挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
34/499

31 新しいスキルを得た、ぞ…

 ふうー。
 よし。
 新しく獲得したスキルを試してみよう。

 まずは操糸から。
 名前の通りのスキルなら、これで私の蜘蛛糸の利便性がグッと上がるはずだ。
 無敵に素敵だった蜘蛛糸が更に強くなるとか、最高だよね。
 とりあえず今までどおり糸を出してみる。

 問題はその先だ。
 糸の操作の仕方がわからないと、このスキルを取った意味がない。
 ここは鑑定の時みたいに、念じてみよう。

 動けー、動けー。
 お、なんかちょっと糸に違和感が。
 んん?
 なんだろう?
 糸の中になんか入っていってるような、言葉にしづらい妙な感覚がする。
 あえて例えるなら、糸の中に神経が入っていくかのような。
 これは、いけるかな?
 糸の中に入ったそれに、動けと命令を送ってみる。

 ぐぐぐぐぐ。

 そんな擬音が聞こえてきそうなくらいの緩慢な動きで、糸がちょっとずつ動く。

 うん。
 動きはしたね。
 どう頑張っても戦闘の役には立たなそうな動きしかできないけど…。

 ああ、わかってた!
 ちょっと覚悟はしてたさ!
 こういう可能性も考えてたさ!
 私の中じゃ、動いただけまだましな方さ!
 期待なんかしてなかった、してなかったんだからね!

 ハー。
 あれ?
 MPがちょっと減ってる?
 今までMPが減ってるところなんか見たことないけど、操糸の影響だよね?
 へー、操糸はMP消費するのかー。
 まあ、MPなんか今まで使ってなかったし、別にいいんだけどねー。
 とりあえず暇なときにでもMP消費してスキルレベル上げるようにしよう。
 これも長い目で見ればきっと役に立つって信じよう。


 気を取り直して次は探知だね。
 うん。
 期待はしない。
 なんせこれ、操糸以上に博打要素が強いし。
 使えるのかわからない。
 ぶっちゃけ私が求めてる索敵の機能があるのかどうかすら不明。
 全く別のなんだお前は、的なスキルである可能性もなくはない。
 それに操糸があんなだったし、前に取った鑑定もあんなだし、正直スキルレベル1には期待しちゃいけない。
 目当ての機能があって、使い方もわかれば万々歳だと思わないと。

 とりあえず、鑑定の時みたいに念じてみる。
 何となく瞑想するみたいな感じをイメージしてたんだけど、それが大当たりだったっぽい。
 今まで何も感じなかったのに、急に色々なものを感じられるようになった。

 え?
 何これ?

 一つ一つの情報はものすごく希薄で何が何やら判別できない。
 けど、その量が尋常じゃない。
 そこかしこから色々なものの情報がドバっと私に流れ込んでくる。

 うぐっ!

 鑑定を大量にした時みたいな、猛烈な情報量に頭がぶん殴られたみたいな衝撃が走る。
 慌てて探知を切る。

《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV1』が『探知LV2』になりました》

 は?
 早すぎない?
 え、マジで今のでスキルレベル上がったの?
 いや、確かにとんでもない量の情報を拾ったみたいだけど、え、本当に?

 イヤイヤ。
 ちょっと待とう。
 そもそもあれは何だ?
 私の想像してた探知と全くこれっぽっちも似ても似つかない謎現象が起こってるんだけどそこのところどうなのよと声を大にして叫びたい気分なのですが天の声(仮)さん説明を要求してもよろしいでしょうかダメですかそうですね!

 ふー。
 落ち着こう私。 
 よし。
 あの謎現象を確認するためにも、もう一度探知をしてみよう。
 ちょっと心構えを作ってからじゃないと危ないな。
 すーはー。
 よし、探知開始。

 さっきよりも更に大量のよくわからない情報が流れ込んでくる。

《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV2』が『探知LV3』になりました》

 だから、早いって!
 ぐ、そろそろ限界。
 探知を切る。
 ぶはー。
 あー、しんどい。

 けど、なんとなくわかってきた。
 そう、探知なんだよね。
 スキルの名前は探知。
 何を(・・)探知するかは言ってないもんね。
 この探知のスキル、私の考えが正しければ、思った以上の効果がある。
 というか、思った以上の効果がありすぎて、逆に使えそうにない。

 つまり、探知のスキルは、周りに存在するすべてのものを探知して、その情報を使用者に届けてしまうスキルなんだと思う。

 そりゃ、情報量過多で頭の処理も追いつけなくなるわ。
 確かに、敵の位置を探るための索敵の機能もその中には含まれてるけど、あんな情報の洪水の中からそれだけをピックアップして役立てるなんて、私のちっぽけな脳みそじゃ出来るわけないでしょ。
 あんなもん、スーパーコンピューター並の処理能力がなきゃムリでしょ。

 うわ、まさか、逆にスキルが高性能すぎて使えないとか想像してなかったわ。
 どんな落とし穴よ。
 なんなの?
 これ考えた奴は、スキルには何かしらトラップ仕込まなきゃ気がすまないの?

 あー。
 なんにせよ探知は使えないわ。
 操糸と違ってスキルレベル上げてどうにかなる問題じゃないもん。
 というか、下手にスキルレベル上げちゃうと、私の頭が爆発しちゃうんじゃないか?
 もう、一生御蔵入りさせるしかないじゃん。
 ないわー。

 スキルの返却ってできないもんかな?
 できないっすよねー。
 うあー、やっぱ私にギャンブルの才能はないっぽい。
 やっちまった感が半端ないわー。
 ハー、萎える。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ