挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
499/499

過去編⑫

「我が国は国際エネルギー機構から脱退することを宣言する」

 世界の数々の国々が参加する国際サミットにおいて、もはや何度目かになるかわからない宣言がなされた。
 国際エネルギー機構は石油や石炭などの、いわゆるエネルギー資源を取り扱う国際機構で、これまではそれら資源の産出国を中心に据えられてきた。
 その役割は円滑なエネルギー資源のやり取りを実現するというもので、供給国と需要国の交渉を規定によってスムーズにしていた。

 しかし、ここに来て国際エネルギー機構から脱退する国々が急増。
 国際エネルギー機構からの脱退ということは、石油や石炭などの資源をいらないと宣言するようなものだというのにもかかわらず。

 ポティマス・ハァイフェナスがMAエネルギー理論を発表してから、この宣言をする国が増えた。
 そのほとんどが中小国家であり、エネルギー施策に少なくない負担を強いられている国々だったが、中には困窮していない大国まで含まれている。
 宣言をした国々は等しくMAエネルギーによってエネルギー問題を解決させ、石油や石炭などの資源が必要なくなったのだ。

 MAエネルギーは最初こそその存在を疑問視する声が大きかったが、いざ実際に論文に記された方法を試してみると、本当にどこからともなくエネルギーが湧いて出てくるのだ。
 しかも、それによる環境の変化はなし。
 これまで石油や石炭を燃やして排出されていた大気汚染物質もなければ、放射能もない、大規模な発電施設も必要ないときた。
 装置さえあれば誰でも手軽にエネルギーを手に入れることができる。
 しかもその装置は小型のものであれば持ち運びができるほど小型。
 大型のものでも大型トラックで移送が可能なほどの大きさ。
 一家に一台置いておけるほどだ。

 そんな手軽な装置で、これまで高い金を払って得ていたエネルギーが簡単に手に入るのだ。
 発展途上国は我先にと食いついた。

 ダズドルディア国大統領は宣言をした国の代表を見て眉間に皺を寄せた。
 彼はこうなることを予見していた。
 しかし、それでも自国においてMAエネルギーを取り扱うことには頑として首を縦に振らなかった。
 そのせいで彼の支持率は急落しているが、意見を変えようとは考えていない。

 無から生み出される夢のエネルギー。
 そんなものは存在しない。
 そこにあるのであれば、どこかからそのエネルギーを持ってきているはずなのだ。
 そのどこからかが問題であり、そして本当にそのエネルギーに害はないのかということもまた問題なのだ。
 何せ未知のエネルギーだ。
 人体にどんな影響があるのかわかったものではない。
 併せて発表された人体進化方法も、はたして本当に安全なものなのか。
 大統領は、それを確認する義務があると思っている。
 それが確認されない限りは、どんなに便利で人々がこがれようとも、自国で解禁する気はなかった。

 しかし、それは自国だからこそ。
 他国がそれらを推奨するのを止めることはできない。
 働きかけることはできるが、最終的に決めるのは他国の政治家たちだ。
 大統領は再三にわたってその危険性を訴えてきたが、それを聞き入れてくれたかどうかは、現状が物語っている。
 たとえ危険かもしれなくとも、その危険に直面しない限り人は危機感を持つことができない。
 見えない危険に怯えるよりも、目の前の便利さを取る。
 ましてその便利さが、世界を一変させうるほどのものであればなおさらだ。

 もちろんすぐに飛びついた国々ばかりではない。
 石油や石炭の産出国は逆に最大の外貨獲得手段を失うこととなり、MAエネルギー反対論を強硬に訴えている。
 余裕のある先進国も静観する構えを取っている国が少なくない。

 それでも、世界の流れは傾いてきている。
 それというのも、MAエネルギーの危険性が証明されないからだ。
 使っても使っても尽きることなく、そして無から生み出せる。
 しかも今のところ不具合は出てこない。
 まさに夢のようなエネルギー。
 逸早くMAエネルギーを取り入れた国は瞬く間に発展していっている。
 それを指をくわえて見ているだけというのは、なかなかに我慢できるものではない。

 そして世論もまたMAエネルギー肯定に傾いてきている。
 MAエネルギーを使った人体進化法。
 全ての能力が底上げされ、何よりも寿命が延びるというそれを望む人間は多い。
 しかし、その施術を受けるには、MAエネルギーが必要なのだ。
 国がMAエネルギーの使用を解禁しなければ、施術を受けることはできない。
 ならば、MAエネルギーの解禁をと願う市民が多くなるのも必然だった。
 この傾向は特に先進国で顕著である。

 発展途上国はMAエネルギーに自国の発展の希望を託し、先進国は人体進化法に惹かれる。
 もはやこの流れを止める術はない。
 大統領とて、いつまでもダズドルディア国を止めていられるとは思っていない。
 任期はまだあるとはいえ、それも確実ではないのだ。
 罷免されることだってあり得る。

 大統領は嘆息する。
 わかっているのだろうか?
 この二つの論文を発表したのが、ポティマス・ハァイフェナスだということを。
 非道な人体実験を繰り返し、国際指名手配を受けている犯罪者だということを。

 そしてもう一つ。
 大統領には気がかりなことがある。
 それは、二つの勢力がMAエネルギーに対して否定的だということ。

 一つは龍。
 直接人間に干渉されなければ、向こうから接触してくることは稀な龍が、積極的に宣言しているのだ。
 MAエネルギーには手を出すなと。
 あの龍がだ。
 その時点で嫌な予感しかしない。

 そしてもう一つはサリエーラ会。
 会長であるサリエルがMAエネルギーに否定的な意見を出している。

 いずれも人間の常識の範囲外にある生物からの警告。
 これを無視するのは得策ではないと大統領は考える。
 しかし、それでも世界の流れは止まらない。
 止められない。

 この時、もっと無理にでも、それこそ軍事力に頼ってでも止めていればと、大統領は深く後悔することになる。
 しかし時間が巻き戻ることはない。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全278部)
  • 25431 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部)
  • 31463 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 26948 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 28289 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全297部)
  • 25327 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 17:51
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全366部)
  • 26255 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 12:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 25145 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 25922 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 37532 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部)
  • 25413 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 07:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 27894 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全533部)
  • 37543 user
  • 最終掲載日:2017/07/16 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 26793 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 08:36
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全373部)
  • 38732 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 23:07
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 26238 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 29975 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 04:45
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全161部)
  • 25183 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 38105 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部)
  • 34468 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 32879 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 44810 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 27663 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部)
  • 25797 user
  • 最終掲載日:2017/07/02 23:21
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全274部)
  • 39132 user
  • 最終掲載日:2017/07/15 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全164部)
  • 26282 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 19:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部)
  • 25683 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 20:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 30296 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1434部)
  • 25972 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 18:00
↑ページトップへ