挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
50/499

45 エルロー大迷宮下層

 私が進む道はかなり広い。
 まあ、体長2メートル半もある蜂が自由に飛び回り、体長5メートルくらいはありそうな巨大蟷螂が縦横無尽に動き回れるくらいには広い。

『エルローグレシガード LV7 ステータスの鑑定に失敗しました』

 巨大蟷螂は群がる蜂をその両手の鎌で迎撃する。
 普通の蟷螂と違って、腕が6本もある。
 まるで阿修羅みたいだ。
 蜂は空中から攻撃しようとしているけど、その鎌の攻撃範囲になかなか踏み込めなくて、戦況は膠着してる。

 私はその様子を岩陰に隠れながら観察する。
 両方とも私の存在に気づいた様子はない。
 隠密の力は思ったよりちゃんと効果を発揮してくれている。
 こっそりと覗きつつ、さらに鑑定する。

『エルローグレシガード:エルロー大迷宮下層に生息する蟷螂型の魔物。鎌による強力な物理攻撃を得意とする』

 あ、蜂の1匹が鎌に両断された。
 うわ、一撃で両断とか、すごい切れ味。
 あれだけの切れ味だったら、もしかしたら私の糸も切られるかもしれない。
 まあ、私には気づいてないっぽいし、ここはコソコソーっと素通りさせていただきましょう。

 というか、鑑定結果にまた無視できない単語があるな。

『エルロー大迷宮下層:エルロー大迷宮の中層と最下層の間に位置するエリア。強力な魔物が多数生息している』

 へー、そうかー。
 ここ下層なのかー。
 ていうかさらに下があるのかー。
 強力な魔物がいっぱいいるのかー。
 …知りたくなかったかも。

 ちなみに中層と最下層も鑑定してみたけど、エルローと単語が繋がっていなかったせいか、『中の層』、『層があるものの中で最も下に位置する層』という結果が返ってきた。
 使えねー。

 しかし、ここが最下層かと思ってたら、さらに下があったっぽい。
 最下層とか、どう考えても超強力な魔物がひしめいてる想像しか浮かばない。
 なんたって、世界最大の迷宮の最下層だもん。
 ダンジョンといえば下に行けば行くほど敵が強くなるもんだし、今いる下層が強力な魔物が多い場所なら、その想像も間違ってないように思える。
 地龍クラスの化物がゴロゴロいるとか。
 想像するだけで恐ろしい。

 しかし、あれだ。
 多分なんだけど、私が元いたエリアは上層だったんだろうね。
 人間が踏み込んでくるようなエリアだし、地上に繋がってたんでしょ。
 となると、出口も案外近くにあったのかもしれないなー。
 あー、人間避けて行動してたけど、足跡とか追っかけたほうがよかったかなー?
 でもなー、追っかけて外に出てもこの姿じゃなー。
 結局迷宮の外に出ても、私が蜘蛛である以上、魔物らしく狩りをして生活するしかないしねー。

 と、今はそんなこと関係ないか。
 どうせこの下層から脱出しなきゃならないんだし。
 下層を脱出しても中層が間にあるしね。
 そもそもこの道が中層に繋がってるのかもわからんし。
 最下層行きは、遠慮したいなー。

 あ、また1匹蜂がやられた。
 こりゃ、蜂の負けかな。
 蟷螂つえー。
 あれ、蛇より明らかに強くね?
 おかしいな、私の認識では蛇ってボスキャラだったはずなんだけどな。
 地龍に比べれば全然だけど、あの蟷螂も相当強いよね?
 私の中の蛇ランキングが急激に暴落していく。
 もしかしなくても、蛇ってこの下層の中じゃそんなに強くない?

 まあ、まだそう判断するのは早いよね。
 あの蟷螂が強すぎるだけかもしれないし。

 と、思っていた時期が私にもありました。
 3匹目の蜂を両断したところで、蟷螂に予想していない事態が起こった。
 突如現れた巨大な蜘蛛の牙に、その体を噛みちぎられた。

 は?
 イヤイヤ。
 マジで?

『グレータータラテクト LV18 ステータスの鑑定に失敗しました』

 わお。
 私の超進化形態だー。
 マジで?

『グレータータラテクト:蜘蛛型の魔物タラテクト種の進化形態。肉食で牙に強力な毒を持つ』

 おおう。
 私、進化し続けたらああなるのか。
 最初に見た超巨大蜘蛛たるマイマザーに比べるとまだ小さいけど、それでも体長10メートルくらいありそうだ。
 蟷螂が小さく見える。
 ていうか、蟷螂糸も使わずに牙だけで殺したよね?
 物理能力高くなりすぎじゃね?
 私まだステ21しかないんですけど?
 何回進化したらああなるんだよ。

 とりあえず見つかる前にコソコソーっと退散。
 あんなもん、勝てるわきゃないでしょ。

 うん、でもよくわかった。
 この下層やばい。
 何がやばいって?
 見たまんまだよ!
 巣作っても勝てるかどうか怪しいレベルの敵がわんさかいるよ。
 マジで私の生命線が隠密だよりな件。
 早まったかなー?
 あのまま蜂のとこ強行突破したほうが良かったかなー?
 でもなー、今のところ地龍みたいにどうしようもないほどの危機感は抱かないんだよなー。

 それに、蜂でも倒せるくらいの魔物もいるわけだし、絶対に無理ってわけじゃないしなー。
 蟷螂と大蜘蛛は強そうだけど、それ以外の魔物だったら案外いけるんじゃないか?
 まあ、いけそうな魔物がいたら食料にして、それ以外は基本隠密で行こう。
 今のところ赤の総スタミナゲージはやっぱり減ってない。
 この表記を信じるなら、焦る必要はなさそうだし、じっくりと獲物を見定めて行動しよう。
 下手な事して地龍クラスのやばいやつ引き寄せるのも嫌だしね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ