挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
325/487

冒険者VSオーガ

[討伐クエスト:オーガ特異個体]
[近郊の森にオーガが出現した。通常のオーガ種と違い、高い戦闘能力を持つ特異個体である。先遣隊はほぼ全滅。生存者の情報からオーガはいくつかの特殊な能力を持つと推測される。推定危険度B~]

 ギルドのクエストボードに張り出されたその依頼を、人だかりが眺める。
 彼らは件のオーガが出現した際、他のクエストで出かけていたり、休暇を取っていて討伐に参加しなかった高ランクの冒険者だ。

 彼らの目的は1つ、オーガ特異個体の討伐クエストを受けること。
 同じギルドの仲間が殺された敵討ち、ランクを上げるための足がかり、報酬の金、討伐した際の経験値。
 理由は様々だが、皆一様にオーガを狙っていた。

 しかし、相手は情報の少ない特異個体。
 しかも、Cランク以上の冒険者パーティーを複数相手にして、その全てを返り討ちにするほどの危険度。
 危険度B~とは、最低でBということで、その上限は未だ不明。
 それゆえに、ギルドマスターは今回の討伐を、冒険者を複数集めて数の暴力で一気に決める作戦に出た。
 ギルドに集まったのは、その討伐戦に参加する意思を持った冒険者たちなのだ。

「諸君、よく集まってくれた!」

 集まった冒険者を前に、ギルドマスターが声をかける。

「知ってのとおり、今回の相手はオーガの特異個体だ!ステータスは通常のオーガよりも高いと思われ、スキルも未知のものを含めて通常種を上回っている!」

 ギルドマスターの言葉を、普段は粗野な冒険者たちが黙って聞いている。

「特筆すべき特徴は3つだ!」

 それは、生き残った数少ない先遣隊の冒険者が持ち帰った情報だった。

「1つは異常な回復能力!既存のスキルでは説明のつかん、異様な回復の仕方をする!体が突如発光したかと思うと、次の瞬間には傷が跡形もなく消え去っていたそうだ!しかも、MPやSPまで回復していた節さえあるという!オーガを追い詰めたパーティーもいたが、この回復のせいでやられてしまった連中もいる!」

 ギルドマスターの言葉に、冒険者がザワザワとしだす。
 そんな中、1人唇を噛む青年の姿があった。
 ルクッソと呼ばれる若手の有望株。
 彼は、先遣隊の生き残りだった。
 そして、彼を逃がすために犠牲になった仲間の敵討ちのため、傷を癒して討伐クエストに参加していた。

「2つ目!急激な戦闘能力の上昇!気闘法に似ているが、明らかに違う!発動時間は短いが、これが発動している間はステータスが跳ね上がっている!見た目の変化はないから勘で対処しろ!」

 なんとも大雑把な対応だが、それこそが冒険者の戦いでもある。
 臨機応変。
 それこそが冒険者にとっての基本であり、奥義でもあるのだから。

「3つ目!オーガは魔剣を所持している!しかも、2本だ!」

 さっきまでよりも大きなざわめきが起こる。
 特殊な力を持った魔剣は、非常に数が少ない希少品。
 それを、オーガが持っている。
 通常のオーガが持つ武器など、木の棒や石斧くらいのもの。
 異常だった。

「静まれ!」

 ギルドマスターの一喝で、騒いでいた冒険者が一斉に黙る。

「ギルマス。1つ質問だ」

 そんな中、1人の男が手を挙げる。
 Aランク冒険者のゴトーだ。

「オーガ討伐後、その魔剣の所有権はどうなる?」

 ギルドマスターに視線が集まる。
 その眼差しには、隠しようもない欲がある。
 魔剣を持つのは冒険者にとって一種の憧れであり、同時に純粋なステータスとなる。

「最も功績の大きかった2名にやる」

 歓声が上がる。
 冒険者のやる気が一気に上がる。

「では、出発!」

 士気は高く、練度も高く、数も多く。
 それゆえに彼らは負けるということを考えない。




「聞いてないぞ、オイ」

 ゴトーは周囲で巻き起こる絶叫の中、1人冷や汗を拭った。
 錯乱した冒険者がゴトーの隣を走り抜け、その下半身が消し飛んだ。
 何もなかったはずの地面が、いきなり爆発したのだ。
 その謎の爆破攻撃に、冒険者たちはあっという間に混乱の渦に叩き落とされ、次々と数を減らしていく。
 どこから攻撃が来ているのかさえわからない。
 逃げ惑うにしても、どこに逃げればいいのかわからない。
 ただ、走り回った末に爆破される。
 そんな地獄絵図が展開されていた。

 もしこの場に転生者がいれば、それが地雷原の景色であるとわかったかもしれない。
 冒険者たちは謎の攻撃から逃げているつもりで、実際には自分から地雷を踏みに行っているのだ。

 仕組みは単純。
 幻想武器錬成によって、自爆の効果とありったけの炎の属性を持った魔剣を錬成し、地面に埋めておくだけ。
 自爆の効果はその名のとおり。
 魔剣に宿ったエネルギーを一気に爆発させ、通常よりも大きな破壊力を生み出す攻撃。
 そのかわり、1度使えばその魔剣は耐久値を全て無くし、壊れてしまう。

 地雷原の中を右往左往する冒険者たちに、今度は遠距離からの攻撃が飛来する。
 その直撃を受けた冒険者は、その身に大きな風穴を空けて吹き飛んだ。
 まるで砲弾でも直撃したかのような有様。
 しかし、飛来したそれは、剣。

 耐久値に特化した剣を、筒状の入れ物に入れ、自爆魔剣の爆発を利用して飛ばす。
 即席の大砲だった。

 下からは地雷が、遠くからは砲撃が、冒険者たちを容赦なく襲う。

 ゴトーは状況を確認し、引き返す。
 ゴトーはその観察眼によって、爆発する攻撃は背後では起こっていないことを見抜いていた。
 後退するならば、爆発の攻撃は来ない。
 ゴトーは逃げ出したのだ。
 当たり前である。
 勝ち目がないのだから。

 下からは地雷が、遠くからは砲撃が、では本体は?
 ゴトーはその答えを見てしまった。
 千里眼のスキルによって。
 そこには、ゴトーとなじみの深い、同じAランクの冒険者のネッグ、その生首をぞんざいに放り捨てるオーガの姿があった。

 ゴトーが覚えている限り、ネッグのしていた話ではオーガの身長は人と大して変わらず、進化する毎に大きくなっていくという。
 ゴトーが千里眼で見たオーガの身長は、人よりも一回り大きかった。
 進化し、Aランクの冒険者さえ軽くひねり潰す実力。
 その上での、この地獄を作り出す未知のスキル。

 この日、ゴトーは生き残り、他の冒険者の大半が蹂躙された。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ