挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
35/475

32 成長期?

 ススススス。

 バサッ!

 グールグール。

 ガブッ!

 いただきます。

《経験値が一定に達しました。個体、スモールタラテクトがLV1からLV2になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《スキルポイントを入手しました》

 レベルアップきたねー。
 スキルがなんも上がんなかったのは悲しいけど、よしとしよう。
 お、獲物発見。

 ススススス。

《熟練度が一定に達しました。スキル『隠密LV1』を獲得しました》

 バサッ!

 グールグール。

 ガブッ!

 いただきます。

 ん?
 今なんか別の何かが混ざらなかったか?
 天の声(仮)がなんか言ってた気がする。
 うん?
 スキル?
 隠密?
 敵に発見されにくくなる的な?
 別に今まで見つかったことなんかほとんどないし、いらなくね?
 まあ、くれるって言うなら貰うけどさ。

 あ、獲物発見。


 ススススス。

 バサッ!

 グールグール。

 ガブッ!

《条件を満たしました。称号『暗殺者』を獲得しました》
《称号『暗殺者』の効果により、スキル『隠密LV1』『影魔法LV1』を獲得しました》
《『隠密LV1』が『隠密LV1』に統合されました》

 いただきます。

 ん?
 またなんか聞こえたな。
 称号?
 そういえば、悪食と血縁喰ライの称号取ってから、新しい称号手に入れたの初めてだなー。
 色々謎のダンスとかして新しい称号取れないか試してみたけど、結局何の称号も貰えなかったんだよねー。
 暗殺者ねー。
 ますます忍者っぽくなってきた気がする。

 おっと、獲物発見。

 ススススス。

 バサッ!

 グールグール。

 ガブッ!

《条件を満たしました。称号『魔物殺し』を獲得しました》
《称号『魔物殺し』の効果により、スキル『強力LV1』『堅固LV1』を獲得しました》

 いただきます。

 おお?
 またまたなんか聞こえたな。
 魔物殺し?
 いや、私このダンジョンの中でおもいっきし魔物殺しまくってんだけど?
 今更?
 あれかな?
 魔物撃破数で称号獲得的な。
 うーん。

 ふあ!?
 また獲物発見!

 ススススス。

 バサッ!

 グールグール。

 ガブッ!

 いただきます。

《熟練度が一定に達しました。スキル『過食LV1』を獲得しました》

 また?
 今日はなんかすごいなー。
 ていうか、なんだ過食って。
 スキル名としてそれはどうなの?
 これ、マイナス効果のスキルじゃないでしょうね?

 あー、でも食べたわー。
 進化してからというもの、お腹いっぱいにならなかったけど、ようやくお腹パンパンになったわー。
 やっぱ、あの食べた端から消えてく不思議現象は、進化直後限定っぽいね。
 よかったー。
 もしあのまま異次元腹がずっと続くようだったら、エンゲル係数がとんでもないことになるところだった。
 まあ、私お金なんか持ってないからエンゲル係数自体ないけど。
 無一文でーす。

 ………ちょっと待とうか。
 お腹減ってて、色々スルーしてきたけど、今日ものすごくアレがアレしてないか?
 アレをアレしてアレだからアレなのだね。

 うん。
 落ち着こうか。

 レベル上がった。
 それはいい。
 狩りをしてればそのうち上がるもんだし、上がったって不思議じゃない。

 隠密のスキルもらった。
 それもいい。
 役に立つかと言われると、まあ、ないよりいいんじゃね、位のあれだけど、貰えるなら貰っとく。

 称号手に入れた。
 これおかしくね?
 いや、称号手に入るのはいいよ?
 大いに結構だよ?
 けど2つも立て続けに貰うとかどんだけ?

 ええと。
 暗殺者と魔物殺しね。
 どっちも物騒な称号だこと。
 あ、私の持ってる称号どれもろくなのがなかったわ。
 今更ですよねー。

 で、暗殺者は忍者っぽい称号だね。
 手に入るのが隠密と影魔法っていうのがもろそんな感じ。
 影魔法って言うと、影の中に入ったりとかできるのかな?
 影に身を隠すとか、暗殺に役立つ魔法があるんでしょ。
 どっちにしろ使えないけどねー。
 だから魔法系は使い方わからんって言うとるやん!
 あー、取説プリーズ。

 魔物殺しの方は、よくわからんな。
 何?
 強力と堅固って?
 曖昧すぎてどういうスキルなのかわからん。
 うーん?
 ストレートに考えるなら、ステータスの腕力だとかの物理攻撃力と、防御力をそれぞれ底上げするスキル、になるのかな?
 それかもしくは時間限定で一時的にステータスを底上げする補助スキル的な。
 前者の場合はいいんだけど、後者の場合やっぱり使い方がわからんな。
 結局放置するしかないかなー。

 で、最後に過食?
 これ本当にマイナススキルじゃないでしょうね?
 仮にも女の子に過食とか、ちょっと軽く天の声(仮)に喧嘩売りたい気分になるんですけど!
 私がデブだと言いたいのか!?
 違う!
 断じて違う!
 ただちょっと食べたあとはポッチャリするだけだ!
 一晩寝ればスマートに戻るわ!
 見よこのスラリとした足!
 今にも折れそうなくらいの美脚!
 人間には到底実現できないような棒のような足を!
 これでもまだ私が太っていると申すか!?
 むしろ食後じゃなきゃ細いわ!

 ふー、ふー。
 …虚しい。
 前世から太ったなんて言われたことないし、ちょっと過剰に反応しちゃったじゃないか。
 逆にガリだとか骨だとかは言われたことあったけど…。

 まあ、でも、今日は大躍進の一日だったんじゃない?
 こんだけ色々もらったのは流石に初めてだし。
 この調子でバンバン貰えればいいなー。
 え、甘い?
 ですよねー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ