挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
334/487

鬼10 空虚

 目に付く全ての生き物を殺していく。
 動くものすべてが憎い。
 視界の端で揺れる木の葉にさえ苛立ちを覚える。
 剣神との戦いで、僕の理性はギリギリ戻った。
 けど、果たしてこれを戻ったと言えるんだろうか?

 一目見て無害だとわかるただの動物を切り捨て、その肉に貪りつく。
 これではただの理性なき獣と変わらない。
 いや、獣でも満腹の時には無駄な狩りを行わないだろうし、目に付くもの全てを殺している今の僕は、獣以下のただの外道。

 殺すのは動物だけじゃない。
 僕から逃げる人間もたくさん殺した。
 勇敢に立ち向かってくる男も、子供を庇う女も、庇われた幼い子供も、自らその身を差し出して時間を稼ごうとした老人も、全て殺した。

 僕は、なんでこんなことをしているんだろう?
 わからない。
 罪もない人々を殺すたびに、吐き気を感じる。
 けど、それ以上に殺意と怒気が上回る。

 殺せという声が頭の中で木霊する。
 怒りに任せてその言葉に従う。
 殺すたびに嫌な気分になり、それがそのまま苛立ちになり、殺意となって次の獲物を探す原動力になる。
 どん底にまで落ちていく負の連鎖。

 剣神を倒したことによって、僕はハイオーガからオーガジェネラルに進化していた。
 そこからさらに、殺戮を繰り返し、鬼人へと進化した。
 ジェネラルからの進化先で、オーガキングというものもあったけれど、僕はなんとなくこちらを選択していた。
 変化は劇的だった。
 それまで進化する事に大きくなっていっていた僕の体格が、一気に縮んで普通の人間サイズになった。
 それだけなら驚きも少なかっただろうけど、水に映りこんだ僕の姿を見た瞬間、僕は息を飲んだ。
 そこには、前世の僕の顔が映っていた。
 額に2本の角が生え、少しだけ精悍になったような印象があるけれど、それは紛う事なき昔の僕の顔だった。

 なんで今更。
 そんな感想が頭の中に浮かんだ。
 そして同時に、納得もした。
 ああ、そうか、僕は逆戻りしていたんだな、と。

 鬼人に進化して、禁忌というスキルのレベルが10まで上がった。
 そして得た禁忌は、僕の心をへし折るには十分な破壊力があった。
 胃液を吐き、がむしゃらに暴れまわり、より一層の殺意を持って、生きているものの殺戮を開始した。

 憤怒に支配され、ただ殺す日々。
 禁忌を得る前は、罪もない人々を殺すことに罪悪感を覚えながら、それでも自分の意思では止められないことに絶望していた。
 それが、禁忌を得てから、少しだけ心が軽くなった。
 殺戮に正当性ができたから。

 そんな自分の心情に、憤怒する。
 スキルによって齎される、仮初の憤怒ではない、心の底からの憤怒。
 何が正当性だ。
 そんなもの、後付けの理由でしかない。
 結局僕は、自分の仕出かした罪に、正義という免罪符をつけて言い訳をしているだけに過ぎない。
 禁忌の内容は確かに酷いものだったけれど、それで僕が殺戮をしていいなんて理屈にはならない。

 同じなのだ。
 前世の人間であった時と。
 僕は間違っていない。
 だから、暴力を振るってもいい。
 違うのは、暴力を振るったあとに、自分は間違っていないと主張していることくらい。
 本質は同じ。
 自分の正しさを盾にして、自分の罪を正当化していること。
 だから、姿が人間だった頃に近づいているのかもしれない。

 前世では、意思は正しく、暴力は罪だった。
 今世では、意思は罪で、暴力は正しかった。
 もう僕には、何が正しくて、何が正しくないのか、わからない。
 わからないのに、行動は止まらない。
 僕の意思も正しさも置き去りにして。

 誰か、僕のことを止めて欲しい。
 あのゴブリンの村に帰りたい。
 正しさも罪も考える必要のない、あの場所に。
 けど、もうあそこには何もない。
 誇り高い戦士も、厳しくも温かい家も、何もかも。

 それに、もう僕を止められるものなんていない。
 鑑定石で見れば、僕のステータスは憤怒を使わなくても、1万を越える大台になっていた。
 僕のことを止めに来た氷龍も、憤怒を使うことなく撃退することができた。
 ゴブリンだった時に、竜は山脈の中でも特に危険な魔物だと教わっていた。
 その竜の上位種である龍すら、僕のことを止められなかった。

 今の僕は目に付く全ての生き物を殺すだけの、ただの機械だ。
 そこに僕の意思はなく、空虚な中身のない怒りだけがある。
 殺し、喰らい、次を探す。
 それだけの存在。

 僕に生きる意味はあるんだろうか?
 剣神との戦いで、意識を取り戻さなかったほうが良かったのかもしれない。
 それだったら、本当の意味で何も考えることのない、ただの機械に成り果てることもできたのに。
 あるいは、剣神が僕を殺してくれていたならば。

 ああ、そうか。
 僕はもう、死にたいんだ。
 こんな世界で、こんな状態で生きていたくない。
 なんでこの世界はこんなにも苦しいのだろう?
 僕は、どうしてこんなに苦しい思いをしているんだろう?
 わからない。

 死にたい。
 なのに、自分の意思では死ねない。
 体は勝手に生存するための行動をとり続ける。
 獲物を追いかけ、殺し、喰らう。

 山脈を越えようとしている集団を追いかける。
 いつの間にか国堕としなんて称号があるし、山脈のこちら側では随分沢山の命を奪った。
 剣神の動きを思い出しながら動き続けたせいで、僕にも剣神の称号がついてしまった。
 その事実は、なんだかレイガー・バン・レングザンドを汚すかのようで、気分が悪くなった。

 山脈を越えたところで、追いかけていた集団を見失った。
 まあ、どうでもいい。
 殺したくて追っていたわけじゃない。
 むしろ、見失って良かった。

 だというのに、謎の集団に襲われた。
 前に戦った騎士たちとも、その前に戦った統一性のない戦士集団とも違う、魔法と弓を主体にした奇妙な集団だった。
 殺してみてから、妖精殺しなんて称号が増え、衣服を剥いで正体を確かめてみたら耳の尖った種族だった。
 地球だったらエルフと呼びそうな種族だ。
 何のために僕に襲いかかったのかは不明だけど、無駄死にだった。
 エルフはかなり強いけど、僕の敵ではなかった。

 もう、僕を殺せるものはいないのかもしれない。
 そう諦め始めても仕方が無かった。
 けど、諦めるにはまだ早かった。

 僕の目の前に、少女が立ちふさがる。
 その口は笑みを型どり、目は爛々と闘志を漲らせている。
 上品な装いと顔立ちからは想像できない、悪鬼羅刹のような気配だった。

 悟る。
 この少女は強い。
 僕を、殺せる可能性があるほどに。
 そして、僕は淡い期待を持った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ