挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
9/503

9 スキル検証

 うむ。
 スキルポイントについては置いておこう。
 ぶっちゃけ増えないことには使いようがないし、気にしても仕方がない。

 で、鑑定に対して、酸耐性は取得の条件が全く違う。
 酸耐性、名前通りの性能なら、酸による攻撃に対して、防御力が上がるってことだろう。
 これを獲得したのは、あの忌々しい蛙の唾液攻撃を食らった時だ。

 あの唾液には多分、酸の属性と、毒の属性があったんだと思う。
 その攻撃を食らって、酸によるダメージを受けたから、スキルが新たに獲得できたんだと思う。
 ダメージを食らってなのか、その属性を食らってなのかは判断に迷う。
 熟練度なるものも、ダメージ量によって上がったのか、継続してその属性攻撃を受け続けた、時間経過による上昇なのか、そこらへんはよくわからない。

 ただ、ここで重要なのは、その属性の攻撃を受けたとき、その属性の耐性を得ることができる、ということだ。
 一度痛い思いをしなきゃならないけど、それを我慢すれば、耐性を得ることができる。
 例えば火の攻撃を受ければ火耐性が得られるんじゃないだろうか?
 防御面で考えるなら、耐性はあったほうがいいはずだ。
 これからは初見の攻撃は、死にそうになければわざと受けるべきかな?
 うむむ、いや、痛いのは嫌だし、耐性が獲得できる保証もない。
 危険な橋をわざわざ渡る必要はないよね。
 うん、決して痛いのが嫌ってだけじゃないからね。

 蛙の攻撃で酸耐性を獲得して、毒耐性のレベルが上がった。
 そう、あの天の声(仮)の言ってることが正しければ、毒耐性は初めから持っていたスキルってことになる。
 まあ、私蜘蛛だし、毒使うし、使うからには耐性持ってても不思議じゃない。
 不思議じゃないんだけど、自分で自分が持ってるスキルがわからないってどうなのよ?
 天の声(仮)が言ってくれなきゃ、私毒耐性持ってることに気付かなかったよ。
 てことはだよ、私、自分で気づいてないだけで、他にもスキル持ってるんじゃない?

 持ってても不思議じゃないよねー。
 ありそうなのは毒攻撃とかかな?
 確認できればいいんだけど、その方法がない。

 試しに、ステータス、とか心の中で叫んでみても何の反応もない。
 鑑定のレベルが上がれば見れるようになるかな?
 鑑定の、レベル?
 熟練度?
 あれ、これもしかして、レベル上げられるんじゃない?

 熟練度って、要は使いまくって習熟した度合いってことでしょ?
 鑑定が耐性系と同じように、熟練度でレベルが上がるなら、使いまくってればレベル上がるんじゃないか?
 スキルポイントで取得したから、スキルポイントでしかレベルも上げられないって、勝手に思い込んでいたけど、もしかしたらいけるんじゃないか?

 早速そこらじゅうを鑑定しまくる。
 『壁』『床』とかのどうでもいい情報が大量に頭の中に流れる。
 う、ちょっと気持ち悪い。
 情報過多で酔った。

《熟練度が一定に達しました。スキル『鑑定LV1』が『鑑定LV2』になりました》

 酔った甲斐があった!
 ヒャッホイ!
 1レベル上がっただけだけど、大きな1歩を踏み出した感が半端ない!
 ちょっとワクワクしながら自分のことを鑑定してみる。

『スモールレッサータラテクト 名前 なし』

 おお!
 ちゃんと種族名らしきものが出てる!
 相変わらず情報量は少ないけど、LV1の時の『蜘蛛』に比べれば、大分マシになった気がする。

 しかし、私、スモールな上にレッサーなのね…。
 なんかこう、劣等種って感じ…。
 うん、鑑定で舞い上がったテンションがちょっと落ちたわ。
 別に期待してたわけじゃないけど、まさか劣等種だとも思ってなかったからなー。
 ま、前世でも似たようなもんだったし、気にしても仕方ないか。

 それよりも、もっともっと鑑定しまくってレベルを上げねば!


 …上がらない。
 あの後ずっと壁に向かって鑑定しまくってるのに、一向にレベルが上がらない。
 ちなみに壁の鑑定結果は、『迷宮の壁』だった。
 微妙な結果。
 まあ、それはどうでもいいとして、なんでレベルが上がんないんだろ?

 うーん。
 一番考えられる可能性は、やっぱ、一度鑑定したものだと、再度鑑定しても熟練度が上がらないってパターンかな?
 確かに、そうじゃないと簡単に熟練度稼ぎができちゃうしなー。
 念のため、マイホームの中は隈なく鑑定した。
 けど、レベルは上がらない。
 熟練度が足りてないっぽい。

 ということは、鑑定のレベルを上げるためには、マイホームの外に出て鑑定をしなきゃならないって事かー。
 考えてみたら、LV1の時に、モンスターの大群を鑑定したからなー。
 あれで相当熟練度が上がってたのかもしれない。

 しかし外かー。
 メンドイ。
 せっかく安心快適なマイホームがあるのに、わざわざ外に出るのもなー。

 安全に暮らしたいなら引きこもってればいい。
 レベルを上げたいなら外に出なきゃならない。
 どっちもメリットデメリットがあるけど、外の危険っていうデメリットが大きいなー。

 うん。
 決めた。
 やっぱここはもうちょっとグダグダ生活を満喫することにしよう。
 ちょっとくらい怠けたってバチは当たらないよね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ