挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
59/470

51 敵の強さが分かるって素晴らしくね?

 岩陰に潜んでじっとする。

『エルローダズナッチ LV23
 ステータス
 HP:786/818(緑)
 MP:335/335(青)
 SP:779/779(黄)
   :723/781(赤)
 ステータスの鑑定に失敗しました』

 私のいる岩からちょっと離れたところを、そいつはゆっくりと進んでいく。
 あれは、なんだろう?
 どう表現したもんか、でっかい魚に手足が生えた、うーんちょっと違うなー。
 そんな感じのよくわかんない謎生物だ。

 まあ、謎生物のことなんて割とどうでもいいのよ。
 いや、どうでもよくはないけどさ。
 見つかったらやばいけどさ。

 けど、そんなことより重要なことがある!
 そう、鑑定さんがまたやってくれました!
 敵のステータスが見える!
 見えるのはHPとMPとSPだけだけど、それだけでもすごくね?
 成功率もあんま高くなくて、3、4回に1回くらいしか成功しないけど、それでも相手のステータスの一部がわかるっていうのは大きいよね。

 HPMPSPの大まかな数値だけでも相手の大体の強さはわかるしね。
 こう、明らかに数値違うのとかは相手にしちゃダメ。
 作戦、命大事に。

 すぐそばを通る謎生物も相手にしちゃダメなパターンだね。
 だって数値おかしいもんよ。
 何、HP818って?
 私を20回殺してもお釣りが来るんですけど?
 インフレしすぎじゃね?
 あの間抜けそうな顔した謎生物でこのステなんだから、地龍とか絶対HP4桁いってるよね?
 ないわー。

 ここ何日かでわかったことだけど、レベルが10を超える魔物はみんな強い。
 レベル10でも進化しない、いわゆる上級の魔物ってことなんだと思う。
 だから、レベル10未満でも、前に同じ種族でレベル10超えてるのがいた場合、基本は逃げに徹するべきってことね。
 逆に、どんだけ探してもレベル10を超えるのがいない魔物はたいてい弱い。

 ただ、ショックだったのは私が普段狩ってるような雑魚ですら、私より断然数値が高いってことだ。
 HPとか3桁いってる奴もいた。
 マジかー、お前そんな強かったのかー、的な。
 そりゃ、真正面から戦ったら勝ち目ねーわな。
 私は奇襲にすべてを賭けよう。
 そう決めた瞬間だったわ。

 しかし、そう考えると、雑魚とか呼んでるけど私よりかは格上なんだよなー。
 その格上を問題なく行動不能にしちゃう蜘蛛糸って、相当強いスキルだよねー。
 これがなかったら私今頃生きてないもんなー。
 ステも大事だけど、スキルも大事やね。

 そうなると、相手のスキルも早いとこわかるようになりたいよねー。
 スキルまでわかれば相当有利に戦えるはずだし。
 私なんか、スキル抜いたら素早いだけしか取り柄ないもんね。
 蜘蛛糸に火で対策されたり、毒牙を解毒薬で無効化されたりしたら、私勝ち目ないね。
 おおう。
 やべえ、スキル対策やべえ。
 そんなガッツリ準備されてきたら死ぬしかないじゃん!

 まあ、魔物にそんな知恵があるとも思えないけどさ。
 だからこそ私みたいな貧弱モンスターが生き残っていけてるんだし。
 やっぱ知恵って大事やね。
 人間最大の武器なだけはある。

 んー。
 人間かー。
 このダンジョン、人間ってどのくらい探索してんだろ?
 実際に人間見たのは巣を焼け出された時くらいだしなー。
 あのあたりはまだ人間の足跡とかあったけど、そのあと迷路エリア探索してる時はほとんど見なかったなー。
 世界最大の迷宮っていうくらいだから、もしかしたら探索ってあんま進んでない?

 考えてみたら、私は魔物食べてるからいいけど、人間は食料持ってなきゃいけないもんね。
 こんだけ広い迷宮、探索するのならそれだけ大量の食料を持ち運ばなきゃならない。
 それだけでも相当な労力だし、それにさらに魔物と戦わなきゃいけないわけだしね。
 アイテムボックスみたいな、異空間にものを収納しておける、便利スキルとか魔法があればまた話は変わってくると思うけど、それでもきついことに変わりはないしねー。

 思うに、人間が探索できる範囲って、上層の、しかも一部だけなんじゃないかなー。
 それなら途中から足跡とか見なくなったのも納得できるし。
 足跡見なくなったあたりが人間の限界領域だったんじゃないかな?

 ん?
 でも待てよ?
 じゃあ、私が初めて見つけた足跡は、あの超巨大蜘蛛とか、どう見ても強そうだった魔物の群とかがいるあのエリアを探索できたってこと?
 え、あのエリア探索できんの?
 マイマザーいるのに?
 まさかとは思うけど、あれ倒せんの?
 まさかねー。
 あれ、私の予想が正しければ地龍とタメ張ってもおかしくないような化物よ?
 あれ倒せんの?
 ムリじゃね?
 ていうか、ムリじゃなかったら、人間どんだけ強いの?

 嫌な想像しちゃったな。
 もし仮に本当に人間がマイマザー倒せるくらい強いとしたら、外の世界に行くのはよそう。
 私じゃどう足掻いても生き残る目がない。
 それならこのダンジョンの中で生活してたほうがまだマシってもんよ。

 さしあたっては上層にたどり着くのを目標に。
 上層にたどり着いたら人間が来ない所を探そう。
 いや、その前にちょっと危険を冒してでも人間のステを鑑定するべきかな?
 まあ、慌てることはないよね。
 上層にたどり着けるかどうかもわかんないし。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ