挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
87/472

75 自分でやる分にはいいけどやられるとイラッとすることってあるよね?

 飛んでくる火の玉を避ける。
 2つ。
 まあ、2つだろうと今の私なら避けるのは簡単。
 チラッと視線を向けた先には、タツノオトシゴが2匹。

 どうやらここらへんはタツノオトシゴがいっぱいいるらしく、そこらじゅうにウヨウヨいる。
 群れてるわけじゃなくて、各々好き勝手にブラブラしてるだけっぽいけど、こうやってたまたま一緒にいたりすると、同時に襲って来ることもある。
 まあ、猿みたいに群れで襲って来ることはないし、そこは楽でいいんだけどね。

 また飛んできた火の玉を避ける。
 普段個別に生活してるせいか、連携はあんまり良くない。
 個別で好きに火の玉を出してる感じ。
 連携しようが私に火の玉が当たることはないだろうけどねー。

 しかし、あれだ。
 鬱陶しい。
 マグマの中にいるとか反則でしょ。
 こっちが手出しできないのをいいことに、一方的に遠距離攻撃してきてさー。
 正々堂々と勝負できんの?
 卑怯だとは思わないの?
 プライドってもんがないの?

 え?
 ブーメラン?
 なんのことかわからないなー。
 私わかんなーい。
 私卑怯なことなんかしたことないよー?
 巣に引きこもって一方的に攻撃したこともないよー?
 ほら、私ってば清廉潔白な乙女だしー?

 そうでしょ?
 そうだって言えや、ゴラ。

 けどまー、こいつら私の巣ほど完全に引きこもってるわけじゃないんだよねー。
 そろそろ1匹のMPが尽きるね。
 ほら、きたきた。

 タツノオトシゴは何故か知らないけど撤退ということをしない。
 何が何でも向かってくる。
 帝王に逃走はないって言うけど、こいつらも帝王の系譜なんだろうか?
 そういえばこいつら一応竜らしいしね。
 まあ、そんなわけでMPが切れるとマグマから出てきてくれる。
 あとはもうこっちのもんよ。

 さっさと毒を纏った爪で始末する。
 タイミングよく2匹目もマグマから這い上がってきたので、同じように止めを刺す。

《経験値が一定に達しました。個体、スモールポイズンタラテクトがLV5からLV6になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『毒強化LV2』が『毒強化LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『回避LV3』が『回避LV4』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

 お!
 レベルアーップ!
 地味にHPも減ってたしありがたいね。
 脱皮して減ってたHPが回復する。

 タツノオトシゴは割と簡単に勝てるんだけど、体に触れるとこっちにダメージが来る。
 1匹くらいなら大したことないんだけど、それも何匹分も積み重なると結構バカにできない位のダメージになる。
 回復手段がレベルアップによる全回復しかない現状、少しのダメージもできれば受けたくない。
 ちなみに、食べるときはちょっと時間を置けば冷めてくるから、冷ましてから食べてる。

 今回のレベルアップで火耐性かHP自動回復のどっちかが上がってくれればよかったんだけど、世の中そんなに甘くない。
 火耐性はレベル1のまま上がってくれないし、HP自動回復もそのままだ。
 火耐性が上がらないのは仕方ない。
 どうにも私は種族的に火に弱いっぽいし、それを克服するのも一朝一夕ではできないってことでしょ。

 HP自動回復も、便利なスキル故に、なかなかレベルの上がりが遅い。
 まあ、自動回復ってゲームとかだと終盤に手に入るようなスキルだしね。
 それをスキルポイントも使わずに、自然にゲットできただけでも十分だし、そこからさらに成長早いのを望むのは、流石に欲張りでしょ。
 持ってるだけでも儲けものって思わないと。

 実際、HP自動回復がなかったらこの中層を突破しようなんて思わなかっただろうしね。
 だってムリだもんよ。
 自動回復なしに常時ダメージ受け続けるエリアに突入なんて、自殺しに行くようなもんじゃん。
 自殺するような趣味はないし、その場合縦穴探しに下層を彷徨ってたでしょうねー。
 あの地龍がいる下層を。

 あ、またタツノオトシゴいるよー。
 このまま進むと見つかるなー。
 逃げようと思えば逃げられるけど、それもなんかなー。

 猿みたいに投石してみるか?
 何もしないよりかはいい気がする。
 蜘蛛の体じゃ、石は持てないけど、糸に括りつけて放れば。

 早速実験。
 まずは手頃な石を見つけてと。
 うん、いい感じのサイズの石がそこらじゅうに転がってるね。
 それを糸で掴んでと。
 ブンブン。
 そいやー!

 お、当たったよ。
 投擲と命中のおかげかな?
 けど、HPはあんま減ってないねー。
 あ、反撃の火の玉きた。

 その後石と火の玉をお互い投げ合ったあと、結局タツノオトシゴのMPが切れて陸上戦になった。
 うーん。
 やらないよりかはマシかもしれないけど、やってもあんま変わんないなー。
 まあ、1匹が相手なら石投げるのもありかもしれない。
 投擲と命中のスキル上がるだろうし、無駄じゃないよね。
 ただ、2匹以上相手の時は避けるのに専念したほうがよさそう。
 変に意識して火の玉食らったら洒落にならないしねー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ