挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/521

56 地上100メートルの防衛戦②

 猿が壁を登ってくる。
 操糸を駆使して猿の進行方向の壁に粘着糸を貼り付けていく。
 まずいな。
 MPの残りが心もとない。
 毒合成で使いすぎたかもしれない。
 けど、いざとなれば操糸なしで粘るしかないか。

 石が飛んできたのでサッと岩の影に隠れる。
 地上に残った猿がひっきりなしに投石してくる。
 当たっても致命傷には全然ならないだろうけど、鬱陶しいことこの上ない。

 猿の先頭が私の貼った粘着糸ゾーンに突入した。
 もちろん猿どもは粘着糸に引っ付いて動きを止める。
 これで先頭が動けなくなれば、後続がつっかえてしばらく時間が稼げ、げっ!?

 あいつら、味方の体を足場にしてさらに登ってきやがる!
 粘着糸ゾーンはまだまだあるけど、これじゃ、予想以上に早く突破される!

 クソッ!

 もう出し惜しみしてる場合じゃない。
 猿の特に数がかたまってる一団に向けて、投網を放つ。
 投網に捕まった猿たちはそのまま放置。
 もがけばもがくだけ粘着糸が絡まり、余計に身動き出来なくなる。
 そんな猿の塊が進路上にあれば、障害物として役立ってくれる。

 糸に捕われた猿は基本放置する。
 一部わかった猿のステータスから、あいつらでは私の糸から逃れることはできないと踏んだからだ。
 今回は斬糸を使わない。
 とにかく、確実な方法として、粘着糸ですべての猿を行動不能に陥れる。
 倒すのはそのあとゆっくりやればいい。

 投網の第二弾を放つ。
 また猿の何匹かがその中に収まる。
 第三弾を撃とうとしたところで、投石が私を襲う。
 慌てて避ける。
 クソ、敵ながらいいタイミングで援護しやがる。

 しかも、猿どもは私の投網を警戒したのか、さらに左右に分散してかたまらないように行動し始めた。
 これじゃ、投網を使っても、1、2匹しか捕まえられない。
 こいつら、今までの魔物と違って、頭がいい!

 頭がいいなら獲物として私は割に合わないって気付けよ!
 こんなちっちゃな蜘蛛倒してもなんの得もないでしょうが!
 けど、猿どもは何が何でも私を倒すという気迫を持って迫って来る。
 やめてほしいわー。
 そういう情熱的なのは勘弁してよ。
 その情熱をもっと別のことに向けようよー。
 たとえば○○○(自主規制)とかさー。

 くだらないこと考えてる間にも糸をばら撒く。
 猿が左右に散っちゃったから、そこらじゅうに万遍なくばら撒かなきゃならない。
 操糸は出来るだけ節制モードで使う。
 この状況でMPが切れたら、結構危ない。

 なんで私が簡易ホームにこもるという選択肢をしないのか、それはここが地上100メートルだからだ。
 私の糸は確かに強力だけど、無敵ではない。
 火には弱いし、地龍には簡単に吹き飛ばされた。
 高い防御力を誇るけど、それを上回る力が加われば、突破される。
 猿にそれができるとは思えない。
 地上だったら私は間違いなく籠城を選択してる。
 けど、ここは地上じゃない。
 もし、猿が簡易ホームに攻撃を加えて、その体を引っ付けてしまったら。
 当然猿の体重分の負荷がかかる。
 それが何匹も重なり、簡易ホームがその負荷に耐え切れなくなったら…。

 簡易ホームには土台がない。
 単に天井と壁の間を粘着力でくっつけてるだけだ。
 私と岩くらいの体重だったら支えられる。
 けど、どこまでの重量に耐えられるかはわからない。
 拡張して安定性を増やすことも考えたけど、それよりかは猿を近付けないようにする方向を選んだ。
 拡張しても、結局耐えられる許容量が増えるだけだと思ったからだ。
 それでも猿の数を考えれば良かったかもしれない。
 最初のうちは。

 なぜか、それは猿の数が一向に減らないからだ!
 毒で叩き落としたやつを仕止め損なったのかとも思ったけど、壁の真下にはそれらしき猿の死体が積み重なっている。
 別に復活したわけじゃなさそうだった。

 ただ単純な話、最初よりも猿の数が増えているだけだった。
 いわゆる増援てやつね。
 はっはー、あいつらどっから湧き出してきてんのか、どんどん数が増えてるー。
 最初50匹くらいだったはずなのに、今は軽くその倍はいる。
 しかも、まだまだ増えてきてる。
 終わりの見えないマラソンって怖いよねー。

 どうしよう。
 マジでどうしよう。
 MPどころか赤のスタミナも心もとなくなってきた。
 さっきからずっと糸出しっぱだしね。
 スタミナが尽きたら終わる。
 糸が出せなくなるもんよ。
 それだけはなんとしてでも回避しないといけない。

 クモーニングスターを構える。
 狙いは一番ここから近い位置にいる猿。
 ぶん投げる。
 当たる。
 よし、そのまま粘着力に物を言わせて強引に引っ張り上げる。

 暴れようとする猿を素早く糸で拘束。
 毒牙を打ち込む。
 その最中に投石をぶち当てられた。

 痛っ!
 けど、HPは5しか減ってない。
 予想通り、流石に地上からここまでじゃ、距離があって大した威力は出ないっぽい。
 痛いけど、痛覚軽減と苦痛無効の力で強引に無視する。

 毒牙の力で猿の息の根を止める。
 そのまま食べる!

 この作業は素早さが勝負だ。
 早く終わらせて戦線に復帰しないと。
 まだ猿どもは粘着糸に苦戦してる。
 だいぶ糸にくっついて再起不能になってるけど、その分、くっついた猿の体っていう道が完成しつつある。
 着実に私の元まで近付いて来てる。
 スタミナ回復も出来てもう一回、けど、これが最後だと思っておいたほうがいい。
 だから、早く、それでいて残さず食べきって余すところなく私の糧にする!

 ブハッ!

 食べきった!
 心なしか猿どもの殺る気が上がった気がするけど、今更だ!
 食うのは私のほうだ!
 貴様らなんぞに食われてたまるか!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ