挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
337/499

鬼VS鬼③

 これ酷くない?
 反則だよね?

 僕に向かって赤い液体が迫って来る。
 周りの木を溶かしながら。
 たぶん強酸攻撃による効果だと思うけど、木が溶けるスピードが尋常じゃない。
 触れた先から形を崩して、赤い液体が通り過ぎる頃には完全に溶けきっている。
 あんなものにまともに触れたら、僕の防御力でも危険だ。
 それが四方八方から縦横無尽に襲いかかってくる。
 液体だからその動きは自由自在。
 しかも、動きが意外と速い。

 僕は赤い津波から逃げつつ、爆裂剣を射出する。
 5本まとめて撃ちだした爆裂剣は、少女に迫り、その手前で赤い液体の分厚い壁に阻まれた。
 これだ。
 攻撃だけでも厄介なのに、防御にも使えるなんて。
 爆裂剣の爆発で、いくらかは四散させることができるけど、それもすぐに補充されてしまう。
 こっちの爆裂剣には限りがあるし、あまり無駄撃ちはできない。
 対してむこうはMPが続く限りいつまででも戦い続けることができる。

 そのMPにしても、底が見えてこない。
 使った端から急速に回復していく。
 もしMPの枯渇を狙うなら、かなりの長期戦を想定しなきゃならない。
 僕も、ストックしてある魔剣だけじゃなく、この戦いの最中に急造で魔剣を錬成する必要がありそうだ。

 そんな風に思っていたけど、相手は長期戦をする気なんてサラサラないようだ。
 少女の影が大きく膨れ上がり、その中から赤黒い姿の狼のようなものが這い出してくる。
 吸血鬼の能力の1つの、影魔か。

『影魔 LV―
 ステータス
 HP:3000/3000(緑)
 MP:1/1(青)
 SP:2500/2500(黄)
   :2500/2500(赤)
 平均攻撃能力:3000
 平均防御能力:2500
 平均魔法能力:1
 平均抵抗能力:1500
 平均速度能力:3000
 スキル
 「破壊大強化LV2」「打撃大強化LV1」「斬撃大強化LV3」「貫通大強化LV1」「衝撃大強化LV1」「強酸攻撃LV8」』

 ちょっと待て。
 強すぎないか?
 これ、僕がそこらで見る魔物なんかよりよっぽど強いんだけど……。
 スキルを少しだけでも持ってるっていうのが驚きだ。
 しかも、1匹だけかと思ったら影の中から次々に出てくる。
 合計8体の影魔が少女の前に並ぶ。

 そして、少女が手を掲げた瞬間、弾かれたように飛び出す。
 赤い津波と、赤黒い影魔が同時に襲いかかる。
 いや、これ避けるなんて無理でしょう。

 赤い津波をどうにか避けた先に、影魔が飛び込んでくる。
 対応しきれずに、影魔の牙に噛み付かれる。
 噛み付いてきた影魔を切り伏せ、残りの飛びかかってくる影魔に雷撃をお見舞いする。
 その次の瞬間、頭上から水が降ってくる。
 同時に感じる肌を溶かす痛み。

 久々にダメージをくらった。
 けど、耐えられないほどじゃない。
 酸の耐性は持っていないけど、自前の防御力だけでかなりダメージを軽減できている。
 雷と炎の力を解放し、体にまとわりついた赤い水を弾き飛ばす。
 これなら、浴び続けるでもしなければ、致命傷にはならない。

 少女もそれを理解している。
 だからこそ、その目を僕に向け続けている。
 魔眼の力が宿った目を。

 呪怨と静止の魔眼。
 効果はそれぞれ呪怨の魔眼が僕のHPMPSPを吸収するというもの。
 僕も呪怨というスキルを持っていて、効果も似たようなものだけれど、見ただけで相手の力を吸収できる魔眼に対して、僕のスキルは直接相手に触れないと発動できない。
 見ただけでいいなんて、ちょっと高性能すぎると思う。
 その分吸える量は少ないみたいで、僕のHPとかはあんまり変化していない。
 静止が麻痺という状態異常を引き起こす魔眼。
 どっちも厄介だけど、特にまずいのが静止の魔眼。
 麻痺状態になったら、何もできなくなる。
 今は抵抗に成功しているけど、時間が経てば効果が蓄積して麻痺してしまうかもしれない。
 最悪さっき言ったように、あの赤い津波を延々くらわされるなんてことになりかねない。
 そうしたら、いくら僕でもいつかは死ぬ。

 死ぬ。
 あれ?
 僕は死にたいはずだ。
 なのに、勝つことを考えている。
 どうして?

 僕の内心の戸惑いを無視するかのように、体は勝手に動く。
 ダメージを受けることを覚悟で、影魔に突っ込み、切り伏せていく。
 もちろん影魔にかかりっきりになった隙を突いて、赤い津波が僕に襲いかかる。
 体が飲み込まれ、溶かされていく。
 それを雷と炎で吹き飛ばす。

 ん?
 出力が、弱い?
 ハッとして雷刀と炎刀を見る。
 雷刀と炎刀は、刀身が半分溶け、耐久値を大きく減らしていた。

 やられた。
 僕の体は耐えられても、僕の持つ武器までは耐えられなかった。
 狙っていたのかどうかはわからないけど、武器破壊は僕にとって相性が悪い。
 悪いけど、最悪ではない。

 雷刀と炎刀にMPを注ぎ込む。
 修復。
 幻想武器錬成のスキルレベルが上がり、僕は魔剣の修理ができるようになっていた。
 これで、雷刀と炎刀もまだいける。

 けど、失ったMPは馬鹿にできない。
 幻想武器錬成は便利な反面、MPの消費が激しい。
 そう何度も何度も修復はできない。
 こうなると、長期戦は逆に僕のほうが不利。

 僕が憤怒を発動させずに勝つには、MPが切れる前に接近戦を挑むしかない。
 異次元に保管してある他の魔剣も惜しげもなく使うしかない。
 それだけこの少女は強い。
 出し惜しみしていたら勝てない。

 少女が再び影魔を召喚する。
 徹底的に遠距離戦に徹する構えだ。
 それなら僕は、如何にして接近するかが肝になる。

 まただ。
 また僕は勝つことを考えている。
 少女が強ければ僕を殺してくれる。
 それでいいじゃないか。
 それで、よかったはずだろ?
 なんで僕は勝つことを考えている?

 葛藤を抱えながら、僕は少女に向かって突っ込んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ