挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
29/487

27 進化するよー!

 レベルアップと同時にとんでもないことを告げられた。
 進化、だって?
 それはつまりあれか?
 某ポケットなモンスターを育てるあのゲームみたいな感じか?

《進化先の候補が複数あります。次の中からお選びください。
 レッサータラテクト
 スモールタラテクト》

 お、おう。
 えーと、ちょっと待ってね。
 ジャストアモーメント。

 よく考えよう。
 これは人生の大事なターニングポイントだ。
 人生じゃなくて、蜘蛛生だけど。
 とにかく、安易な選択はしちゃダメだ。

 進化する。
 まあ、それはいい。
 ゲームみたいな世界だし、そういうものがあってもおかしくはないってことにしとこう。
 そこらへん突っ込み始めたらキリがない。

 で、進化って言うからにはまあ、パワーアップはするんでしょう。
 進化できるんだったらしたほうがいいに決まってる、はず。
 うーん。
 あくまでゲーム知識だからあれだけど、ものによってはあえて進化しないほうがいい場合もあるんだよねー。
 まあ、そういうタイプはマイナーだから、進化する方向で考えちゃっていいと思うけど。

 問題は、進化先が2種類あることか。
 レッサータラテクトとスモールタラテクトね。
 名前だけ聞くとあんま変わんない。
 レッサーかスモールの違いしかない。
 あー、鑑定が天の声(仮)にも使えればいいのに。
 そうしたら違いがはっきりわかるのに。

 んー。
 まあ、大体想像はできるかな?
 レッサータラテクトの方は、多分成体になるってことだと思う。
 名前からスモールがなくなってるしね。
 逆に、スモールタラテクトの方は、レッサーがなくなってるから、劣化種族から上位種族になるってことかな?
 ただ、そのままスモールが付いてるってことは、幼虫のままだと。

 多分その認識で間違いないはず。
 そう考えると、どっちを選択するかは決まっちゃうなー。

 スモールタラテクト一択でしょ。

 劣化種のまま進化してもあんまりいいことなさそう。
 それに、スモールタラテクトってことは、もう一段階進化が残ってるんじゃないかな?
 スモールが取れてただのタラテクトになる進化が。
 進化でどれだけ変化があるのかは分かんないけど、少なくとも進化したほうが強くなるのは間違いないはず。
 それなら、より進化の回数が多いほうを選んだほうがいいに決まってる。
 もしかしたらレッサータラテクトの方も、進化できるかもしれないけど、希望的観測でそっちを選ぶ気にはなれない。

 それに、レッサータラテクトを選択した場合、どんだけ体が大きくなるのかわからないのも怖い。
 成体になるってことは、多分体も大きくなるはず。
 進化を選択していきなり大きくなることは、多分ないとは思うけど、絶対ないとは言い切れないからなー。
 こんなファンタジーな世界だし、進化しまーす、ボフン、でっかくなっちゃった!な展開もないとは言い切れないのが怖い。
 その可能性があるうちは安易にその選択はできない。
 まさか、あの巨大蜘蛛と同じサイズになるとは思えないけど、今いる通路でしっかり行動できるくらいのサイズに収まってくれないと困る。

 前に見たフィンジゴアットという魔物がいたけど、その魔物はこの3メートル四方の通路を埋め尽くすような巨体だった。
 あんな状態じゃ、身動きも大変そうだった。
 多分あの魔物はもっと広い場所に本来なら生息してて、あの個体はたまたま狭い通路に迷い込んじゃったんじゃないかと思う。

 そう考えると、巨体で身動きができなくなるって可能性もある。
 だったらサイズは今のままのほうがいい。
 それもスモールタラテクトを選ぶ理由の一つだ。

 うん。
 決めた。
 スモールタラテクトに進化します!

《個体スモールレッサータラテクトがスモールタラテクトに進化します》

 あ、はい。
 結構唐突に進化って始まるんですね。
 天の声(仮)はいつも唐突に聴こえてくるけど、もうちょっと情緒っていうのか、そういうのに気を配って欲しい。
 せっかく進化するってい、うの、に、、な、、、、。





《進化が完了しました》
《種族スモールタラテクトになりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度進化ボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『禁忌LV1』が『禁忌LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『外道魔法LV1』が『外道魔法LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『腐蝕耐性LV1』が『腐蝕耐性LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『韋駄天LV1』が『韋駄天LV2』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

 うお!?
 え?え?
 私、いつの間にか寝てた?
 いや、なんか急に意識が遠のいて、プツッと途切れた感じ?
 これ絶対進化の影響だよね?
 ちょっと天の声(仮)さん、進化するとき気を失うんだったらあらかじめそう言ってよ!

 ううん?
 進化は終わったのかな?
 なんか、見た目そんな変わったように見えないんだけど?
 あ、鑑定が切れてる。
 よし、ここは確かめる意味でも自分に向けて鑑定っと。

『スモールタラテクト LV1 名前 なし
 ステータス 弱い』

 お!おお、お?
 んんん?
 種族名が変わったってことは、進化は成功してるっぽい?
 けど、LV1?
 あれ、進化するとレベル下がる的な?
 え、まさかとは思うけど、ステータスとか下がってないよね?
 ステータス弱いから変わってないから判断ができない。
 ていうか弱いままなのか…。

 それよりも気になるのが、赤の総スタミナゲージがほぼ空になってることだ。
 それでか、さっきから妙に怠くて、お腹がめっちゃ空いてるのは。
 多分進化でエネルギーを使っちゃったってことなんだろうけど、餌の備蓄が大量にあってよかった。

 進化は一応成功したっぽいけど、これ安易にやっちゃうとすごい危険だな。
 気を失うし、お腹減るし。
 もし次の機会があったらちゃんと事前に準備しとかないとまずいなー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ