挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
258/496

196 蜘蛛というより、蟻

 せっせと穴を掘る。

 ギュリギュリと飲み会したせいで無駄に1日潰しちゃった。
 酔いつぶれて気付いたら魔王と地龍の戦いは終了していた。
 しばらく最下層をうろついた魔王は、その後上に向けて移動を開始している。
 ルート的に、クイーン担当とかち合いそうだ。
 クイーン担当にはもうそれは伝えてあるから、うまいこと逃げてくれるでしょう。
 クイーン担当ももう転移を使えるくらいには回復しているだろうしね。

 そんなわけで魔王の動向を気にしつつ、ギュリギュリに邪魔された保存食作りを再開した。
 海釣りである。

 ギュリギュリが注意でもしたのか、その後水龍が釣れることはなかった。
 水竜はやっぱり大量に釣れたけど。

 そうそう。
 今まで水竜と水龍しか釣れてなかったけど、改めて大量に釣り上げてみると、中には水竜じゃない純正の海産物も出てきた。
 どうも水竜が肉食で餌によく食いつくだけで、普通の魚もいるにいるらしい。
 ヒット数はかなり低いけど。

 そうして釣れた大量の餌を、火魔法を駆使して燻製にした。
 まあ、適当に海水染みこませて燻しただけのなんちゃって燻製だけどね。
 本格的な燻製なんてやったことないし、やり方も知らない。
 なので、それっぽい感じになるようにしただけ。

 ええのよ、それで。
 味とかよりも優先すべきは保存性。
 それに、多少持ってくれれば、悪食の称号効果で腹を壊すこともないだろうし。
 腐りかかったらその都度交換すればいいだけだし。
 というわけで、完成した燻製もどきを作り上げた拠点に適当に配置してきた。

 拠点の数はすでに2桁を超えている。
 適当にいろいろな場所に穴掘って作ったのが7箇所。
 街の地下に1箇所。
 エルロー大迷宮内に3箇所。

 エルロー大迷宮に関しては灯台もと暗しの発想で。
 街は理由有りであえてそこを選んだけど、その他に関してはホントに適当。
 ここらへんでいっかーていう感じで穴掘って拠点にした。

 んで、今はさらに拠点の数を増やすべく、穴堀中というわけです。
 ただし、今回はちょっと気になることがあって、適当に掘っているわけじゃなかったりする。

 私が今いる場所は、エルロー大迷宮から出て、真っ直ぐ前にずっと進んだところにいる。
 拠点作りと、行動範囲の拡大を目的に、今まで行ったことのない方向に足を伸ばしてみた。
 それで、拠点作りに良さそうな場所を探してたんだけど、探知に妙なものが引っかかった。
 足元の地下に空間が出来ていた。

 深さは結構あり、長さもどうやら結構長いようだ。
 土越しなのでさすがの探知も詳しいことはわからない。
 興味を駆られた私はその空洞目指して穴を掘り進んでいるわけ。

 しかし、改めて探知って便利だよねー。
 今回目指しているのは空洞だけど、これ、使いようによっては温泉とか掘り当てることもできるんじゃない?
 あ、それいいかも。
 完全な蜘蛛型の時は気にしてなかったけど、人型が追加された今はお風呂に入りたい欲求に駆られる。

 なんでかっていうと、匂うのよ。
 蜘蛛型からはそんな匂いはしないんだけど、人型の方から匂いがする。
 多分蜘蛛型と人型とでは代謝の仕方が違うんだと思う。

 そういうわけで、今までは気にしてなかったんだけど、ちょっとお風呂に入りたい気分になっているわけ。
 嗅覚強化がこんなところで役に立つとは思わなかった。
 蜘蛛型の方も匂い自体はあるんだけど、人型と比べると別の匂いだったりする。
 普通の人の嗅覚ではそんな匂いなんかわからないだろうけど、犬並みの嗅覚の持ち主だったら違いが分かるかもしれない。

 まあ、見つけられればの話だけどねー。
 そうそう都合よく温泉なんかないって。
 今は謎の空洞に向けてレッツらゴー。
 て言ってももう着くけど。

 ボコッと掘っていた穴が貫通して、空洞と繋がる。
 中は、高さ3メートル程の円形のトンネルだった。
 そんでもって、天井から現れた私に突き刺さる無数の視線。

 アリダー

 まあ、知ってたけど。
 穴掘ってる途中で探知で中になんかいるのはわかってた。
 ここはどうやら蟻の魔物の巣らしい。

 体長2メートルほどの蟻が私のことを見上げてきていた。
 鑑定の結果、どうやらこいつらはエフェジゴアットという種族らしい。
 エルロー大迷宮にいた蜂を思い出す名前だ。
 蜂は確かフィンジゴアットって名前だったかな?

 ステータスもなんか似てる。
 ただ、こいつらには毒針も飛翔もない。
 代わりに酸攻撃なるスキルがある。
 おまけに生意気にも土魔法が使えるようだ。

 まあ、だからどうしたって話だけどね。
 いくら地の利がある巣で数がいようと、私とでは自力が違いすぎる。
 こんなのが地上に大量に現れたら、人間だったらピンチだろうけどね。

 サクッと殲滅、アンド制圧完了。
 巣の奥には親衛隊みたいな進化個体とか、クイーン蟻とかがいたけど、そいつらもまとめてお片付けした。
 ちょいちょいつまみ食いしつつ、せっかく大量に手に入った食料だから、そのままここを拠点の1つとして使わせてもらうことにした。
 蟻の死骸を奥のクイーン蟻がいた広い空間に押し込み、そこに卵を産む。
 これでここの食料は心配なし。

 わざわざ自分で拠点を作る必要がないし、食料も経験値も手に入る。
 一石二鳥どころか一石三鳥だわ。
 ここと同じような蟻の巣を見かけたら、積極的に襲撃していこう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ