挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/524

S7 公爵令嬢

 鑑定の式典はちょっとした騒動にはなったけど、一応無事終了した。
 騒動の原因は俺とスーのステータスが異常に高いせい、だけじゃなかった。
 強化された聴覚で貴族の声を盗み聞いてみると、どうやらスキルポイントというものは、レベルアップでしか手に入らないものらしく、レベル1で10万ものポイントを持っている俺は異常なのだそうだ。
 そういえば、スーもスキルポイントは0だった。
 これは、多分俺が転生者だからだと思うんだが、気になるのはちょいちょい話題に上る「公爵令嬢」も生まれながらにスキルポイントを有していたらしい。

 貴族の話をまとめると、「公爵令嬢」は俺の数日前に鑑定の義を行ったそうだ。
 そこで、今までにないような優秀すぎるステータスを叩き出し、ないはずのスキルポイントを有していた。
 そして、俺にもあったあの文字化けしたみたいなスキルが「公爵令嬢」にもあったという。

 俺の中である推論が浮かび上がる。
 もしそうなら、俺は「公爵令嬢」になんとしてでも会わなければならない。
 チャンスはすぐに来た。

 鑑定の義のあとは、会場を移して軽いパーティーが行われた。
 俺とスーは国王に連れられ、パーティー会場の中心で、貴族の列を迎えることになった。
 列に並んだ貴族たちは、それぞれ俺と同年代か、少し上くらいの子供を連れている。
 つまりこの場は、年の近い貴族の紹介と顔見せのための場なのだ。
 そこで俺は件の公爵令嬢を紹介されたのだ。

「お初にお目にかかります。アナバルド公爵家が長女、カルナティア・セリ・アナバルドと申します」

 真っ赤に燃えるような髪に、気の強そうな顔が印象的な美少女だった。
 パッと見だけで目を引く存在感があるが、それ以上に、俺の魔力感知が彼女の膨大な魔力を見抜いていた。
 俺やスーとほぼ互角の量だった。

 アナバルド公爵と言えば、この国でも有数の大貴族だ。
 代々国の要職に就いてきた実績と、過去には王家や勇者の血にも繋がる由緒ある血統でもある。
 公爵家に生まれた人間は、高い才能と、徹底的なスパルタ教育によって、国を支えるに足るだけの能力を持つように育てられる。
 が、それでも目の前の彼女の魔力量は異常だ。
 父親と思われる横に控えた赤髪の男性を、既に上回っている。

「初めまして。シュレイン・ザガン・アナレイトです。『よろしく』」

 俺はある確信を持って、最後の言葉を日本語で言った。
 公爵令嬢の目が一瞬見開かれたあと、スッと細くなる。
 その動きで、俺の予想が当たっていたことがよくわかった。

「父上。この子とお話ししてきていいですか?」
「うん?」

 国王は俺の言葉に少し迷う素振りを見せた。
 まあ、一番に連れてこられた公爵令嬢の後ろには、まだたくさんの子連れ貴族が列をなしている。
 ただ、ここで引くわけにはいかなかった。

「ダメですか?」
「ううむ」

 国王は俺と公爵とその後ろに控える貴族たちを見比べてから、口を開いた。

「構わん。あまり長い時間離れるでないぞ。少ししたら戻ってきなさい」
「はい。ありがとうございます」

 俺は子供っぽく公爵令嬢の手を取って駆け出す。
 後ろでスーの気配がものすごい勢いで膨れ上がってたけど、気にしてられない。

 俺は会場から出て、控え室になっている個室に入る。
 貴族はパーティーを抜け出して商談などの仕事の話をすることもあるので、こういう個室が会場のすぐ近くに作られていた。
 ここなら防音もしっかりしてるし、扉の前には衛兵が立っているので安全だ。

「ふう。ここならいいね」

 俺はもう隠すことなく日本語でしゃべる。

「まさかとは思ったけど、本当に王子様が転生者だとはね」

 そして、公爵令嬢も日本語で話す。

「あー、やべえ、自分以外の口から日本語聞くなんて超久しぶりだわ。ちょっと感動した」

 気が強そうな印象は変わらないけど、この令嬢、結構口調が軽い。

「で、聞きたいんだけど、平進高校ってとこに覚えは?」

 俺が聞いたのは俺が元通ってた高校の名前だ。

「めっちゃある。やっぱ同じ高校からこっちの世界に転生してきたお仲間か」

 予想通り、この令嬢は俺と同じように、あの教室の謎の亀裂に巻き込まれてこっちの世界に転生した、元クラスメイトだったらしい。

「俺の元の名前は山田俊輔(ヤマダシュンスケ)。そっちは?」
「ぶはっ!?」

 俺が元の名前を言うと、令嬢は汚らしく吹き出した。

「ぶははははははは!ひっ、ふははは!おま、お前、俊かよ!俊が王子とか、くく、似合わねー!」

 爆笑する令嬢。
 なんだろう、この既視感。
 目の前にいる令嬢は見覚えなんて全くないのに、その言動や仕草がよく見知ったやつと重なる。

「ま、まさか、お前、叶多(カナタ)か?」
「おう」

 今度は俺が爆笑する番だった。
 元男友達で、ゲーム仲間のあの叶多が、まさかの令嬢。
 存在そのものが真逆の生物に生まれ変わったようなもんだった。

「笑うなよ。これでも生まれ変わった直後はマジでへこんだんだぜ?」
「いや、わりい。けどお前だって笑っただろうが。おあいこだ」
「だな。けど、お前に会えてよかったわ。今まで結構一人っきりで辛かったからな」
「ああ。そいつは同感だ。会えてよかった」

 俺と叶多は互いに拳を打ち付け合う。

 そこで、個室の扉が物凄い轟音を発した。

「なんだ!?」

 叶多が慌てる。
 俺も一瞬慌てかけて、扉の前に誰がいるのかわかって落ち着いた。
 いや、別の意味で慌てた。

 2度目の轟音で扉が内側に吹っ飛ぶ。
 扉の外には、魔闘法で身体能力を底上げしたスーが、魔力撃で振り抜いた拳を構えて立っていた。
 スーは俺と叶多を視界に収めると、叶多をロックオンした。

「スー、ストップストップ!」

 慌てて叶多との間に俺が体を滑り込ませなければ、スーの拳が叶多を吹っ飛ばすところだった。

「兄様はわたさない」

 そのまま俺に抱きついてボソッと呟くスー。

「お前の妹、こええ」

 叶多は日本語でそうこぼした。

 この日、俺は一人目のクラスメイトと再会した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ