挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
487/487

過去編①

 男が試験管を振る。
 中には赤い液体が満たされており、試験管の中で控えめに波を作った。
 その試験管の中の液体を、マイクロピペットですくいあげる。
 男は慣れた手つきでマイクロピペットの中の液体を別の試験管に少量ずつ移していく。
 薬液の入った試験管に、赤い液体が少量ずつ加わり、それぞれに反応を示していく。
 それを眺めながら、男は次の作業に取り掛かる。

 男の手が止まることはない。
 男がいる場所は実験室とも、または病室とも似ている。
 両方の機能を備えているため、そのどちらでも正解だが、あえてその部屋をどちらかに定義するのであれば、そこは実験室だ。
 なぜならば、そこに横たえられているのは病人ではなく、男の実験の被験体、実験動物なのだから。

 男、ポティマス・ハァイフェナスはベッドに横たわる少女に冷たい視線を向ける。
 そこにあるのは実験動物へと向けるものであり、情は一切存在しない。
 それが実の娘であっても。

 並んだ試験管の反応が、加えられた赤い液体に前の日と変化がなかったことを知らせる。
 しかし、それは異常がなかったことを知らせるわけではない。
 その赤い液体には、少量の毒素が検出されている。
 ベッドに横たわる少女の血液から。

 ポティマスが少女に毒を盛っているわけではない。
 少女の体が毒を生成している。
 しかし、それは本来人間の体にはない機能であり、そのために生成した毒が血中に混ざりこみ、自身を蝕むという結果になっている。
 生まれた時からこの毒に体を侵されているため、少女はろくにベッドの上から起き上がれない生活を余儀なくされていた。
 しかし、健康体であろうと少女に人並みの生活ができたかと言えば、答えは否。
 少女の父親がポティマスであり、少女が真っ当な人間でない時点で、人並みの生活など送れるはずがない。

 少女は実験動物である。
 たとえ遺伝子上はポティマスの娘であろうとも、真っ当ではない手段で生み出された彼女は実験動物としてしか生きることができない。
 それも毒に蝕まれた体ではいつまでもつのかわからない。
 彼女はキメラ。
 人と動物の遺伝子を掛け合わせる狂気の産物。
 その数少ない成功例。
 受精卵に加工を施し、人に動物の特性を付加しようとした実験の末に生まれた。
 見た目は人間と変わりないが、その中身は歪なもの。

 少女に名前はない。
 ただ、記号のように、混ぜ合わせた蜘蛛の種族名をもじって、タラテクトと呼ばれている。


 ☆


 ポティマス・ハァイフェナスは物心ついた時から、周囲の人間とは違った。
 彼には理解できなかった。
 なぜ、人々はこんなにも悠長に過ごしていられるのか。
 人は死ぬ。
 それは避けられない運命であり、どんな偉人だろうと、どんな悪人だろうと、等しく訪れる。
 ポティマスにはそれが恐ろしくて仕方がなかった。
 常に死に怯え、死を思った。
 だからこそ、人々が普段死について何も考えていないのが不思議でならず、信じられなかったのだ。

 なぜ、恐れない?
 なぜ、抗わない?

 ポティマスは死にたくなかった。
 幼少の頃からいつか来るその時のことをずっと恐怖していた。
 どうすればその絶対を回避することができるのか。
 子供ながらにずっと考え続けていた。
 そして、ありとあらゆる分野の学問に手を出す。
 そこに活路がないかを知るために。

 結論から言えば、死を回避する方法などどんな学問にも答えはなかった。
 当たり前のことだ。
 それがなされていれば、人々が知らないはずがない。
 不老不死は万人が望む夢であり、夢であるからには実現できていないことなのだから。
 しかもその夢はいわゆる夢物語の世界のもの。
 実現は不可能であり、本気でそれを目指す人間は少ない類の、半ば伝説や神話の中の出来事のように信憑性のないものだった。

 それでもポティマスは諦めなかった。
 そこで諦めれば、いつか来る死を待たねばならない。
 そんなことはごめんだった。
 だから、ポティマスは本気で完成させようとした。
 不老不死、その秘法を。

 細胞学に基づいた科学的な方法での研究を進める。
 10に満たない年齢で飛び級して大学生となり、20に満たない年齢で数々の発見を発表しその名を世界中に轟かせた。
 しかし、肝心の研究は実を結ばない。
 科学だけでは限界を感じていたポティマスは、ついに禁断の研究に乗り出す。
 魔術という、人間に扱えない分野の研究を。

 世界には不思議な生き物がいる。
 その生態には謎が多く、人間の知恵ではその全てを解き明かすには至らない。
 その生物の中でも群を抜いて未知のヴェールに包まれている生物、それが龍。

 龍は山奥などの秘境にしか生息せず、人間との接触を断っている。
 下手に接触しようとすれば、その逆鱗に触れることになる。
 過去、龍の神秘を解き明かそうとした人間はいずれも手痛いしっぺ返しを受けている。
 そのため、龍についてわかっていることは少ない。
 ただ、科学では説明のつかない現象を引き起こす術を持っているというのは確定しているのだ。
 それを人々は魔術と呼んでいた。

 ポティマスはそこに着目した。
 なぜならば、龍は長命。
 伝承では不老とも言われるほど、龍は長く生きる。
 その長命の体の研究。
 そして、魔術という未知なる分野。
 それらの知識があれば、不老不死研究の完成に近づける。
 そう確信し、ポティマスは龍の研究に乗り出した。

 そして、それこそが破滅への序曲となる。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部)
  • 25092 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 10:52
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全247部)
  • 23237 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 11:48
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部)
  • 35761 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 18:14
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 26536 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全278部)
  • 28236 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 12:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部)
  • 23923 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 07:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部)
  • 31423 user
  • 最終掲載日:2017/03/28 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部)
  • 35081 user
  • 最終掲載日:2017/03/27 23:39
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全437部)
  • 29972 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 01:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全353部)
  • 23750 user
  • 最終掲載日:2017/03/22 12:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 27693 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 07:28
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全134部)
  • 26248 user
  • 最終掲載日:2017/02/01 21:10
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部)
  • 23860 user
  • 最終掲載日:2017/03/13 00:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全808部)
  • 25148 user
  • 最終掲載日:2016/11/16 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 35599 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 23953 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全524部)
  • 34731 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 18:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全398部)
  • 29536 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 17:45
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全321部)
  • 22842 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 13:06
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部)
  • 22304 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 18:05
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 35836 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 25615 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1318部)
  • 24256 user
  • 最終掲載日:2017/03/27 18:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 25157 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部)
  • 24007 user
  • 最終掲載日:2017/03/05 21:12
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 41170 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全245部)
  • 23855 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 00:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部)
  • 22790 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 00:00
↑ページトップへ