挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

224/529

172 子供に貢がせる

 ベイビー軍団が戻ってきたのは8日後だった。
 考えてみればここいらへんの魔物はかなり過疎化が進んでたし、遠出しなきゃ見つからなかったのね。
 おかげでこっちは空腹で死にそうになった。
 SP3しかないんだもん。
 死ぬわ。

 仕方ないから近くで食べられそうなもの、卵の殻を食べて飢えをしのいだ。
 卵の殻は鳥の卵と違って柔らかく、食べられないこともなかった。
 自分で出したものを自分で食べるって、なんか嫌だけど、背に腹は変えられない。
 味のしない殻を食べましたとも。

 食べると少しだけステータスが回復した。
 時間経過でも微々たる量だけど回復していってる。
 この調子でちゃんとした食事を取れば、完全回復も可能そう。

 そうやって飢えをしのぐこと8日。
 やっと戻ってきたベイビーズはだいぶその数を減らしていた。
 半分くらいか?
 まあ、弱いし。
 私も飢えて死ぬ寸前だったし。
 むしろよく半分も生き残ったと言わざるを得ない。

 しかも、なんかレベルが全体的に上がってる。
 というかね、ステータスめっちゃ上がってないか?
 レベル1の時はオール3だったはずのステータスが、今は平均5レベルくらいになってオール50くらいのステータスになってる。
 1レベルの上昇値が10くらい?
 おいおい。
 私の子供時代は1レベル上昇値1だったぞ?
 何この優秀なガキども。

 ベイビーズが仕留めた獲物を運び込んでくる。
 お、おおう。
 結構多いっすね。
 10匹の魔物の死骸が運び込まれてくる。
 何この優秀なガキども。

 どれどれ、あ、蛙だ。
 その他にも見たことあるいろいろな魔物が陳列される。
 そいつらを観察してみると、全身糸で絡め取られて、複数の箇所から毒牙を食らわされた形跡がある。
 何こいつら、連携して糸で足止めして、一斉に毒牙ぶち込んでんの?
 そういえばほとんどのベイビーに連携のスキルが生えてるわ。
 そのスキル私も持ってないんだけど。
 何この優秀なガキども。

 それに、今回持ってこられたのは10匹だけだけど、明らかにこいつらそれ以上の魔物倒してるよね?
 多分自分らの腹に収めるために狩ったんだろうけど、そうでなきゃ飢え死にだし。
 10匹だけじゃ、こいつら全部がレベル5まで上がんないだろうし。
 こいつら一体何匹の魔物を仕留めてんのやら。

 とりあえず、せっかく獲ってきてくれた獲物だし、いただくとしましょう。
 うん。
 不味い。
 あー、甘いものが恋しい。
 けど、贅沢は言えない。
 ステータスが戻るまでは我慢我慢。

 レベル上がればすぐ戻んないかな?
 けど、今の私のレベルは30。
 ちょっとやそっとじゃ上がんない。
 ここはやっぱりゆっくりでいいから確実に回復を待ったほうが良さげ。

 というわけで、ベイビーども!
 再び餌を取って来い!

 文句も言わず、発声器官がないから言えないけど、再び行進していくベイビーたち。
 相変わらずキモ。




 それからさらに7日後。
 またベイビーズが獲物引っさげて戻ってきた。

 おいおい。
 なんかでっかくなってるのがチラホラいるんだけど?
 手の平サイズの子蜘蛛に混ざって、30センチくらいのちょっと大きいのが10匹に1匹くらいの割合で混ざってる。

『ミニレッサーホロ・ネイア LV1
 ステータス
 HP:125/125(緑)(詳細)
 MP:125/125(青)(詳細)
 SP:125/125(黄)(詳細)
   :120/125(赤)(詳細)
 平均攻撃能力:125(詳細)
 平均防御能力:125(詳細)
 平均魔法能力:125(詳細)
 平均抵抗能力:125(詳細)
 平均速度能力:125(詳細)
 スキル
 「魔力感知LV4」「魔力操作LV4」「毒強化LV1」「毒牙LV4」「蜘蛛糸LV3」「連携LV4」「暗視LV8」「毒魔法LV2」「影魔法LV1」「毒耐性LV4」』

 ミニマムからミニに進化してるー。
 しかも、多分進化の影響だろうけど影魔法生えてるし。
 何この優秀なガキども。

 今回はさほど数も減ってないし、持ち帰ってきた魔物の死骸も20匹。
 前回よりも1日早く帰ってきて、成果の方は2倍。
 何この優秀なガキども。

 ありがたく獲物を頂戴する。
 私のステータスもだいぶ回復してきて、1000くらいまでになってる。
 それに伴って体も大きくなってる。
 私は種族とか変わってなかったから、進化とかそういう変化ではなく、単純に体が大きくなるっぽい。
 手の平サイズだったのが、30センチくらいの大きさにまで成長した。
 ミニと同じくらいのサイズだね。

 でだ、ベイビーズは獲物を置いていくと、私が命令する前にすぐに出発していった。
 え?
 もう自分で判断してんの?
 なにげに頭も良くない?
 何この優秀なガキども。

 産んでよかったー。
 そして、腹が減ったからって安易に食べなくてよかったー。
 いやね、ちょっと考えもしたんだよね。
 こいつら食べちゃえばよくねって。
 けど、最終的に食べるよりかは使い潰したほうが得られるものが多そうっていう理由で、食べなかったのよ。
 予想は見事的中。
 むしろ予想以上。
 こんな優秀で健気な子供を持ってお母さん幸せです。
 その調子でガンガンお母さんに貢いでくださいな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ