挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
49/472

44 絶望からの脱出

 生き残った。
 そのことに喜びを噛み締める。
 生きている。なんて素晴らしいことなんだ。

 そう思うと同時に、ジワジワと心を絶望が侵食していく。
 これからどうしよう?

 巣は破壊された。
 それはもう完膚なきまでに。
 チラリと、ブレスと思われる攻撃跡地を見る。

 そこには、壁に巨大なクレーターが出来上がっていた。

 はは。
 おかしいよね。
 なんでクレーターが壁にできるかな?
 クレーターって、隕石とかが地面に落下してできるものでしょ?
 垂直の壁に、どうしてそんなもんができるかな?
 しかも、これ、大岩を貫通してこれだからね?
 おかしいよね。

 無防備に呆然としてるのに、蜂は襲いかかってこない。
 あいつらも、地龍に怯えているのかもしれない。
 そりゃ、あんだけの存在だもんね。
 怖がっても仕方ないよ。
 私だって怖い。

 本当に、これからどうしよう。
 蜂を突破して元の通路に戻るのは、できる。
 あくまで地龍のことを無視すればの話だけど。
 今回は運良く生き残れた。
 けど、もう一度同じことが起こったら、今度こそ生きてはいられないと思う。
 地龍の動きは明らかに巣のことを煩わしいものとして認識していたと思う。
 でなければ、あんな攻撃を撃つわけがない。
 つまり、今後巣を作るという行為は、地龍に睨まれる可能性が高いってわけだ。

 そうなると、巣は作れない。
 というか、怖くてそんなことできない。
 もう私の心はボッキリと折られている。
 地龍の逆鱗に触れるようなことを、したくない。

 たとえそれが勘違いで、地龍的には大した意味もなく私の巣を壊しただけだったとしても。
 あれほどの存在なんだから、その程度の認識で攻撃してきた可能性もなくはない。
 けど、か弱い私から見ればどっちにしろ結果は変わらない。
 地龍に出会えば死ぬ。
 それだけだ。

 私はそれを2度回避することに成功した。
 2度も幸運に恵まれた。
 けど、幸運だけだったとは思えない。
 圧倒的な地龍だけど、隠れている私には気づいていなかったんじゃないか?

 そう思う。
 そう思いたい。
 というよりも、そうでなければ私が縋るものがなくなる。

 私の唯一の生き残る道。
 ひたすら隠れて、なんとか地龍の生活圏から脱出する。
 これしかない。

 頼れるのは隠密のスキル。
 取ったときはそんなに役に立ちそうもないって思ってたけど、今はそれだけが命綱だ。
 スキルレベルは5。
 正直、少し心もとない。
 でも、やるしかない。

 私は決意を固めた。
 まずは地龍がどっちに向かったのか確認しないといけない。
 地面を観察する。
 そこには地龍の足跡が堂々と残っていた。
 地龍の足跡が向かった先を見る。
 そこには1本の大きな通路がある。
 あの先に、地龍がいる。
 それだけで緊張する。

 私は地龍が向かった通路とは逆に向かって進む。
 当たり前だ。
 誰が好き好んで地龍と同じ方向に行くものか。
 この道がどこに通じているのかもわからない。
 正直、気持ちを無視してでも縦穴を登ったほうがいいんじゃないかとも思う。
 けど、やっぱりムリだ。
 理屈じゃない、心がそれを拒否する。

 ゆっくり慎重に、身を隠しながら進む。
 最強の隠密兵器のダンボールが欲しくなるね。
 ふう。
 少しは気分的に落ち着いてきたかな?

 そういえば、落下した時にHPがだいぶ減ってたけど、今はもうすっかり回復してる。
 HP自動回復のおかげだね。
 探知の代わりにこっちをスキルポイント使って取っておいたほうが良かった。
 まあ、こうして自力習得できたから良かったけどね。
 さっきは心にそんな余裕もなくて確認できなかったけど、どれくらいのスピードで回復するんだろ?
 流石にスキルレベルが低いから、そこまで急速に回復することはないだろうけど、多少の怪我だったら放っておいてもよさそう。

 ああ、あと気になったのが、赤の総スタミナたるSPが減ってないことだね。
 なんでだろ?
 今までこんなことはなかったから、何かしら条件があって減らなくなったんだろうけど、それがなんなのかわからない。
 まさかとは思うけど、実際は減ってるのに、表示がバグって減ってないように見えるだけとかないよね?
 やだよ、いきなりスタミナ切れで行動できなくなるとか。
 いや、鑑定さんのことは信じてるよ?
 やれば出来る子だって信じてるよ?
 信じてるけど今までのやらかし率を考えると…。
 ホントに信じてるよ?

 鑑定もそろそろスキルレベルが上がるかもしれない。
 前に上がってからそれなりに時間が経ってるし、鑑定はずっと続けてる。
 6に上がってからのあの大躍進を考えると、次のレベルアップにも期待が持てる。
 そろそろスキルの表示とかが来てくれるとすごくありがたいんだけど。
 スキルの効果がわからないのはいい加減不便だしね。
 それに、効果不明のスキルの中に、今の状況を覆せるようなものもあるかもしれない。
 それはさすがに期待しすぎだと思うけど、少しは今の状況を好転させてくれるかもしれない。

 この絶望的な状況から脱出するために、今は少しでもプラス要素が欲しい。
 敵の位置情報が分かるスキルとかないものかな?
 それがあれば、常に地龍の位置を確認しながら進めるのに。
 探知が使えればよかったんだけど、役に立たないし。

 マップも欲しい。
 この道が本当に安全な場所に繋がってるのかもわからない。
 もしかしたら更に危険なエリアに直通してる可能性だってある。
 そうなったら、死ぬかな。

 とにかく今は自分の悪運を信じるしかない。
 頼むから、この道が今より安全な場所に通じていますように。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ