 00:00
転生王女の交渉。
2015/08/24 00:00
転生王女の遭遇。
2015/09/14 00:00
転生王女の狼狽。
2015/10/05 00:00
転生王女の狼狽。(2)
2015/11/24 00:00
侯爵子息の葛藤。
2016/01/11 00:00
転生王女の依頼。
2016/01/18 00:00
転生王女の依頼。(2)
2016/02/04 00:00
転生王女の依頼。(3)
2016/02/15 00:00
転生王女の依頼。(4)
2016/02/29 00:00
転生王女の依頼。(5)
2016/03/12 00:00
転生王女の依頼。(6)
2016/04/04 00:00
転生王女の依頼。(7)
2016/04/11 00:00
転生王女の面接。
2016/05/09 00:00
転生王女の面接。(2)
2016/05/23 00:00
転生王女の支度。
2016/05/30 00:00
護衛騎士の鍛錬。
2016/06/13 00:00
転生王女の出立。
2016/06/20 00:00
転生王女の出立。(2)
2016/06/27 00:00
転生王女の船旅。
2016/07/18 00:00
転生王女の船旅。(2)
2016/07/25 00:00
転生王女の船旅。(3)
2016/08/08 00:00
第一王子の憂慮。
2016/08/16 00:00
転生王女の交流。
2016/08/29 00:00
転生王女の交流。(2)
2016/09/12 00:00
転生王女の看病。
2016/09/26 00:00
転生王女の看病。(2)
2016/10/03 00:00
転生王女の雑談。
2016/10/10 00:00
転生王女の変事。
2016/10/24 00:00
転生王女の変事。(2)
2016/10/31 00:00
護衛騎士の葛藤。
2016/11/14 00:00
転生王女の恐怖。
2016/11/21 00:00
護衛騎士の祈り。
2016/11/28 00:00
転生王女の迷い。
2016/12/05 00:00
子爵令嬢の驚愕。
2016/12/19 00:00
転生王女の客人。
2016/12/26 00:00
転生王女の客人。(2)
2017/01/04 00:00
転生王女の驚愕。
2017/01/16 00:00
子爵令嬢の回顧。
2017/01/30 00:00
子爵令嬢の回顧。(2)
2017/02/06 00:00
侯爵令息の疲労。
2017/02/20 00:00
転生王女の動揺。
2017/03/06 00:00
転生王女の動揺。(2)
2017/03/13 00:00
転生王女の動揺。(3)
2017/03/21 00:00
転生王女の動揺。(4)
2017/04/03 00:00
侯爵令息の焦燥。
2017/04/12 00:00
第二王子の交流。
2017/04/24 00:00
転生王女の道中。
2017/05/01 00:00
転生王女の道中。(2)
2017/05/08 00:00
第一王子の動揺。
2017/05/22 00:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 10928 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 21:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部)
  • 7864 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部)
  • 9018 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部)
  • 7898 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 11636 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 15:39
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全44部)
  • 8481 user
  • 最終掲載日:2017/01/26 09:28
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部)
  • 9153 user
  • 最終掲載日:2016/04/19 00:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全73部)
  • 7850 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 18:23
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全81部)
  • 9926 user
  • 最終掲載日:2017/05/29 13:42
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部)
  • 8209 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 11801 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部)
  • 16216 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 23:23
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部)
  • 9614 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 02:48
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部)
  • 8678 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:06
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部)
  • 8473 user
  • 最終掲載日:2017/05/28 09:14
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 8192 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全227部)
  • 8924 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 9086 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全319部)
  • 9000 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 07:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 9125 user
  • 最終掲載日:2017/05/28 23:00
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 10459 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全496部)
  • 9561 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:14
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全290部)
  • 16596 user
  • 最終掲載日:2017/05/29 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 8708 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全195部)
  • 11043 user
  • 最終掲載日:2017/05/30 00:00
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全169部)
  • 9064 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 07:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 10360 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 9314 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 00:24
↑ページトップへ