挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
66/502

57 地上100メートルの防衛戦③

 がむしゃらに糸をばら蒔く。

《熟練度が一定に達しました。スキル『集中LV2』が『集中LV3』になりました》

 相当集中してたおかげか、集中のスキルレベルが上がった。
 今はどうでもいい。
 流石に本気で余裕が無くなってきた。

 眼下では猿どもが折り重なるようにして糸まみれになってる。
 それでも猿の数は減らない。
 むしろどんどん増えてる。
 行動不能の猿の数も増えてるけど、それ以上に増援の数が多い。
 まるでこのエリアに居る猿が全部集まってきてるかのようだ。

 MPはもうあと2しかない。
 MPが完全に0になったとき、どんな悪影響があるかもわからないし、これ以上MPを使うことはできない。
 操糸が完全に使えなくなった。

 けど、今のところその影響は少ない。
 なぜなら、もう猿の先頭は目と鼻の先にまで迫っていたから。
 操糸を使うまでもない距離にまで、敵が迫っていた。

 糸を出す。
 また1匹、猿が糸に絡め取られる。
 しかも、やつは信じられない行動をとった。

 飛び降りたのだ。

 鈍い音がして猿が地面に叩きつけられる。
 この高さだと、流石に魔物といえど助からない。
 猿どもは、自分が死ぬのと、進行方向で動けなくなって仲間の妨げになるのを天秤にかけ、死ぬほうを選んだのだ。

 ありえない。
 その普通じゃ考えられない異常さに、ゾッとする。
 迎撃を続けていれば、そのうち猿も諦めるんじゃないかと、淡い期待を持っていたけど、見事に打ち砕かれた。
 猿は私を殺すまで止まらない。
 これは、私が猿を殺しきるか、猿が私を殺すか、その2択でしか終わりがない。

 投石が私を襲う。
 けど、私はもう避けない。
 避けてる暇がない。
 石が体に当たる。
 HPが減る。
 それでも、痛覚軽減と苦痛無効の力で無視する。
 減ったHPは自動回復に任せる。
 石が当たったその瞬間も、糸を撒き続ける。
 そうでもしなきゃ、この難局は乗り切れない。

 どこかで私は猿どもを侮っていた。
 地龍に比べたらどうってことはないと。
 確かに、あれに比べたら大抵の相手は大したことはない。
 けど、それで侮っていいわけじゃなかった。
 馬鹿か私は。
 私自身の弱さを忘れたのか?
 弱い私に比べれば、周りは全部強敵と言っていいはずなのに。
 何を雑魚相手にしてる気でいたんだ?

 しかも、相手は遥か格下の私を相手に、死ぬことすら厭わず決死の特攻をしてきている。
 格上の魔物が命を賭してかかってきているのに、私がヘラヘラして乗り切れる道理なんてなかった。
 こうなったら私も、覚悟を決めて挑まなきゃならない。

 また投石が私の体に当たる。
 一瞬。
 本当に一瞬、私は衝撃で怯んだ。
 その隙に、ついに猿の1匹が私の足を掴んだ。
 体の半分以上を糸に捕われながら、残った自由になる右腕を伸ばして。

 ギチギチという、あまり気分の良くない音が足から響く。
 今にも握りつぶされそうな痛みを我慢しながら、足を掴む手に毒牙を突き刺す。

 猿が力尽きるのと、足が半ばから引きちぎられたのは、ほぼ同時だった。

 痛い。
 ものすごく痛い。
 痛覚軽減越しでも痛い。
 部位欠損、HP自動回復でどうにかなるかな?
 あるいはレベルアップで回復してくれれば。

 けど、今は失った足の心配をしてる場合じゃない。
 今のでだいぶ時間を稼がれた。
 すぐに別の猿が登ってくる。
 糸を出す。
 焦りが出る。
 残りのスタミナがまた少なくなってきた。

 糸を受け止めた猿が、そのまま虚空に飛び出す。
 その行く末を見守ることなく、次の糸を出す。

《経験値が一定に達しました。個体、スモールタラテクトがLV4からLV5になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『集中LV3』が『集中LV4』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『命中LV3』が『命中LV4』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『堅固LV2』が『堅固LV3』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

 その声を聞いた瞬間、素早く簡易ホームに退避する。
 グッドタイミングだけど、バッドでもある。
 脱皮だ。
 もどかしげに古い皮を脱ぐ。
 ちぎれた足も問題なく回復していた。
 古い皮を脱ぎ捨て、すぐさま戦線に復帰する。
 脱皮の僅かな時間ですらこの状況だと命取りだ。

 予想通り、簡易ホームに猿が取り付いていた。
 ついに、最終防衛ラインまで猿の脅威が迫ってきた。

 レベルアップで尽きかけていたMPとSPは両方とも回復してる。
 けど、それでどうにかなる段階をもうとっくに通り過ぎたかもしれない。

 いや。
 まだ手はある。
 簡易ホームの端から足を伸ばす。

 その足を猿に掴まれるが、知ったことか!
 私はばら撒きまくって今や一つの巨大な塊となった糸に触れる。
 ありったけの力を込めて操糸を発動する。
 徐々に私の力が糸の中に浸透していく。
 スキルレベルが上がって、操作できる糸の数もかなり増えていた。
 流石にこの塊全部となるとムリだけど、それでもいい。

 量が量だけに、回復したMPがものすごい勢いでまた減っていく。
 そして、掴まれた足がまた嫌な音を立てる。
 それと同時に体全体も簡易ホームの外の方に引っ張られる。
 外から猿の腕が伸びてくる。
 なんとか頭を掴まれるのは回避する。
 けど、胴体を掴まれた。
 猿は容赦なく私の胴体を握りつぶそうと、力を込める。
 HPが急速に減っていき、激痛が走る。

《熟練度が一定に達しました。スキル『生命LV1』を獲得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『魔量LV1』を獲得しました》

 天の声(仮)と同時に、糸の準備が出来た。
 私は残った力を振り絞って、糸を操作する。

 私の指示に従って、糸は壁から剥がれ落ちる。
 当然そこに引っ付いていた猿共々。
 轟音とともに、もう一つの壁とも言える様相になった糸の塊と猿の群れが、地上に残っていた猿の群れに向かって倒れていく。

《経験値が一定に達しました。個体、スモールタラテクトがLV5からLV6になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『操糸LV6』が『操糸LV7』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『過食LV3』が『過食LV4』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

《経験値が一定に達しました。個体、スモールタラテクトがLV6からLV7になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『痛覚軽減LV5』が『痛覚軽減LV6』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『隠密LV5』が『隠密LV6』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『回避LV1』が『回避LV2』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

 大量の猿を一気に屠ることに成功した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ