挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
71/487

61 進化するよー! ぱーと2

 さて、猿を全滅させたのはいいけど、これからどうしたものか。
 一応今のところ周りは静かだ。
 こんだけ騒がしくしたのにも関わらず、他の魔物が寄ってくるということもなかった。
 騒がしかったから逆に避けてたのかもしれない。
 なんにせよ、少しくらいの猶予はありそう。
 また天井近くに簡易ホーム作れば、安全とは言い難いけど、弱い魔物なら近づくこともできないだろうし。

 ぶっちゃけ進化するなら今しかないと思う。
 進化してる時の、気を失ってる期間がどのくらいあるのかわからないけど、前の時の感覚だとそこまで長時間じゃないと思う。
 あくまで感覚だからあてにはできないけど。

 どっちにしろどうあっても進化に危険は付きまとう。
 それなら、大量の食料がはからずも確保できた今をおいて、進化に最適のタイミングなんかなさそう。
 進化するかしないかで言ったら、断然するでしょ。

 それに、もし進化しないとして、レベルの上限が10で打ち止めかもしれない。
 レベル10になってからもかなりの数の猿に止めを刺した。
 けど、結局レベルは上がらなかった。
 単に経験値が足りなかったのならいいんだけど、進化しないとこれ以上成長しない可能性もある。
 それを考えると、やっぱり多少のリスクは承知で進化すべきだと思う。

 問題は、どっちに進化するべきかってことだね。
 タラテクトとスモールポイズンタラテクト。

 うーん。
 わからん。
 前回は劣化種と通常種っていう明確な違いがあったから即決したけど、今回はどっち選んでいいのかわからん。
 タラテクトは多分今のまま成体になる進化だと思う。
 けど、それでどんだけの変化があるのか未知数だしなー。
 ポイズンの方もわからん。
 ポイズンていうくらいだから、毒系の能力が強化されるんだろうけど、その他がどうなるのか。

 迷うなー。
 こういう時鑑定ができればいいんだけどなー。
 鑑定が、できれば?

 あれ?
 ステータスの鑑定結果の下の方に、なんかアラートみたいのが出てる?
 えー、進化可能?
 何これ?
 進化可能っていう文字が点滅してる。
 んー?
 一応二重鑑定ポチッとな。

『進化可能:タラテクトorスモールポイズンタラテクト』

 なん…だと!?
 鑑定さん、あんたマジか!?
 あんた最高だよ!
 よっしゃー!
 これで進化先も鑑定できるじゃん!
 いやー、この頃の鑑定さんの働きっぷりが尋常じゃないわ。
 早速鑑定っと。

『タラテクト:タラテクト種と呼ばれる蜘蛛型の魔物の標準的な成体。肉食で牙に毒を持つ』
『スモールポイズンタラテクト:タラテクト種と呼ばれる蜘蛛型の魔物の希少種の幼体。非常に強力な毒を持つ』

 決めました。
 ポイズンの方で。
 だって希少種だよ?
 レアですよ、レア。
 そんな標準とか言われるようなのと希少種じゃ、レアな方選ぶに決まってるじゃないですかー。
 日本人って、希少だとか限定だとかの言葉に弱いよね。

 そうと決まればまずは簡易ホーム作りだね。
 あ、あんまスタミナ残ってないや。
 ここは手頃な猿を食べて、スタミナ回復っと。

 ふう、ごちそうさま。
 では改めて簡易ホームを作りましょう。

 何もなかった岩場が、まあ、なんということでしょう!
 立派な蜘蛛の巣がそこに!
 今回は岩はなしで。
 あってもなくてもそこらじゅうに猿が張り付いてる状態で、カモフラージュもくそもないでしょ。

 しかし、疲れた。
 肉体的にも精神的にも。
 そりゃ、あんだけの激闘制したんだから疲れもするわな。
 進化の気絶は睡眠とるのとはまた違うけど、ちょっとした一休み感覚。

《個体スモールタラテクトがスモールポイズンタラテクトに進化します》

 はい。
 というわけで、おやすみなさい。

《進化が完了しました》
《種族スモールポイズンタラテクトになりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度進化ボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『毒牙LV8』が『毒牙LV9』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『蜘蛛糸LV8』が『蜘蛛糸LV9』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『操糸LV7』が『操糸LV8』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『集中LV4』が『集中LV5』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『鑑定LV7』が『鑑定LV8』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『外道魔法LV2』が『外道魔法LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『影魔法LV1』が『影魔法LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『毒魔法LV1』が『毒魔法LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『毒耐性LV7』が『毒耐性LV8』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『石化耐性LV2』が『石化耐性LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『気絶耐性LV1』が『気絶耐性LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『外道耐性LV1』が『外道耐性LV2』になりました》
《進化によりスキル『毒攻撃LV5』を獲得しました》
《『毒牙LV9』が『毒攻撃LV5』に統合されました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『毒攻撃LV5』が『毒攻撃LV9』になりました》
《スキルポイントを入手しました》
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ