挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

338/529

鬼VS鬼④

 ちょっと、冗談じゃないわよ!?
 朱海をまともに頭からかぶって、あれだけしかダメージがないなんて!
 しかも、ポチタイプの噛み付きもそこまで効いてない。

 影魔、ポチタイプは私の召喚できる影魔の中で、最高の攻撃力を誇っている。
 他にも索敵向きのピヨタイプとか暗殺向きのチュータイプとかあるけれど、攻撃力で言えばポチタイプには及ばない。
 影魔は私自身と同じスキルをいくつか持った状態で召喚され、ポチタイプは物理攻撃力に特化したスキル構成をしている。
 そのポチタイプの攻撃を受けても、鬼人には少ししかダメージを与えられていない。

 ちょっと、ステータスの差を舐めすぎていたかしら?
 今のところ優勢に進められている気がするけれど、接近されたらまずいかも。
 静止の魔眼が効いてくれればいいんだけど、それまで私が鬼人を近づけずに牽制し続けられるかどうか。
 ちょっと厳しいかも。
 ご主人様の邪眼なら通ったかもしれないけれど。
 魔眼は特定の種族か、特殊な才能がないと取得できないスキルで、私の場合種族が吸血鬼だったおかげで取得することができた。
 ご主人様の邪眼はその威力が上がったバージョンで、私の魔眼はいわゆる劣化版。
 それでも、取得自体が困難なスキルだけあって、その効果は我ながらえげつないと思えるもの。

 その魔眼すら、鬼人には通じていない。
 現状、私が鬼人を倒せる手段は、静止の魔眼で相手の動きを封じるか、このままチマチマダメージを与えていって削りきるか。
 どっちにしろ長期戦を覚悟しなきゃならないわ。

 案の定、鬼人はダメージを覚悟で突っ込んできた。
 そうよね。
 朱海もポチタイプも致命傷にならないのなら、このまま回避を優先するより、ダメージを受けてでも接近戦にもつれ込ませたほうがいいものね。
 長期戦がむこうにとって不利なことはわかっていると思うし、逆に短期決戦なら私のほうが不利だってことも。

 けど、私がそれを素直にさせると思う?
 温存していた魔力を開放。
 並列意思を起動。
 朱海に追加して、氷と闇の魔法が鬼人に襲いかかる。

 氷と闇の槍が飛翔し、鬼人の体に突き刺さる。
 あ、刺さってないわ。
 血が出ているから少しはダメージを与えられたようだけど、その身を貫通するまでには至っていないわね。
 やっぱり、ステータスの高さと耐性スキル、それに何より龍力の魔法阻害効果が厄介ね。
 使ったコストに対して、与えられるダメージは微々たるもの。
 けど、0じゃない。

 絶え間ない攻撃は確実に鬼人のHPを削っている。
 自動回復があっても私が与えるダメージの方がわずかに多い。
 それに、多重の攻撃による足止めも成功していますし。
 このままいけば私の勝ち。
 そう簡単にいくとも思えませんけど。

 ほら、空間から剣が出てきましたよ。
 って、多いですわ!
 ちょちょちょ、ちょっと!
 何百本ありますの!?
 あれ、全部爆発する剣なの?
 そんな数の剣が爆発したら、ここいら一帯消し飛ぶんじゃありません!?

 それはまずいわ。
 離れているとはいえ、まだ付近には同じ学園に通う生徒がいますし。
 仕方ありませんね。
 本当なら止めように温存していた切り札、ここで切るしかないわ。

 剣が飛ぶ。
 それは、まるで刃の壁。
 相手の体を切り裂き、貫き、さらに爆発するという凶器。

 私はその刃の群れに向かって、魔法を発動させます。
 氷獄魔法「輝霧」。
 白く輝く美しい霧。
 その実態は触れるもの全てを凍らせ、粉々に砕く死の霧。
 それが、私の血霧と混ざり合い、朱に輝く霧となる。
 ご主人様にも見せたことのない、私の最大の攻撃。
 名前をつけるとしたら、輝血霧とかかしら?

 剣の群れと輝血霧がぶつかる。
 剣が爆発し、衝撃が輝血霧に襲いかかる。
 けど、その衝撃も、すべてを凍てつかせ、溶かし尽くし、塵へと返す輝血霧を全て吹き飛ばすことなんて出来ません。
 爆風すら凍てつかせる輝きの前には、全ては無力。

 流石というべきか、輝血霧も半分以上が削られてしまったけれど、残り3割程度残っています。
 ご自慢の剣飛ばしを防がれて、呆然としている鬼人に向けて、残った輝血霧をけしかける。

 我に返った鬼人が、空間から新たな剣を引き抜き、振るう。
 同時に地が盛り上がり、巨大な壁となって輝血霧の行く手を遮る。
 けど、そんな壁で私の奥義を防ごうだなんて、ちょっと見くびられてません?

 輝血霧は、酸で物質を分解し、急速に冷凍し、砕く。
 ただの土など、盾にもなりません。
 土の壁をなんの抵抗もなく崩壊させ、輝血霧が鬼人に迫る。
 鬼人はそれを、炎をぶつけて相殺しようとしました。
 結果、炎が押し負け、鬼人の右腕を奪います。

 最後の最後で炎でだいぶ威力を減らされてしまい、片腕だけしか持っていかれませんでしたか。
 あわよくばこれで決着、なんて考えていましたけど、そう甘くはないようですね。

 尤も、片腕を失った状態で、さらなる私の追撃に耐えられるでしょうかね?

 輝血霧のあとを追うように、朱海とポチタイプが鬼人に襲い掛かります。
 さらにさらに、私自身も新たな魔法を構築し、追い打ちをかけます。
 さらにさらにさらに、並列意思の1つがもう1度、輝霧の発動準備に取り掛かります。

 朱海に溺れるか、ポチに噛み砕かれるか、魔法に貫かれるか。
 それを凌ぎ切った先に、もう1度輝血霧が迫ったら、耐えられるかしら?

 半ば勝ちを確信した瞬間、朱海が爆散し、ポチが切り裂かれ、魔法が砕け散り、私の体に刃が押し込まれた。

 何が、起きたの?
 ダメージ、私がダメージを受けた?
 天鱗に守られた私が?

 吹き飛ばされ、地面を転がり、起き上がって自分の体を確認してみれば、右腕が半ばまで切り裂かれていました。
 このくらいならすぐに再生しますが、問題なのは私の体にダメージを入れられたということと、鬼人が何をしたのか私には全く理解できなかったということ。

 けど、顔を上げて鬼人を見れば、その答えがわかりました。
 全ステータス、99999。
 ありえないわ。
 ちょっと頭おかしいんじゃないかしら?
 そんな冗談が思い浮かんだけれど、あながち外れてもいなさそう。

「ガアアァァァァ!」

 鬼人が吠える。
 その吠え声には理性の欠片もなく、ただただ狂ったような破壊の意思だけがありました。

 思い当たるのは1つ。
 憤怒。
 私が警戒していたスキル。
 それが、発動されたということでしょう。

 誤算なのは、ステータスの上がり方が私の想定をはるかに上回っていたこと。
 倍くらいなら許容範囲だと思っていたけど、これはどうしようもないわ。
 ちょっと、まずいかも。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ