挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

459/529

SS ハロウィン

本編とは特に関係のない小話になります
「とりっくおあとりーと」
「なんですか? いきなり押しかけてきて」

 ハロウィンの日、私はDのところに突撃していた。
 知らないのか!?
 ハロウィンといえば、お菓子を強請ることのできる二大行事の一つだというのに!
 ちなみにもう一つはバレンタインである。
 私は生物分類上一応雌なんだけど、そこは友チョコということで。
 友達いないけどな!

 と、今はハロウィンである。
 子供が大人にお菓子を強請るという、なんとも素敵なお祭りである。
 というわけで、Dにお菓子を強請りに来たのだ。
 気合を入れてこの日のために魔女っ娘コスまで作ってきたんだから。
 魔女っ娘蜘蛛子ここに完成!
 さあ、お菓子をよこすがいい!

「はい」

 そう言ってDが差し出したのは、一本十円で買えるスナック菓子だった。
 違うだろ!
 確かにこれ、名前の通りうまいけどさあ!
 こういうイベントではもっとちゃんとしたお菓子を用意するもんでしょ!

「そうは言っても、今手元にそれしかないんです」

 ぐぬぬ!

「せっかくだからその格好でお菓子買いに行きます?」
「え? やだ」

 こんな格好で外出るとか目立ってしょうがないじゃん。
 なんでそんな羞恥プレイをしなければならんのさ?

「だったらどうしてそんな恰好で来たんですか?」
「ノリ」

 Dの無表情の顔がこの時ばかりは怖いと思った。
 何考えてんのかわかんねーんだもん。
 私も対外ポーカーフェイスだと思うけど、Dほどじゃないと思うんだ。

 Dはしばし考えた後、おもむろに立ち上がった。
 座っていた時は何の変哲もない私服だったはずなのに、立ち上がった瞬間には私とおそろいの魔女っ娘コスに早着替えしていた。
 この海のりなんちゃらの目をもってしても着替えの瞬間がうんたらかんたら。

「では行きましょうか」
「ドコヘデスカ?」
「もちろん外にです」
「ナゼデスカ?」
「そのほうが面白そうだからです」

 抵抗むなしく、私はコスプレ祭りの会場に引っ張って行かれてしまった。
 双子の魔女っ娘として引っ張りだこだったとだけ言っておこう。
 疲れた……。
 今日の教訓。
 Dに下手にイベントを絡めるとろくなことにならない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ