挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/529

66 スキルラッシュ

 あー。
 やっちまった感が半端ないわー。
 こんなとんでもないスキル、どんな落とし穴が潜んでることやら。
 取っただけで称号獲得とかどう考えてもおかしいでしょ?
 しかも明らかにやばい称号。
 禁忌もこれ、レベル上がるとやばそうだしなー。

 うむむ。
 こう、すぐわかるデメリットがないっていうのが逆に怖い。
 禁忌も今のところ効果ないし、傲慢の方も今のところ何もないしなー。
 気付かないうちに真綿でジワジワ首絞められてたって状況だけは勘弁して欲しいけど。

 まあ、逆に考えれば今すぐどうこうなるわけじゃないってことだしね。
 出来ることなんか何もないし、慌てるのはその時が来たらってことで。
 慌ててられる余裕がその時にあればいいけど…。

 とりあえず、残ったスキルポイントは温存しておこう。
 すごい魔法を覚えたことだし、使ってみたいのはやまやまだけど、探知をどうにかしないと先に進めなさそうな気がする。
 多分魔力操作のスキルも必要になるんだろうし、そうなると、探知をどうにかするスキルと魔力操作の2つのスキルが必要になる。
 残り100ポイントじゃ、どっちかしか取れない。
 とりあえずは消費せずに、200ポイントになるのを待とう。

 さて、猿も食い切ったし、もうここに用はない。
 さっさと移動しちゃいましょう。
 また壁伝いに移動を開始する。
 しかし、静かだねー。
 いつもだったら結構魔物の声とか遠くから聞こえたりするんだけど、今はあんま聞こえない。
 周りにも魔物の姿はないし、希に見る静かさだ。

 これ、やっぱ猿のせいかな?
 まあ、あんだけの大群が大移動したら、他の魔物は逃げ出すわな。
 多分、そういうことだと思う。

《熟練度が一定に達しました。スキル『予測LV1』を獲得しました》

 ん?
 スキルゲット?
 どれどれ。

『予測:予測をするさい、思考能力にプラス補正が掛かる』

 ふうん。
 まあ、あって困ることはないけど、なくても別にいいスキルではあるね。
 結果とか答えが分かるわけじゃないっていうのがミソだよね。
 単にちょっと頭の回転が早くなるってだけだし、限られた状況でしか効果ないしね。
 ていうか、100ポイントで取れるスキルのリストにあったわ。
 これと傲慢同じポイントなのか…。
 やっぱおかしいよねー。

 しかし本当に魔物の1匹もいないね。
 危険な感じもしないし、やばいやつがふらついてるから他の魔物がいないって訳でもなさそう。
 目を凝らしてグルッと辺りを見回しても、なんもいないし。

《熟練度が一定に達しました。スキル『視覚強化LV1』を獲得しました》

 お?
 またスキルゲット?
 どれどれ。

『視覚強化:視覚を強化する』

 まんまやん!
 まあ、そうだよねー。
 けど、これもあんまいらないっちゃいらないなー。
 蜘蛛の目はかなりいいっぽいしねー。
 前世では眼鏡がなきゃ生きていけないくらいの近眼だったけど、今じゃずっと先まで見通せるし。
 というか、このスキルも100ポイントであったなー。

 そういえば、似たようなスキルで他の五感を強化するスキルがあったなー。
 今視覚強化が手に入った条件が、目を凝らす、ってことだったんなら、他のやつもそれぞれ意識してれば熟練度貯まんないかな?

 というわけで、早速やってみよう。
 まずは耳から。
 蜘蛛の耳ってどうなってんだろ?
 自分のことながら謎だ。

《熟練度が一定に達しました。スキル『聴覚強化LV1』を獲得しました》

 お、狙い通りのスキルが手に入った。
 じゃあ、他のもいってみよう。

《熟練度が一定に達しました。スキル『嗅覚強化LV1』を獲得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『触覚強化LV1』を獲得しました》

 味覚は今度なんか食べるときにでもやろう。
 しかし、こんな簡単にスキル手に入るのかー。
 確かに、蜘蛛の五感は優れてるっぽいから、今までそんな意識してこなかったしなー。
 やっぱ意識して集中しないと、熟練度上がんないのかな?
 でなければ今頃もうとっくの昔に取れてるだろうしねー。

《熟練度が一定に達しました。スキル『予測LV1』が『予測LV2』になりました》

 早!?
 ついさっき取得したばっかだよね!?
 なしてもうレベル上がってるの?
 いや、まあ、いいけどさ。
 上がる分には全然バッチこいだけどさ。

《熟練度が一定に達しました。スキル『並列思考LV1』を獲得しました》

 え、また!?
 しかもこれ、探知をどうにかできるかもしれないって考えてたスキルじゃん!

『並列思考:複数の事柄を同時に思考可能になる』

 思うに、探知がうまく使えないのは、情報過多で私の思考が追いつかないからだと思うんだよね。
 そこで考えたのが、私の思考を補助するスキル。
 その一つがこの並列思考のスキルだ。

 やったね!
 けど、なんでこれ取れたんだろ?
 別に複数のことを考えてたわけじゃないんだけど?

 あ、鑑定様か。
 私は常に鑑定様をオンにしてる。
 周りのものの鑑定結果が常に頭の中に流れ込んでいる状態だ。
 普段はこれスルーしてるから、ほとんど気にならなくなってたけど、複数のことを思考してるって言えなくもない。
 それ以外に原因がないし、そういうことなんでしょ。

 んでもってさ、流石にこれ、おかしいよね?
 スキル、取れすぎでしょ。
 いくらなんでも、こんな急にスキルがバンバン取れるようになるなんて変だよね?
 まあ、原因はわかってるけどさ。

 傲慢。

 獲得できる熟練度が大幅に増える。
 うん。
 それだよね。
 ていうか、これ、めちゃくちゃ獲得熟練度増えてんじゃない?
 具体的な数値がわかんないから何とも言えないけど、相当増えてそう。

《熟練度が一定に達しました。スキル『予測LV2』が『予測LV3』になりました》

 ほらな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ