挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
78/496

67 強敵現る!その名も探知!

 さて、せっかく探知を使いこなせるかもしれない新スキルを獲得したことだし、早速試してみようじゃありませんか。

 スー、ハー。
 よし。

 探知オン。

 グホアッ!
 ムリムリ!
 オフ、オフー!

《熟練度が一定に達しました。スキル『並列思考LV1』が『並列思考LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV4』が『探知LV5』になりました》

 ゼー、ハー。
 頭いてー。
 そうね。
 並列思考のスキルレベルは1。
 今までのスキルからして、レベル1なんて期待していいものじゃなかった。
 ほとんど変わったような気がしなかったわ。

 一応今ので並列思考のスキルレベルも上がったけど、同時に探知の方も上がりよった。
 探知上がったら意味ないんよー。
 探知上がると情報量増えてアカンのよー。
 並列思考上がっても探知も上がったら、いたちごっこやん。
 探知なんか発動させるたびにレベル上がるわけわからん速度で成長していくんだし、いたちごっこどころかむしろ置いてかれそう。
 傲慢の効果でさらに成長早くなってるだろうし。

 しかし、ホントなんなのさ、この探知とか言う奴は。
 とんだ化物だよこいつ。
 この私が手も足も出ないとは。
 まさか、地龍クラスの強敵がこんなに身近にいたとは思わなかったわ。
 勝てる気がしねー。

 とにかく、当分は並列思考のレベルが上がるのを待つ感じになるかなー。
 今のところ思考を分割するとか出来そうもないし、何か考え事しながら鑑定結果を眺めるくらいしか熟練度稼ぐ方法が思いつかない。
 探知発動させれば上がりそうだけど、それやっちゃうと本末転倒だし。

 むう。
 けど、発想自体は間違ってないと思うんだよねー。
 思考能力が強化されれば探知もきっと使えるようになる、はず。
 それでも、並列思考のスキルは、リストで確認したスキルの中じゃ、一番可能性ありそうって思ってたんだけどなー。

 うーん。
 もう1回リストを確認する。
 ポイントが減って、前より表示されてるスキルの数が減ってる。
 それでも結構な量が表示されてる。
 多分ほとんどのスキルは100ポイントで習得できるんだろうねー。
 一部の性能高いのとか、キチガイスキルとか除いて。
 まあ、キチガイスキルの傲慢とかいうのは何故か100ポイントで取れたけどね。

 探知を使えるようになるのに、有効そうなスキルは、と。

『演算処理:思考の演算能力を強化する』
『記憶:記憶力がよくなる』

 このくらいかな?
 意外と少ない。
 それも、記憶の方はなんかちょっと違う気がする。
 となると、演算処理の方しかないことになるけど、これ取ったとして、本当に探知使いこなせるようになるか?

 むむむ。
 一番よさげだと思ってた並列思考ですらこの有様だからなー。
 演算処理もレベルの低いうちはあんま意味なさそう。

 あ、待てよ?
 演算処理って要は数学っしょ?
 暗算でもしてりゃ、取得できるんじゃない?

 うん。
 ただ歩いてるだけなのも暇だし、やってみる価値はあるかな。
 じゃあ、2のn乗でもずっと計算していきますか。

 2、4、8、16、32、64…

 …8192、16384、えーと、32768かな?
 そろそろきつくなてきた。
 次は?
 うーんと?

《熟練度が一定に達しました。スキル『演算処理LV1』を獲得しました》

 お!
 よしよし。
 目標達成。

 うーん。
 一応1回これで試してみる?
 多分ダメだとは思うけど、当たって砕ける的な感じでやってみようか。

 スー、ハー。
 よし。

 探知オン。

 グベラバッ!
 ムリムリ!
 オフ、オフー!

《熟練度が一定に達しました。スキル『演算処理LV1』が『演算処理LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『並列思考LV2』が『並列思考LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV5』が『探知LV6』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『外道耐性LV2』が『外道耐性LV3』になりました》

 ゼー、ハー。
 頭いてー。
 これムリっしょ。
 ムリムリ。
 頭割れる。
 痛いのイヤ。

 あー、ないわー。
 ていうか、痛覚軽減どうしたのよ?
 私死にそうな体験かなりしてきたけど、その私が耐えられない痛みってどういうことよ?
 つーか、なして外道耐性上がってるのよ?
 あれか?
 それだけ探知さんの攻撃は外道だと?
 もう攻撃って言っちゃっていいよね?
 だって耐性上がってるんだもん。

 真面目に考えよう。
 外道耐性が上がったってことは、探知の効果は単純な思考だけじゃなく、魂に直接影響を与えてるってことだ。
 もしかして、頭痛の半分って魂から出てる?
 うわ、怖!
 これ続けてたら魂摩耗してくとかないよね?
 気づいたら廃人とかやめてよ?

《熟練度が一定に達しました。スキル『予測LV3』が『予測LV4』になりました》

 あ、はい。
 よかった、予測の効果が正解を当てるものじゃなくて!
 セーフ。
 まだ予測だからセーフ。
 そういうことにしとこう。

 うーん。
 けど、そうなると魂に関連したスキルもあれば、探知に耐えられるかな?
 でも、魂関連のスキルってリストに載ってないしなー。
 唯一のスキルが外道耐性だし。
 外道耐性上げるしかないかな?
 …どうやって上げんのよ?

 あー。
 ダメだー。
 やっぱ当初の予定通り、並列思考と演算処理のスキルを上げていくことにしよう。
 探知発動して両方ともスキルレベル上がったってことは、少なくとも何かしら働いてるってことだしね。
 それまで探知は再封印。
 下手に使うと怖いしね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ