挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
469/499

287 この爺ちょっと訳がわからない

 やってきました王国の王城。
 城の中にいる人間に気づかれないようにこっそりと、空き部屋に陣取りました。
 まあ、今この城の中には限られた人間しかいないんで、そこまで神経質にならなくても大丈夫なんだけどね。

 城の中はあらかじめ夏目くんを使って人払いを済ませている。
 王国の王太子だとか王妃だとかも一時的に外に追い出して、ほとんど空の状態にしてもらってある。
 んでもって、夏目くんに適当に戦力を見繕ってもらって防衛させてるわけだ。
 まあ、今回の目的は山田くんに死者蘇生をさせることだから、そんなガチな防衛戦力を置いておくわけじゃないんだけど。

 あれ? だったはずだよね?
 なーんかすんごい見覚えのある爺がいるんだけど?
 私の見間違いでなければ、帝国で一番強いのがいるんだが。
 うん。何度見直してもそこにいるのは何度か見たことのある爺。
 最初にあの爺を見たのは、エルロー大迷宮の上層。
 マイホームを焼き払ってくれやがった騎士連中と一緒にいた。
 でもって、なんか知らんがその後弟子入り志願をしてきたりもしたんだよね。
 懐かしい。
 その時はすんごいキャラの濃いおっさんだったんだけど、あの時から年月も経って爺にクラスチェンジしてるわ。

 ううむ。
 あの爺、この前の大戦では第六軍のショタを撃ち殺してんだよな。
 間違いなく今の帝国の中じゃ一番強いはずなんだけど、なんでここにいるの?
 あんれー?
 夏目くーん? 話が違くねーかい?

 おいおい。
 これ地味にやばくね?
 だってあの爺、下手したら山田くんより強いよ?
 どうすんのこれ。

 まあ、いっか。
 どうせ山田くんが死ぬことは絶対にないし。
 最悪でも撤退はしてくれるっしょ。
 どうせ今回の作戦はさほど重要じゃないし。

 山田くんが爺を突破できなければ人質になってる第三王子とかが死ぬ。
 山田くんが爺を突破して、なおかつ死者蘇生を敢行すれば人質は助かる。
 それも、死者蘇生でポティマスの寄生魂が剥がれればの話だけど。

 第三王子にはポティマスの魂が付着している。
 ポティマスが王国の重鎮たちに仕掛けまくってたあれだ。
 その王国の重鎮たちは第三王子を抜かしてすでに粛清済み。
 結局ポティマスが王国で何をしたかったのかはわからずじまいだけど、あいつに好き勝手にやられるくらいなら、大粛清して掃除しちゃった方がマシ。
 ということで国王を始めとしてあの騒ぎに乗じて殺しに殺しまくったわけだけど、大島くんを蘇生させる山田くんを見てふと思った。
 一度死ねばポティマスの魂って剥がれるんじゃね? と。
 だって死んだらそれまで。
 システムの関係で、どうしたって死んだら魂は余計なものをそぎ落とされる。
 だったらポティマスの寄生魂だってそぎ落とされるはず。

 ただまあ、これは実際に実験してみないことには何とも言えない。
 山田くんの死者蘇生は、システムに魂が完全に持っていかれる前に呼び戻してるっぽいし。
 たぶんそぎ落としの作業に入る前に蘇生させないと成功しないんだと思う。
 なんで、ポティマスの魂もそぎ落とせないままに蘇生させちゃうかもしれない。
 まあ、そうなったらまた始末するだけなんだけどね。
 第三王子の命運は山田くんの蘇生にかかっているわけだ。
 爺突破しないとそこにたどり着くことすらできんかもしれんけどな!

 もう、ホントなんであの爺ここにおるん?
 夏目くん配役ミスってるっしょー。
 適当にそこそこの戦力配置してりゃいいのに、何で帝国の最高戦力配置するかなー。
 そこまで山田くんが嫌いか?

 その山田くん、竜の背に乗って急速接近中。
 ぎーんーのー、これ以上は危険だからやめとこう。
 ていうか、高空から竜の背に乗って侵入とか、よくそんなことするわー。
 私も自在に空飛び回れるんだけどさ、エルロー大迷宮で縦穴ダイブを経験しちゃったせいか高いところって苦手なのよね。
 必要があれば空も飛ぶけど、あんま高いところを飛びたいとは思わない。
 人間地に足つけてるのが一番だよ。
 私人間じゃないけど。

 さーて、そんな山田くんに対して爺はどうするのかな?
 A、対空射撃。
 お、おう。
 爺スゲーな。
 肉眼じゃほとんど見えないような高空を飛行してる山田くん一行に向かって、魔法の射撃をしよった。

 距離が届くのがすごい。
 魔法の射程距離っていうのは術者の魔法攻撃力のステータスの高さと、注ぎ込んだMPの量で決まる。
 あとはどれだけ魔法をちゃんと使いこなせてるか。
 ただスキルに頼って魔法を発動させてるだけじゃ、ダメ。
 きちんと魔法の発動する流れを把握して、どこにMPを余分に注ぎ込めばいいのか理解してないといけない。
 その点、爺はかなり理解してるっぽいな。
 私の記憶にある爺のステータスじゃ、あんな遠くまで魔法が届くわけないのに。
 それができてるってことは、相当余分にMPつぎ込んでるに違いない。
 かつて私に弟子入りしてきたあのおっさんが、今ではこんな立派になって。
 弟子にしたわけじゃないけど、なんかちょっとホロッときたわ。

 けど、まあ、そんだけ長距離飛ばせば威力は落ちるわな。
 山田くん目掛けて飛んで行った魔法はあえなく迎撃され、相殺されてしまった。
 ていうか、仮にも勇者である山田くんの魔法と相殺ってスゲーな。
 しかも、山田くんたちは隠密行動をしてたのに何事もなく看破してるし。
 爺、あんた何もんだよ。
 ホントに人間か、この爺?
 教皇といいこの爺といい、人間の爺連中はどっかしらおかしくね?
 爺という人間とは別種の生物だって言われても驚かんよ?

 ていうか、やばいなこれ。
 本気で山田くん撃墜されるんじゃね?

[あ、やべ。こりゃ、勝てんのう]
[ちょっ!? 老師!?]
[やめじゃやめ。撤退するぞい]

 そんな私の心配を、爺本人が裏切る。
 念話で弟子っぽい人たち全員にそんな愚痴みたいなことを言って、そのまま集団転移を発動。
 どっかに転移していった。

 ポカーンだわ。
 え、どうしてそこで撤退するの?
 事態について行けてないのは私だけじゃないらしく、山田くん一行も困惑してる。
 そりゃ、ねえ?

 ていうか、爺、お前あのまま続けてたら勝てただろ?
 集団転移を苦も無くこなしてみせたあの力量があれば。
 私の記憶してる限り、エルロー大迷宮で遭遇した時は集団転移発動させるにも相当な時間をかけてたと思うんだけど。
 あれから十数年経って、相当腕を上げたみたいね。
 その腕なら勇者一行が相手でも引けは取らなかったはず。

 なんで撤退したんじゃろ?
 訳がわからないよ。
 まあ、こっちとしても都合がいいからいいんだけどさ。
 なんか釈然としない。
参考資料
ま、待ってくだされ! 時点のロナント:魔法系ステータス1500物理系ステータス300
エルフの里戦時点のロナント:魔法系ステータス4000物理系ステータス400

前にも載せましたが、大事なことなのでもう一回。
この爺、成長しすぎである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ