挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
345/487

217 若葉姫色

「勝確の起き攻めです」
「甘い」
「全弾ブロしますか。やりますね。ですが」

 KOの文字が画面に表示される。
 最後の最後で小足が刺さって終了。

「まーけーたー」
「私といい勝負ができただけ上出来です」
「まさかこの私がゲームで上から目線の発言を許す日が来ようとは」

 悔しい、けど、燃えてきた。
 今度はキャラを変えて再戦する。
 お互いのコントローラーが上げる音が室内を満たす。

 Dこと、本物の若葉姫色と対戦格闘ゲームで遊んでいる。
 流石私のオリジナルというべきか、めちゃくちゃ強い。
 それに、私はゲームが出来るという記憶はあっても、実際にゲームをするのはこれが生まれて初めて。
 その分のハンデがあり、私の操作するキャラは、私の思うとおりに動いてくれない。
 記憶と実際に操作する感覚がなかなか一致してくれない。
 それも、だいぶ修正できてきたので、それなりに戦えるようにはなってきたけど、Dから1ラウンド取るのはまだまだ出来そうになかった。

 何戦目かになる勝負が決着した時、外は暗くなっていた。
 こっちと向こうじゃ、時間の流れが違うようだから、あんまりこっちで長居すると浦島現象が発生しちゃう。
 名残惜しいけど、今日のところは帰ろう。

「じゃ、また来る」
「いつでもどうぞ」

 というわけで、転移して帰った。
 あ、しまった。
 お小遣いねだるの忘れてた。
 まあ、いっか。
 次回に持ち越しで。



 転移で帰ってくる。
 帰ってくるという表現が出るあたり、私にとっての世界はこっちの世界ということになるのか。
 確かに、私としての正しい記憶があるのはこっちの世界からで、あっちでの記憶はDに植えつけられた偽りの記憶。
 そういう意味でも、私が私として生きたのは、こっちの世界だということになる。

 まあ、そんなことはどうでもいいか。
 こっちの世界でも夜になっていた。
 魔王が起きていて、出迎えてくれたけど、軽く挨拶だけしてホームに引きこもる。

 こ、怖かったー!
 ないわー。
 あれ、ないわー。
 なんなのあれ?
 おかしいっしょ。

 なんかもう、神としての格だとかそんなレベルの話じゃないっしょ。
 勝てる勝てないとか、そういう話じゃなくて、もう根本的なところで怖い。
 あれだ、幽霊に感じるような怖さっていうの?
 理解不能な恐怖。
 それを、私はDに感じた。

 底なしの深淵を垣間見せるあの目。
 神としての力をほとんど封印しているのにもかかわらず、私に恐怖を抱かせるその視線。

 あれに逆らうとか、ムリだわー。
 ちょっとフィーリングが合う合わないの話じゃないわー。
 自称最悪の邪神とか、実物見ると笑えない。
 言葉で想像できるものがいかに貧弱なものか認識させられるわ。
 いくら言葉を重ねたところで、あれの恐ろしさを表現できるわけがない。

 うちのご主人様こえーっす。
 逆らうとかムリっす。

 私が初めてDの存在を認識したのは、叡智のスキルを獲得した時。
 その時、天の声(仮)がDの名前を告げたのが始まり。
 次は、黒と初遭遇した時。
 スマホが唐突に出現し、そこからDを名乗る声が聞こえてきた。
 これが、私とDのファーストコンタクト。
 その後もちょいちょい干渉してきたけど、その度に私は不気味に思っていた。
 どうしても相容れないような感覚。

 その理由に思い至ったのは、神化してから。
 神化することによって、私の魂は変革を起こした。
 その時、魂にこびりついたものに気づいた。
 それは私の根幹、神性領域にあった。
 あった、というか、それが私を飲み込み、私という存在そのものになっていた。

 それは、若葉姫色の記憶。
 もともとの私を塗りつぶして、私となった存在。
 それが意味することに、気づいてしまった。
 私は、若葉姫色の記憶を持っているだけの、違うものだということに。

 それに思い至れば、今まで感じていた疑問や違和感がピースのようにカチリとはまった。
 名前なしと表示された私。
 吸血っ子は今世の名前と前世の名前が表示されていたのに、私はいつまでたっても名前なしだった。
 若葉姫色という名前が表示されることはなかった。

 スキルポイントが低かったのもそれで納得できる。
 元の私は生物の格が低い。
 だから、魂の力の一部であるスキルポイントが低かった。

 そして、極めつけはDという存在と、私の記憶の齟齬。
 Dは言った。
 Dのいる教室で爆発が起き、それに巻き込まれた他の生徒をこちらの世界で転生させたと。
 そして、私が思い浮かべる限り、Dに該当する人物はいない。
 私自身、若葉姫色を除いて。

 思えば、いろいろと私の記憶には無視できない矛盾や欠落があった。
 両親の顔すら覚えていない。
 自分のことを最底辺と自己評価しながら、顔は美人だと認識する。
 性格にしても、記憶と現状では明らかな違いがある。
 他人など路傍の石コロ程度に認識していたはずが、その他人の目を気にしてイラ立ちを隠せないでいる。

 そして、私はDの正体と、私の正体に思い至った。

 教室には、一匹の蜘蛛が巣を張っていた。
 男子が叩き潰そうとするのを、岡ちゃんが止めていた。
 それどころか、生物係なんてものを作って、世話をしようとまで提案していた。
 結局、選ばれた生徒が大泣きして拒否したので、それは実現しなかったけど。

 その蜘蛛は教室にずっといた。
 周りは自分よりも大きな人間たちだらけ。
 いつ死んでもおかしくない状況。
 ほとんどの人間に疎まれ、気味悪がられた。
 その中で、必死に生にしがみついていた。
 教室の中で最底辺の存在。

 それが、私。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ