挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

75/529

65 傲慢

 傲慢、七大罪でよく知られる言葉だ。
 七大罪の中で最も重い罪とされ、悪魔の頂点の称号としても用いられる。
 ゲームなんかでこの名前が出てくるとしたら、ラスボスクラスの敵だったり、強力だけど呪われた武器の名前なんかに使われる。

 言葉の響きから、碌でもないスキルであることは想像できる。
 けど、判明してる効果は非常に魅力的だ。
 それが罠だと分かっていても飛びつきたくなる誘惑がある。
 まさに悪魔の誘惑。

《熟練度が一定に達しました。スキル『過食LV6』が『過食LV7』になりました》

 気づいたら猿をすべて平らげていた。
 スゲーな私。
 あれ全部食ったのか。
 流石にスタミナは全回復してる。
 過食のストック分と合わせれば、かなりの量のエネルギーを貯蓄してることになる。

 そういえば、過食は効果が発動するとその分太るって言うけど、私の体、そんな太ってるか?
 うーん。
 全身が見えないから何とも言えないけど、そんな太ってるようには見えないけどなー。
 あ、そういえば、進化したのに見た目変わってないや。
 前の時もそうだったけど、タラテクト種はそんな見た目変わらないもんなのかな?
 それともなければ、徐々に変化していくとか?
 んー、変化はしなさそうな気がするなー。
 猿と巨猿とか見ると、明らかに別の生物っぽくなってるもんなー。
 あれが徐々に変化した結果だとは、あんま思えないなー。

 さて、現実逃避もここらへんにして、真剣に考えよう。
 この傲慢のスキルの説明文、私の持ってる謎のスキル、「n%I=W」とどうもかぶる。
 これだけ似てるんだから、無関係ってことはなさそう。
 今のところこの謎のスキルは効果不明のまま。
 プラスにもマイナスにも働いてない、多分。
 そう考えると、デメリットはない?

 …安易な決めつけはよくないよね。
 けど、心は決まった。
 いや、最初から決まってたのかな。
 予感がする。
 このスキルは、取らなきゃいけない。
 そんな漠然とした予感がする。
 メリットデメリット抜きにして、このスキルは取らなきゃいけない。
 そんな気がしてしょうがない。

《現在所持スキルポイントは200です。
 スキル『傲慢』をスキルポイント100使用して取得可能です。
 取得しますか?》

 はい。

《『傲慢』を取得しました。残りスキルポイント100です》

 よし。
 やってやったぜ!

《熟練度が一定に達しました。スキル『禁忌LV2』が『禁忌LV4』になりました》

 やっちまったぜ!

《条件を満たしました。称号『傲慢の支配者』を獲得しました》
《称号『傲慢の支配者』の効果により、スキル『深淵魔法LV10』『奈落』を獲得しました》

 やってくれたぜ!

 お、おう。
 どうしてこうなった?
 イヤイヤ。
 ありえんでしょう!?
 何これ?
 何これ?
 もう一回言うよ?
 何これ?

 禁忌のレベル上がった。
 しかも2つ。
 やっちまったな!

 なんかすごい称号ゲットした。
 イエーイ?
 いや、もう深淵魔法とか明らかに上位っぽい感じの魔法だよね?
 しかもレベル10。
 おかしいよね?

 とりあえず、新しく追加された深淵魔法と奈落の効果を確認しよう。

『スモールポイズンタラテクト LV1 名前 なし 
 ステータス
 HP:56/56(緑)
 MP:14/156(青)
 SP:54/56(黄)
   :56/56(赤)
 平均攻撃能力:38
 平均防御能力:38
 平均魔法能力:127
 平均抵抗能力:127
 平均速度能力:537
 スキル
 「HP自動回復LV3」「毒攻撃LV9」「毒合成LV3」「蜘蛛糸LV9」「斬糸LV4」「操糸LV8」「投擲LV3」「集中LV5」「命中LV4」「回避LV2」「鑑定LV8」「探知LV4」「隠密LV6」「奈落」「外道魔法LV3」「影魔法LV2」「毒魔法LV2」「深淵魔法LV10」「傲慢」「過食LV7」「暗視LV10」「視覚領域拡張LV2」「毒耐性LV8」「麻痺耐性LV3」「石化耐性LV3」「酸耐性LV4」「腐蝕耐性LV3」「気絶耐性LV2」「恐怖耐性LV6」「外道耐性LV2」「苦痛無効」「痛覚軽減LV6」「生命LV2」「魔量LV2」「瞬発LV2」「持久LV2」「剛力LV1」「堅牢LV1」「韋駄天LV2」「禁忌LV4」「n%I=W」
 スキルポイント:100』

 待て。
 ちょっと待て。
 おかしい。
 ステータスがおかしい。
 いつの間にMPと魔法と抵抗がそんな増えた?
 さっきまでの数値より、100ずつ増えてる。
 なんで?
 …これも傲慢の効果?

 いや、まあ、増える分には全然構わないけど。
 うん。
 気にしたら負けだね。
 さあ、鑑定鑑定。

『深淵魔法:深淵の闇を操る最上級闇魔法。使用可能な魔法はレベルによって異なる。LV1:地獄門LV2:無信地獄LV3:邪淫地獄LV4:美食地獄LV5:貪婪地獄LV6:憤怒地獄LV7:異端地獄:LV8:暴虐地獄LV9:欺瞞地獄LV10:反逆地獄』
『奈落:奈落を顕現させる』

 え、えー。
 なんて言えばいいんだろう?
 物騒極まりないわー。
 何この地獄シリーズ?
 奈落を顕現とかあからさまにやばそうなんですけどー。

『地獄門:始まりの門』
『無信地獄:無信と無心なるものの地獄』
『邪淫地獄:邪淫に染まりしものの地獄』
『美食地獄:美食を謳歌せしものの地獄』
『貪婪地獄:貪婪に腐心せしものの地獄』
『憤怒地獄:憤怒に侵されしものの地獄』
『異端地獄:異端に傾倒せしものの地獄』
『暴虐地獄:暴虐を尽くせしものの地獄』
『欺瞞地獄:欺瞞を囁やきしものの地獄』
『反逆地獄:反逆を決起せしものの地獄』

 しかも何この鑑定結果?
 いや、魔法の効果関係ないじゃん。
 誰だこの鑑定結果作ったやつは。

 とりあえず、奈落が使えるかどうか試してみたけど、ウンともスンとも言わなかった。
 ちょっと残念なような、ホッとしたような、微妙な気持ちになった。
HPMPSPのスキル上昇分を忘れていたので修正しておきました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ