挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
235/487

180 分体、動く

 さて、本体は意気揚々と出て行ったものの、状況はあんま宜しくない。
 最下層の地龍どもがなんで魔王と敵対してるのかは知らないけど、あの魔王と戦って勝てるとは思えない。
 クイーンの記憶を受け継いでいる私は、同じ最下層の住人だった地龍たちの実力はある程度把握している。
 地龍の長はそれなりに強いけど、それでもクイーンには及ばない程度。
 たとえ群れたとしても、魔王の圧倒的なステータスと、反則的なスキルの前には意味を成さないだろう。

 どうも地龍たちはその辺を理解しながら魔王に戦いを挑んでいるフシがある。
 でなければ、明らかに時間稼ぎとわかる逃げ腰戦法を、あの誇り高き地龍どもが取るはずがない。
 けど、地龍が時間を稼ぐ意味がわからない。
 何を待っている?

 ギュリギュリ?
 いや、魔王がこんだけ派手に動き回ってるのに、今だに出てこない時点であの男が関与してくることはないと思う。
 管理者の権限を持ってるギュリギュリが、自身の配下の様子を把握してないっていうのは考えにくい。
 把握した上で、放置しているんだと思う。

 となると、地龍が魔王を襲っているのはあいつらの独断ということになる。
 長い間最下層に篭って動かなかった地龍が、独断で魔王という遥か格上の相手に挑む。
 その意図がわからない。

 わからないことをこれ以上考えても仕方がない。
 地龍がギュリギュリの意思を無視して勝手に動いたように、私も本体の意思を無視して動くことにしよう。

 あー、テステス。
 聞こえているかね諸君?
〈感度良好どうぞー〉
(同じくどうぞー)
〔同じくどうぞー〕
「同じくどうぞー」
 うん。
 やっぱ魔王担当からの応答は無しと。
〈え?何かあった?〉
 現在進行形で魔王担当は魔王に攻撃を続行中。
 それに対して魔王も必死に応戦してる。
 ぶっちゃけこっちと連絡取るほど余裕がないんだと思う。
〔マジかー。ていうか、死んだふり作戦はどうしたのさ?〕
 あー、それね。
 多分魔王には死んでないってもうバレてる。
(ダメじゃん!)
 でなきゃ、魔王担当が勝手に攻撃仕掛ける意味が分かんないしね。
「となると、私らも動いたほうがいい?」
 うん。
 本体は復活したてで浮かれてるから、代わりに私が連絡したわけ。
(了解。じゃあ、行動開始するわ)
 それぞれ侵食率はどんなもん?
〈85%ってとこかな〉
(80%ちょい)
〔70%くらいかな?〕
「う、60%くらい」
 低。
「仕方ないじゃん!私が発生したの一番遅いんだもん!」
 まあ、そうなんだけど。
 なるべく急いでくんない?
〔今までだって急いでるよ〕
 それを承知で。
(随分焦ってるじゃん。なんかやばいことでもある?)
 これは、まだ確証があるわけじゃないんだけど、魔王と魔王担当、うちらと違ってかなり接戦なんだよね。
 で、どうもね、侵食してはいるんだけど、逆に取り込まれてる感もあるんだよね。
〈まずいじゃん!〉
 まだ、どっちに転ぶかは分かんないけど、最悪取り込まれる可能性もあるわけ。
(まずいね。そうなると反則の魂直接攻撃が通用しないってことになる)
〔となると、魔王とはガチ勝負になる?〕
「あれと?」
 そういうわけなのだよ。
 今は少しでも本体の戦力を底上げしておきたい。
 だから、なるべく急いで残りのクイーンを取り込んじゃいたいわけ。
〔オーライ。状況は理解した〕
〈直ぐに取り掛かるわ〉
 よろしく。

 ふう。
 これで他のクイーン担当も動き始めた。
 流石に本体が弱体化した状態で動くのは危険すぎるから自重してたけど、復活した今なら魔王以外にはそうそう遅れは取らないはず。
 復活して浮かれてるから思わぬところでポカやらかすかもしれないけど。
 やらかさない事を祈ろう。

 後他に私ができることはあるかな?
 戦力の強化、ていう意味では安静にしてステータスの回復を待つのが一番なんだけど。
 なんせ借り物とは言え私も本体と同じだけの強さがある。
 私が復活すればそれだけで単純に戦力2倍。
 これは大きい。

 とはいえ、私の回復は本体に比べてだいぶ遅い。
 体は無駄にムクムク大きくなってるけど、肝心のステータスはそこまで回復してない。
 完全回復まで、まだまだ時間がかかりそうだ。

 となると、下手に動かないほうがいいか。
 弱体化した状態でムリに動いてヘタ打つほうがやばいしね。
 大人しく回復を待つことにしよう。
 あとは、本体と他の分体がうまくやることを祈るばかりだ。

 特に魔王担当はかなり重要になってくる。
 魔王担当が成功するか失敗するかによって、今後の展開がガラっと変わってくる。

 できれば魔王担当に加勢したい気持ちもあるんだけど、できないからなー。
 私はもとより、他のクイーン担当も既にクイーンと半分以上融合しちゃってて、前みたいに魂だけで簡単に移動とかできなくなっている。
 私が卵に移動できたのは、クイーンという存在ごと引越しをしたからに他ならない。

 私は受肉してしまっている。
 もはや魂だけでは存在できなくなっている。
 そういうふうに変質してしまっている。

 となると、魔王担当に援護射撃をするには、本体が新しい並列意思を発生させるしかない。
 けど、これ以上並列意思を本体が生み出すことはないだろうと私は予想している。
 今の状態が、ギリギリのラインなんだと思う。
 本体の魂を原型を留めたまま分割することができる。

 並列意思を生み出すということは、魂を分割することに他ならない。
 これ以上並列意思を生み出すと、本体の魂はドンドン摩耗していく。
 スキルによる影響やら、クイーンや魔王の魂を吸収していることから、本体の魂は歪な状態になっている。
 この上さらに並列意思を生み出したら。
 最悪魂が崩壊する。
 それはすなわち死だ。
 システムで不死を持とうが、魂が崩壊したんじゃ復活など出来はしない。

 座して待つだけしかできないのが辛いところだね。
 頼むよ、みんな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ