挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
4/475

4 (ついさっき)生まれて初めての(元から居た)ダンジョン探索

 さてさて。
 いつまでも同じ場所にいても仕方ないし、そろそろ移動しないとまずいよね。
 足跡があるってことは、人がいるってことだし、そいつらと鉢合わせになったら面倒なことになる予感しかしない。
 とりあえず、足跡が向かってる方と反対側に移動しよう。

 しかしこの洞窟、広すぎ!

 天井はずっと上、多分高さ100メートルくらいまであるし、横幅も同じくらいある。
 デコボコした岩があちこちにあるおかげで、ちょっと雑多な感じはするけど、それでも洞窟としてはかなり広々としてる。
 その広い道が枝分かれして広がってる。
 ここは、私が来た元の道、人の足跡が続いてる道、そして、今私が向かってる道の3本の道が交差する、Y字路だった。
 今私が向かってるのは、ちょうどY字の下向きに伸びてる道だ。

 私は手頃な大きさの岩に登って、そーっと道の先を覗いてみる。

 なんかおる…!

 見るからにモンスターな外見の化物がそこかしこにいた。

『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『鹿』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『蝙蝠』『狼』『狼』『狼』『狼』『狼』『狼』『恐竜』……

 鑑定が暴発した。
 いや、言われてみれば鹿っぽいけど、私の知ってる鹿は、あんな名刀みたいな輝きを放つ角はしていなかったと思うなー。
 空中をバタバタ飛んでる蝙蝠も、蝙蝠って言うよりかは、醜悪な齧歯類に悪魔の羽が生えたような感じだ。
 狼は比較的普通、かと思いきや、足が6本あるや。
 極めつけは、奥のほうで寝転がってる恐竜…。
 ティラノサウルスに角と鱗つければああなるかなー。
 恐竜っていうか、竜じゃね?

 ここを突破すんの?
 ムリじゃね?
 いやー、さっき生まれたばっかの小蜘蛛に無茶振りもいいとこだね。
 難易度ルナティックすぎでしょ。

 コソコソと岩を降りる。
 どうすっかなー。
 前はモンスターハザード。
 後ろは片や蜘蛛地獄、片や人間。
 あれ?
 これ、詰んでね?

 まあ、待て。
 落ち着き給え。
 こんなこともあろうかと、私はちゃんと解決策を用意していましたとも。
 まあ、そんな御大層なもんじゃなくて、単純にもう1本の道を見つけてたってだけだけど。

 どでかいY字通路のせいで目立たなかったけど、実はここにはもう1本脇道があった。
 壁に控えめに空いた穴みたいな通路だ。
 それでも高さは3メートルくらいあるし、横幅も同じくらいあるので、通る分には問題ない。
 問題があるとすれば、人の足跡がその通路から出てきているということだ。

 人がその通路から出てきてるってことは、その先にはこの洞窟、もといダンジョンの出口があるんじゃないだろうか?
 うーむ。
 出口、かー。

 外に出るのは、どうなんだろう?
 私が普通の人間だったら迷わず外に出るんだけどなー。
 だってこのダンジョン明らかにレベル高いし。
 私の魔物としての強さがどんだけあるのかわからないけど、パッと見でムリじゃねって思っちゃった時点で、戦うって選択肢はない。
 いやー、これがゲームだったら「死に戻り上等!」って突っ込んだかもしれないけど、現実に死んじゃったらアウトだし。
 自分の命を賭けてまで特攻しようとは思わない。
 安全マージンは十分にとりたい。

 そう考えると、このダンジョンから脱出するって選択肢は、悪くはない。
 悪くはないんだけど、じゃあ外に出て良いかというと、そうとも言い切れない。
 だって私魔物だし。
 少なくとも人の出入りがあるってことは、このダンジョンからそう離れていないところに、人の生活圏があるってことでしょ。
 人の領域にこんななりした蜘蛛が出現したら、そりゃ狩られるわな。
 外に出るってことは、そういうリスクもあるわけだ。

 けど、外に出て、ここより難易度の低い場所に住み着くっていうのはありかも知れない。
 上手く人の目から逃れられるかどうかは運次第だけど、それを言ったらこのダンジョンに残るって選択肢も、運次第でどうとでも転がってっちゃうんだし。

 よし、決めた!
 とりあえずダンジョンの出口を目指そう。
 そんで、出口らへんの様子を見て、可能ならここから脱出するってことで。
 人間がダンジョンの入口でテント張ってる可能性もあるしね。
 そうと決まればレッツラゴー!





 迷っちゃった(´∀`*)

 いやー。
 改めて言っていい?
 この洞窟、広すぎ!

 え、なんなのこの広大な迷宮は?
 さっきから道がむちゃくちゃ枝分かれしまくってんですけど?
 分かれ道の数?
 10数えたところでそれ以上数えるのは諦めました。

 魔物にも結構遭遇した。
 その度に逃げまくってたせいで、元の道もわからなくなっちゃった。
 足跡?
 そんなもんとっくの昔に見失ってるっての。

 あー、ないわー。
 この迷宮、攻略しようと思ったら地図は必須じゃん。
 出口見つけるどころじゃないわー。

 というかね、もうそろそろ空腹が限界。
 誰かご飯プリーズ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ