挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
293/494

血9 従者

 メラゾフィスの血を吸う。
 吸血鬼としての本能が、どうすればいいのか教えてくれる。
 今までに味わったことがない、甘美な潤いが喉を通る。
 全て飲み干してしまいたい衝動を抑え込み、力を送り込む。
 メラゾフィスの体が大きく痙攣し、私の力を受け入れていく。
 その身を、新たに作り替えていく。

《熟練度が一定に達しました。スキル『吸血鬼LV1』が『吸血鬼LV2』になりました》

《条件を満たしました。称号『始祖』を獲得しました》
《称号『始祖』の効果により、スキル『眷属支配LV1』『状態異常耐性LV1』を獲得しました》
《『睡眠耐性LV4』が『状態異常耐性LV1』に統合されました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『状態異常耐性LV1』が『状態異常耐性LV3』になりました》

 牙を抜く。
 同時に、青白い顔をしたメラゾフィスがゆっくりと起き上がる。
 背中の傷はいつの間にかふさがっている。

 こっちの様子に気づいた男の1人が駆けてくる。
 振り下ろす短刀。
 それを、メラゾフィスは自分の腕で受け止めた。
 肉に突き刺さり、骨を砕き、刃がメラゾフィスの腕を貫通する。

 それを気にもとめず、メラゾフィスは男の顔面を殴りつけた。
 メラゾフィスの拳が男の顔面を捉え、そのまま壁に叩きつける。
 壁と拳の間に挟まれ、フードに包まれた男の頭が潰れる。
 同時に、メラゾフィスの拳も、自分自身の力に耐えられずに砕ける。

 メラゾフィスが砕けた手で息絶えた男を持ち上げる。
 その首筋に噛み付く。
 私の位置からでは背を向けているから見えないけど、襲撃してきた男たちからは、メラゾフィスの喉が血を嚥下しているさまが見えたことだろう。

 異様な空気に飲まれたかのように、動きが止まる。
 そんな中、唯一人メラゾフィスだけが動く。
 腹が満たされたのか、男の死体を投げ捨てる。

 そして、吠えた。

 それは、人のものとは思えないような、身の毛もよだつ叫びだった。
 男たちははっきりと顔に恐怖を浮かべる。

 メラゾフィスが硬直する男達に、吠えながら突進していく。
 1番近くにいた男が、我に返って迎撃する。
 男の剣がメラゾフィスの腹を切り裂く。

 が、止まらない。
 メラゾフィスは腹を切り裂かれながらも、男の顔面を殴り飛ばした。
 男の体が吹き飛び、別の男に激しく衝突する。
 その首はありえない方向に曲がり、殴られた箇所は見るも無残なことになっている。

 けど、そこまでだった。
 腹を切り裂かれ、両方の拳を潰し、それでもメラゾフィスは男達に立ち向かおうとした。

「いつまで遊んでいる?」

 メラゾフィスの体が、宙を舞った。
 魔力が働いたことを見るに、おそらくは風の魔法。
 新たに現れた人物、路地の奥側にいた男たちと同様のフードをかぶった女の仕業だ。
 凄まじい衝撃で吹き飛ばされたメラゾフィスの体が、地面に激しく叩きつけられながら私のすぐそばに転がってくる。

 いくら吸血鬼化しても、メラゾフィスはもともと平凡な力量しか持たない。
 従者としてある程度の力はあるものの、戦闘を生業にしている人間と比べるとどうしても劣る。
 毎日素振りをして鍛錬しても、地力が違う。
 レベルという地力が。

 従者であるメラゾフィスは冒険者や兵士と違って、魔物と戦う機会は少ない。
 その分レベルが低い。
 どんなに鍛錬を積もうと、レベルの差は埋まらないし、実戦経験の差もある。
 何よりメラゾフィスの本職は従者であり、戦闘は専門外なのだ。
 本職の人間には例え同じレベルだったとしても勝てないだろう。

 吸血鬼化し、己の身を顧みない特攻をしても、その結果は覆らなかった。

 倒れたメラゾフィスと、私の目が合う。
 メラゾフィスの目は、虚ろだった。
 その虚ろな目に、私の姿が映り込む。
 恐怖に怯え、酷い顔をした私の姿を。

 ハッとした表情を見せるメラゾフィス。
 その目に徐々に活力が戻ってくる。
 ボロボロの体を、気力だけで立たせる。

 新たに現れた女が、元いた男の半数、路地の手前側にいた男たちを昏倒させる。

「吸血鬼か。まだ成り立てでステータスは低めなようだが、成長されると厄介だな」

 女が感情の伺えない乾いた声で話す。

「始祖は、そこの赤子か」
「いかがいたしますか?」
「殺せ」

《熟練度が一定に達しました。スキル『恐怖耐性LV1』が『恐怖耐性LV2』になりました》

 あっさりと放たれた言葉に戦慄する。

「よろしいのですか?」
「オカには戦乱に巻き込まれて間に合わなかったと伝える。吸血鬼は生かしておくと後々厄介なことになりかねん」
「わかりました」

 男たちがメラゾフィスににじり寄る。
 メラゾフィスは立っているだけで限界なはずだ。

「お嬢様には、手出しさせん」

 だというのに、この男は立ち塞がる。

「大人しくしていれば楽に死なせてやるものを。なぜその小娘にそこまでする?それは世に災厄を齎す吸血鬼だぞ?」

 女が問いかける。

「そんなことは関係ない。お守りすると、そう約束したのだ。そう、託されたのだ」

 メラゾフィスは即答する。

「くだらんな」
「イヤイヤ。なかなかに骨のあるいい男じゃないか」

 心底くだらないと思っているかのような、何も感じていないかのような声。
 それに続く、この殺伐とした場にはそぐわない陽気な声。

「やあやあ。魔王少女アリエルちゃん、美幼女とその従者のピンチに華麗に参上!」

 余りにも場違いな変な女の登場に、空気が凍りついた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ