挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
208/487

160 吸血姫

 何こいつ?
 大事なことなのでもう1回。
 何こいつ?

 え、えー?
 突っ込みどころが多すぎて何から突っ込めばいいのかわからん。
 よし、順番に突っ込んでいこう。

 まず何その名前?
 なんでダブってんの?
 いや、まあ、ソフィアっていうのがこっちの世界での名前で、根岸彰子っていうのが前世での名前なんだろうけどさー。
 根岸彰子、そんな子いたっけ?
 いたような、いなかったような。
 いたんだろうな。
 記憶にないだけで。
 そもそも私クラスメイトの名前も顔も半分以上覚えてないし。

 ていうか、前世持ちって鑑定すると前世の名前も表示されるのか。
 あれ?
 それじゃ私の名前なしは何なの?
 深く考えたら負けなのかなー?

 まあ、この赤ん坊が前世のクラスメイトっていうのは理解した。
 「n%I=W」のスキルも持ってるし、まず間違いない。

 けど、何さ吸血鬼って?
 しかも種族まで人族と吸血鬼両方表示されてるし。
 どういうこっちゃね?
 とりあえず、種族としての吸血鬼を鑑定っと。

『吸血鬼:他者の血を吸い生きる夜の支配者。高い能力を持つ反面、弱点も多い種族。元は他の種族であることが多く、素体となった種族の特性を引き継ぐ。また、生まれながらに吸血鬼である純血種は真祖と呼ばれる』

 あー。
 まあ、地球の吸血鬼と大まかには一緒なのかな?
 Dが監修してるだろうし、多分同じでしょ。

 それじゃ、次はスキルとしての吸血鬼は?

『吸血鬼:吸血鬼が有する特殊なスキル。血を摂取することで能力値が上昇する。また、レベルにより特殊な効果を発揮する。LV1:枯血』
『枯血:血を摂取しないと弱体化する』

 しょっぱなマイナス効果かい。
 吸血鬼不便だな、おい。
 うん?
 けど、この子弱体化してないよね?
 血飲んでるってこと?

 まさかねー。
 母乳は血をもとに出来てるって言うし、それで血の代用になってるとかそんなところじゃね?

 称号の方は?

『吸血鬼:取得スキル「HP自動回復LV1」「暗視LV1」:取得条件:スキル「吸血鬼」の獲得:効果:種族に吸血鬼が追加される:説明:吸血鬼に成り果てたものに贈られる称号』
『真祖:取得スキル「不死体LV1」「五感強化LV1」:取得条件:生まれながらの吸血鬼であること:効果:吸血鬼のマイナス効果を無効化する:説明:吸血鬼の祖たるものに贈られる称号』

 あ、真祖やべえ。
 吸血鬼の弱点なくすとか、チートだよチート。
 どうりで陽の光が燦々と照りつける中で平然としてるわけだよ。
 さっきの枯血の謎もこれで解けたわ。

 しかも、不死体とかいうレアスキルまでおまけに付いてくるとか。

『不死体:火、光、腐蝕以外の全属性の耐性が上昇する。また、1日に1度だけどんな攻撃を受けてもHP1で生き残る』

 とんでもない耐性に食いしばり機能追加。
 チートだよチート。
 何こいつ?

 それに、何その膨大な量のスキルポイント?
 ありえなくないっすか?
 私が今までコツコツと貯めてきたポイントぶっちぎってんですけど?
 どういうことっすか?
 チートだよチート。
 何こいつ?

 というか、多分だけどこの子が吸血鬼として生まれてきたのって、どう考えてもDのアホの仕業だよね?
 転生特典に適当にスキル配ったとか言ってたもんね。
 この子はその特典で吸血鬼のスキルをプレゼントされたってわけだ。
 あいつ、よりにもよってなんでこんな地雷スキル与えてんのさ?
 バカなの?
 バカなんだろうなー。

 ジッと見つめてると、吸血っ子のほうも私のことをジッと見つめてきた。
 赤ん坊と見つめ合う蜘蛛。
 それを固唾を飲んで見守る護衛たち。
 何事かを私に語りかけてくる貴婦人。
 あ、奥さん私言葉通じないんで無駄っす。
 実にシュールな光景やね。

 というか、状況的に見てこの貴婦人が吸血っ子の母親だよね?
 鑑定。
 ん?
 なんか鑑定した瞬間身を引いた?
 まあ、いいや。

 あー、名前はセラス・ケレンさん。
 うん。
 同じ苗字だし、吸血っ子の母親で間違いないっぽい。
 けど、この人は普通に人族だなー。
 ステータスは若干普通の人より高いけど、レベルも低いし戦闘スキルもそんな持ってないし、一般人だね。
 ただ、護衛雇ってたり、身なりが良かったり、何より豪華な馬車に乗ってるし、どう見ても貴族だよなー。

 貴族の家に吸血鬼が生まれる。
 うわー。
 厄介事の匂いしかしねー。
 幸いまだこの子が吸血鬼だってことはわかってないっぽい雰囲気だけど、いつかはバレるわなー。
 その時どうなるのか。

 メンドくさい。
 関わりたくねーです。
 元クラスメイトの(よしみ)
 そんなもんあるわきゃねーでしょ。
 顔も名前も覚えてない赤の他人の面倒なんか見れるか。
 というわけで、私は逃げる。
 私は何も見なかった。
 あ、マーキングだけは念のためしとくか。

 それじゃあ、あばよとっつあん。

 セラス婦人がなんか叫んでたけど知らん。
 私を止めたくば日本語をマスターしてくるがいい。
 そしたら考えてやってもいいぞ。
 あくまで考えるだけだけど。

 転生者との初遭遇を偶然にも果たしちゃったわけだけど、メンドくさいわー。
 これ、転生者は基本スルーしたほうがいいなー。
 友達とかもいなかったし、仲間って感じでもないしなー。
 むしろそれで変に仲間意識持たれるとかはた迷惑でしかないわ。
 うん。
 転生者がいたらスルーする。
 これからはそうしよう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ