挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
55/496

49 鑑定さん、あなたはやっぱりチートだった

 壁際をコソコソ移動。
 この前3匹の魔物を食べてからというもの、また赤のスタミナゲージが減らなくなった。
 うーん?
 確かにちょっと量は多かったから、1匹目食べ終わった時点でほぼマックスまで回復してたけど…。
 考えられる原因は、過食のスキルとか?
 食べ過ぎた分、余分にストックできるとか?
 確かにこの現象、過食のスキル取ったあとから起きてるんだよねー。
 そう考えると、あながち的外れな想像じゃなさそう。

《熟練度が一定に達しました。スキル『鑑定LV6』が『鑑定LV7』になりました》

 お?
 おお?
 おおお!?
 鑑定キタ!
 鑑定さんキタ!
 これで勝つる!

 前回の躍進ぶりを考えるとすごい期待しちゃうよ?
 いいの?
 これでやっぱりがっかりー、とか許されないよ?
 私のこの上げに上がったハードルを、ちゃんと飛び越えてくれるの?
 くぐっちゃダメだからね?
 さあ、鑑定結果は如何に!?

『スモールタラテクト LV3 名前 なし 
 ステータス
 HP:38/38(緑)
 MP:38/38(青)
 SP:38/38(黄)
   :38/38(赤)
 平均攻撃能力:21
 平均防御能力:21
 平均魔法能力:19
 平均抵抗能力:19
 平均速度能力:369
 スキル
 「HP自動回復LV2」「毒牙LV8」「毒合成LV1」「蜘蛛糸LV8」「操糸LV5」「投擲LV1」「集中LV1」「命中LV1」「鑑定LV7」「探知LV3」「隠密LV5」「外道魔法LV2」「影魔法LV1」「毒魔法LV1」「過食LV3」「暗視LV10」「視覚領域拡張LV1」「毒耐性LV7」「麻痺耐性LV3」「石化耐性LV2」「酸耐性LV3」「腐蝕耐性LV3」「恐怖耐性LV5」「苦痛無効」「痛覚軽減LV5」「強力LV2」「堅固LV2」「韋駄天LV2」「禁忌LV2」「n%I=W」』

 え?
 マジで?
 本当に?
 見間違いじゃない?
 お、おお、おおお、うおおおおおおお!?
 スキルキタ!
 マジで鑑定さんグッジョブすぎる!
 ホントに上がったハードル越えて行きおった!
 ひゃっふう!
 我が世の春がキター!

 鑑定さん、あんたマジスゲーよ。
 ありがとう。
 マジありがとう!
 これで、これでようやく効果がわからなかったスキルも、二重鑑定で概要がわかる!
 ま、ず、は、ど、れ、に、し、よ、う、か、なー?

 おし、まずはさっき考えてた過食からいってみよう。

『過食:食事を限界を超えて摂取可能になる。また、その分のスタミナを余剰分としてストックすることができる。ただし、その分太る。レベルの上昇によってストックできる量が増える』

 お、おおー。
 ほほう。
 ほぼ予想通りだったのねー。
 つまり、余計に食った分だけスタミナが減らなくなるスキルだったのか。
 しかし、太るのか。
 私、そんな太ってる?
 あんま実感わかないな。
 これは、蜘蛛だからそんな目立ってないってことかな?
 人間だったらこれ、デメリットも結構でかいかも。

 次は、これにするかな。

『強力:スキルレベル分平均攻撃能力にプラス補正が掛かる』

 へー。
 そういうことか。
 つまり単純なステータス強化のスキルか。
 あ、そういえばレベルアップの後にこのスキルもレベル上がったなー。
 てっきりレベルアップで攻撃力2上がったんだと思ってたけど、そのうちの1はこのスキルのおかげだったのね。
 ていうことは。

『堅固:スキルレベル分平均防御能力にプラス補正が掛かる』

 やっぱり、このスキルは強力の防御力版ってことね。
 ふむ、効果は正直低いけど、私のゴミステからすると、少しでも底上げになるんだったらありがたいわな。

 どんどんいってみよー!
 次は、初めて見るな。
 レベル2だからどっかしらでレベル上がってるはずなんだけど、天の声(仮)聞き逃したかな?

『韋駄天:スキルレベル×100分平均速度能力にプラス補正が掛かる。また、レベルアップ時にスキルレベル×10分の成長補正が掛かる』

 は?
 あ、え、は?
 ああ、速度だけ異常に速いのはこのスキルのおかげかー。
 そうかそうか。
 はいぃぃぃぃぃぃぃぃ!?

 え、何このトンデモスキル?
 てっきり速度早いのは種族的なもんだと思ってたんだけど、これのせい?
 おおう。
 韋駄天、まさかとは思うけど、これが噂に聞く転生特典ってやつか?
 おお!
 マジっすか!?
 神様パないです!
 生まれた瞬間からレアスキル持ちとか、転生特典美味しいです!
 伊達にゲーム内で韋駄天って呼ばれてたわけじゃなかったんだな!
 うひゃー!
 テンション上がってきた!

 じゃあ、このもう一つの見たことないスキルはなんだろ?

『n%I=W:鑑定不能』

 ん?
 鑑定不能?
 なんで?
 ええー。
 ここに来てまさかのファンブルかい。
 まあ、なんか名前からしてバグったみたいな感じだしなー。
 なんかちょっとやな感じするけど、鑑定できないんじゃこれ以上気にしても仕方ないかなー。
 せめてマイナススキルじゃなきゃいいんだけど。

 気を取り直して次の鑑定いってみよう。

『禁忌:禁忌を犯した者が得るスキル。決して上げることなかれ』

 うわー。
 今度はすげー意味深なこと言ってけむにまいてるし。
 けど、この言い草ってどう考えても呪いとかマイナス効果としか思えないよね。
 うわ、いらねー。
 上げるなって言ってもいつの間にか2レベルになってんですけど…。
 マジかー。
 上がったテンションが一気に下がったわー。
ステータスの速度が今まで間違ってました。レベルアップ前で248、レベルアップ後で269となっていましたが、正しくは、348、369です。前の話は修正しておきます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ