挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

529/529

S31 命

 最初に魔物を殺した時のことを、俺は一生忘れないだろう。

 スキルがあってステータスがあって、おまけに魔物を殺せばレベルが上がる。
 そんなゲームみたいな世界に生まれ変わって、俺はどこかゲーム感覚で生きていた。
 それが間違いなのだと知ったのは、夏目に殺されかけた時。
 そして、この手で命を奪った時。

 あれは学園に入学してからのことだ。
 魔物と戦う実習があり、俺は生まれて初めて魔物と相対した。
 学園の実習で未熟な生徒が戦う相手とあって、その時の魔物はかなり弱いものだった。
 大人であれば戦闘を普段しない人間でも撃退できるような、小動物と言っていいようなもの。
 それでも魔物は魔物。
 魔物は人を積極的に襲ってくる害獣であり、弱い魔物であろうと殺さなければ被害が出る。
 いくら弱かろうと、魔物である以上危険が全くないわけではない。
 大人であれば撃退できると言っても、それは言い換えれば子供では危ないということだ。
 そして、大人であっても怪我なく撃退できるとは限らず、下手をすれば命だって危ない。
 現に、そんな弱い魔物でも少ないながら被害が毎年出ていた。
 実習には生徒に魔物との戦いを経験させるのと同時に、魔物を間引く意味もあった。
 だから、魔物を殺すことにためらってはいけない。
 だが……。

 俺のことを本気で殺そうとしてくる魔物。
 生きた意思がそこにはあった。
 ゲームのプログラムなんかとは違う、考えて行動する意思が。
 俺は魔物と戦う、もっと言えば、生物と戦うということを甘く見ていた。
 彼我の戦力差という意味ではない。
 それで言えば、俺のステータスは同年代の中で高く、弱い魔物であれば簡単に勝てた。
 そういうことじゃない。
 あの感覚を言葉にするのは難しい。
 けど、魔物と対峙した俺は、戦うということが想像の中のどれよりもリアルで、恐ろしいものだったのだということを、その時に実感した。

 そう、恐ろしかった。
 迫りくる魔物が、俺を殺そうとしてくる存在が、そして、それを俺が殺さなければならないということが。
 結局、俺は初戦で魔物を殺すことができず、魔物の攻撃を避け続けることしかできなかった。
 そして、それを見かねた同じ班のパルトンが止めを刺した。
 あっさりと。

「どうして……」

 俺はパルトンに、そう聞いていた。
 自分でも何に対してそう聞いたのか、よくわからなかった。
 ただ、頭に浮かんだ言葉をそのまま呟いただけ。

「あ、すいません。てこずっておられるようでしたので、つい」

 俺の問いかけに対するパルトンの答えは、俺から獲物を横取りしたことを謝るようなものだった。

「出過ぎたまねをいたしました。考えてみればシュレイン様がこの程度の魔物にてこずるはずもありませんでした。なるほど! 魔物の動きを見ていたのですね! 弱い魔物でも油断せずに観察に徹する。勉強になります」

 違う。
 そうじゃない。
 俺が聞きたかったことも、俺が魔物を倒せなかった理由も、そんなことじゃない。
 だが、わかる。
 わかってしまう。
 これが、これがこの世界と日本との違いなのだと。

 こちらの世界では命が軽い。
 あまりにも軽い。
 魔物は殺して当たり前。
 魔族は敵だから殺して当たり前。
 人同士でさえ、簡単に殺し合いになる。
 そして奪った命に対して、この世界の人間はあまりにも無頓着だ。
 まるで作業のように命を奪っていく。
 パルトンにも、魔物を殺したことに対する特別な感情は感じられなかった。

 俺だって聖人君子じゃない。
 日本にいた頃だって肉は食っていたし、虫を殺したことだってある。
 命の価値は虫だろうが動物だろうが人だろうが平等だなんて言えない。
 魔物は人を襲う害獣で、殺さなければ逆に殺されるということもわかる。
 けど、虫を殺すかのように魔物を殺すことに、抵抗を感じた。

 それでも、結局俺はその日、人生で初めて魔物をこの手で殺した。
 パルトンの尊敬の眼差しを裏切ることが怖くて。
 そして何よりも、夏目に襲われ、死にそうになった時のことを思い出して。
 自分の身は自分で守れるようにならなければならないという、その想いから、俺はレベルを上げるために魔物の命を奪った。
 俺の勝手な都合で、一つの命を奪った。

 忘れもしない。
 剣が皮を裂き、肉を切り、骨を断つ感触を。
 飛び散る血の臭いを。
 断末魔の鳴き声を。
 目に焼き付いた、命の消えていく瞬間を。
 ゲームの画面の中のCGとは違う、リアルな死がそこにはあった。

 日本でだって、害獣を駆除することはある。
 もっと言えば、店頭に並んでいる肉も、元は生きていた牛や豚だったのだ。
 人が生きていくには、命を奪わないといけない。
 間接的にせよ、俺たち人間は生きていくうえで無数の命を奪っている。
 けど、直接命を奪うことが、これほど重いことだというのは、知らなかった。
 そして、考えてしまうのだ。
 魔物でこれなのだとしたら、人を殺したらどれだけ重いのだろうかと。

 怖い。
 考えるだけで、怖い。

 夏目は、どうしてあんなことができたのか?
 俺と同じような想いを味わったのであれば、ここが夢のような世界だなんて思わないはずだ。
 ここはゲームのような世界でも、ゲームではない。
 命が軽く見られていても、地球とその重さは変わっていない。
 それを、人々がわかっていないだけで。

 わかっている。
 争いが絶えないこの世界で、相対的に命を軽く見なければやっていけないことくらい。
 彼らだって自分の生活のため、魔物や魔族を殺しているのだって。
 それをやめろだなんて俺には言えない。
 俺だって、自分のために魔物を殺してきた。
 その十字架は一生背負っていくことになる。
 その重さを少しでも軽くするために、命の重さを軽く考えたい気持ちも、わかる。
 けど、しょうがないと言って、俺まで考えを変えることはできない。
 だって、できないとわかっていながら、それでもなお、死ぬまで理想を追い求めていた勇者を知っているのだから。

「夢だっていい。実現不可能な戯言だと笑われてもいい。けど、目指すことだけはしていいはずだ。平和でみんなが笑って暮らせる世界。僕はその理想を追い続ける。死ぬ時までね」

 ユリウス兄様は、そう言って戦い続けていた。
 平和を目指すために戦うという矛盾。
 それに苦しみながら、それでも俺にはその苦悩を見せず、戦い続けていた。
 俺は、そんなユリウス兄様の理想の後を継ぎたいと思った。
 俺は戦うことが怖い。
 命を奪うことが怖い。
 命を奪われることも怖い。
 覚悟を持って戦い続けたユリウス兄様のような、立派な勇者なんかにはなれない。
 志だって、ユリウス兄様の受け売り、模倣でしかない。
 中途半端な、ないないづくしのなんちゃって勇者だ。

 けど、そんな俺だからこそ、できることがあるんじゃないかという思いもあった。
 命の重さを知っていることが、その第一歩なのではないかと。
 平和な日本で生まれ育った倫理観が、少しでも役に立つんじゃないかと。
 争いをなくすことはできなくても、少しでも争いを減らすことはできるんじゃないかと。
 みっともない勇者失格の俺だけど、そんな俺でもできることを探したい。
 俺ができることを、精一杯していきたい。
 そう、夏目に王国を追われる前まで思っていたし、その後も目の前のできることからやってきていた。





 そんな俺の考えも、ユリウス兄様の意志も、まるで嘲笑うかのようにこの世界の真実を告げられ、感情的になってしまっていた。
 失言したと気付いたのは、京也の表情からすぐにわかった。
 京也は、何かをこらえるかのような苦し気な表情をしていたから。
 その表情から、京也だってやりたくて夏目を殺したんじゃないということが伝わってきて、どこかホッとした。
 けど、胸の内で渦巻く感情がそれで治まるわけではなく、さりとて追い打ちをかけるように言葉を重ねることもできず、俺はただ京也の顔を眺めた。

「……すまん。ちょっと感情的になって、言いすぎた」

 そうしてどれだけの時間が過ぎたのか、ようやく幾分か落ち着きを取り戻した俺は、京也に謝った。
 ここで京也を責めるのは筋違いだと、なんとなく思ったからだ。

「いや。謝る必要はないよ。俊は正しい」

 京也が、力なく首を振る。

「羨ましいよ。正しさを貫ける、俊が」

 その力のない、弱々しい表情が、夏目を容赦なく殺したのと同一人物のものなのか、俺はにわかには信じられなかった。
 京也にも、いろいろとあったのだろうことが、それで伝わってくる。
 京也はそんな弱さを一瞬だけ見せ、しかし、いったん目を閉じて再び開いた時には、力強い目つきに戻っていた。

「俊は正しい。けど、僕は僕の進む道を変える気はない。やったことを後悔することもしない」

 そこには、絶対に譲ることのない、信念を宿した男がいた。
 決して俺とは相容れない、信念を宿した。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全340部分)
  • 27257 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 22:01
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 27009 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全181部分)
  • 27464 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全204部分)
  • 29174 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:06
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 32135 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 40417 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 29922 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 48198 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 27878 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全287部分)
  • 42335 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 39233 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 28251 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 34917 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 28287 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 09:08
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 28655 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 32745 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 32089 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全376部分)
  • 26947 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 14:01
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 27096 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 27574 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1553部分)
  • 27652 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 18:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全850部分)
  • 30442 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 10:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全132部分)
  • 27792 user
  • 最終掲載日:2017/10/26 23:43
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 29105 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 41521 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全553部分)
  • 40545 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全242部分)
  • 37066 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全381部分)
  • 28817 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 12:00
↑ページトップへ