挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

445/529

276 BBA無理すんな!

 山田くんを分体で見張っていると、やっぱりというべきか、新たな勇者に山田くんがなっていることが判明した。
 山田くんが教師にその口から証言しているので間違いなさそう。

 砦の攻略をワルドくんに任せ、魔王のところに転移する。
 何はともあれ魔王と相談しないことには始まらない。
 魔王がいる魔王軍本陣に転移すると、やたら殺伐とした空気になっている。

「いいところに来た。聞きたいことがある」

 魔王と一緒にいた黒が私と魔王を人気のないところに連れて行く。
 バルトが物言いたげに私たちのことをジッと見つめていたけど、結局何も言わずに見送った。
 多分、念話でブロウが死んだことを知ったんだと思う。

「あれを投入する必要があったのか?」
「あれって? 何かなー? あれだけじゃ私わかんなーい」

 私に向かって問いかけられた質問に、魔王が割って入ってはぐらかす。
 黒は魔王に一瞬だけ視線を向けながらも、すぐにまた私をジッと見つめて口を開く。

「クイーンタラテクトだ」
「ああ、あのでっかい蜘蛛さんねー。すごい偶然だよねー。戦場にいきなり転移してくるなんてさー」
「惚けるな」
「黒ちゃん、こわーい。白ちゃんたすけてー!」

 私への質問に魔王が答え、そんな魔王を見ずにジッと私を見つめる黒。
 その異様な雰囲気の中、私はだんまりを決め込む。
 黒に今回のことを教えるつもりはない。

「白ちゃん、せめて反応くらいは返して欲しいって、お姉さん思うなー」
「話を逸らすな」

 私が何も答える気がないと察したのか、黒が魔王に向き直る。
 そこからは魔王と黒の言い合い。
 魔王もクイーンタラテクトで行った虐殺の理由は知らないはずだけど、それについてとやかく言うつもりはないらしい。
 どころか、言葉の端々に、人族や魔族に対する鬱屈した思いが見え隠れしている。
 今までずっと我慢してきた分、少しくらい多めに殺してもいいと思ってるのかも。
 まあ、魔王の本心はどうであれ、私のことをかばってくれているのなら、私から言うことはない。

「それを言葉にしないとわかんないかなー? ねえ、底抜けの優しさってさ、底抜けの間抜けと紙一重だって思わない?」
「思わんな」

 しばらく魔王と黒の言い合いを観戦していたら、魔王が信じられないことを口にした。
 それはまるで、今回のことを知っているかのような口ぶりで。
 そして、女神の行動を非難しているかのようで。
 黒はその魔王の言葉を即座に否定したけれど、魔王がそんなことを言うということが、どれだけおかしなことなのか、わかってるんだろうか?

「あっそ。けどこれだけは覚えておいたほうがいいんじゃない? 優しさだけで救われるものなんて、タカが知れてるんだよ」
「私はその優しさに救われた。そして、それは我らをも否定することになるぞ?」
「そうだね。だからこそこうしてあんたと私は反目し合ってるわけだ」
「引く気はないのだな?」
「ないね」
「……わかった。今しばらくは付き合おう」
「さすが黒ちゃん! 話がわっかるー!」
「だが、どうしても納得できなくなったときは、容赦しない」
「あいよー。できればその時が来ないことを願うぜ」

 話は終わったとばかりに機嫌悪そうに出て行く黒。
 魔王はその姿を見送ってから、大きく息を吐いて脱力した。

「あー。殺されるかと思ったぜ」

 この世界で間違いなく最強の存在である魔王も、世界の理の外にいる神である黒には敵わない。
 威勢良く啖呵を切っていたけれど、内心結構緊張してたらしい。

「魔王」
「いいよ。言わないで」

 今回のことを説明しようとしたら、魔王に制された。

「というか、言わないで欲しい、かな。決意が鈍りそうだから」

 そう言って、魔王は背中を向けた。
 私の目には、背中を向けていてもその表情がわかる。
 魔王は相変わらずのヘラヘラした笑みを浮かべている。
 ただ、その表情の下で、泣きそうになっているんだということは、わかった。

 魔王はわかっていた。
 どうして私が予定外の行動を起こしたのか、その理由を。
 そこに、どんな意味があるのかを。
 自分の行いを、他ならない、救おうとしている相手に否定されているということを。

 わかっていても、私の口からその事実を聞くのは怖い。
 聞いてしまえば、立ち止まりたくなるから。
 そして、立ち止まってしまえば、きっと魔王はもうどこにも進めなくなる。
 それを魔王自身がわかっているから、聞くことを拒否したんだと思う。

 けど、それは逆に言えば、まだ立ち止まる気がないということでもある。
 たとえ女神に否定されても、それでも進む気でいる。

 強いなぁ。
 魔王は強い。
 神だとかステータスだとかなんだとか、そういうの抜きにして、私が知る人物の中で一番強い。
 眩しいくらい強い。
 その強さが、羨ましい。
 魔王には、これ以上ないくらいの誇りがあるから。

 私には、まだ胸を張れるような信念がない。
 誇りがない。
 だからこそ、この誇り高い魔王の手伝いを、本気でしてみたいと思ったのかもしれない。

 後ろを向いたままの魔王の体を抱きしめる。

「大丈夫」

 こういう落ち込んでる人を慰めることなんかしたことないけれど、今はそうすべきだと思った。

「私がついてる」

 Dとの契約もあるけれど、それ以上に、個人的な感情で、魔王の最期まで見届けようと思う。
 だから、その時が来るまで私はずっと魔王の味方だ。

「こうしてると、どっちがお姉さんかわかんないね」

 魔王が冗談めかして言う。
 魔王の見た目は幼い少女だからね。
 傍から見たら私の方がよっぽどお姉さんだろう。
 実年齢は魔王の方が断然上だけど。

「お姉さんっていうか、おばあさんだけどね」

 私はマザーの子供として生まれたわけで、そのマザーを生み出した魔王とは、おばあちゃんと孫の関係にあたるわけだ。
 なので、姉云々はどっちにしろ間違っているのだよ。

「あっは。確かにそうだった」

 BBAが笑う。

「ありがとう」

 そんでもってBBAは礼を言った。
 いえいえー。
 私おばあちゃんっ子ですんでー。
魔王と黒の会話全部は「人魔大戦裏」にて。

白的「心」戦闘力
魔王>先生>女神=教皇>鬼くん>>>超えられない壁>>>吸血っ子>ヘタレ
あくまでも白の主観なので異論は認める。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ