挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
205/494

157 海釣り

 糸を投げる。
 釣れる。
 糸を投げる。
 釣れる。

 どうなってんねん、この海。
 大漁どころじゃないわ。
 しかも釣れるのは全部水竜。
 レベルはピンキリだけど、釣れる魚もどきどもには必ず水竜のスキルが付いてる。

 この世界の海の魔物は水竜スキルがデフォルト装備なん?
 スゲーな海。
 竜のパラダイスじゃん。

 イヤイヤ。
 ねーから。
 何その嫌なパラダイス。

 こんな竜がウヨウヨいる危険な海じゃ、船出して漁をするのも一苦労なんじゃない?
 前世の世界でも蟹漁は命懸けだっていう話だったけど、この世界における漁業って難易度高くね?
 もしや、漁業関係者って選ばれた精鋭集団なんじゃね?
 この前の騎士クラスを上回る海の男たちが、竜を相手に死闘を繰り広げる。
 筋肉ムキムキの半裸の男たちが、銛を片手に勇ましく海に飛び込む。
 やべ、ちょっとかっこいいぞそれ。
 釣りが一段落したら漁村でも探してみよう。
 半裸のナイスなオヤジがいるかもしれない。

 糸を投げる。
 流石に釣りまくったせいで警戒されたのか、かかりが悪くなってきた。
 なんだかんだ言って魚じゃないしね。
 れっきとした魔物だしね。
 それぐらいの知恵はあるわな。

 糸を垂らしながらのんびりする。
 大漁なのも面白いけど、こういうのんびりしたのも悪くないね。

 糸を垂らしながら今後のことをなんとはなしに考える。
 漁村を探すのは確定。
 問題はそのあとだ。
 漁村見つけてどうすんだって話。

 海の男たちを視姦するのは確定として、そのあとはどうしよっかなー。
 進んで人類滅亡させる気は今のところないしなー。
 ある程度間引きするのはいいとして、ただの村人を虐殺するのは違う気がする。

 やっぱり戦って死ぬ覚悟がある戦士とか兵士を相手にするのが一番後腐れない気がする。
 そういう人種なら戦うために鍛えてるだろうし、その分経験値の入りもいいはず。
 となると、いつか派遣されるだろうと思ってた私の討伐隊、それを相手にするのがベストかな。
 あー、けどどうなんだろ?
 私ってばこうして外に出ちゃってるし、砦壊滅させちゃったし、討伐隊ってどう動くんだろ?

 前なら迷宮の騎士たちに襲撃されたところで待ってればよかったけど、砦壊滅させちゃったから私が外に出たって情報は出るでしょ。
 そうなると、まずは討伐隊より先に捜索隊が組まれるのかな?
 でも、そんな悠長にされてもねえ。

 いっそ、どっかでかい街に行ってこっちから暴れちゃう?
 でかい街ならそれなりにちゃんとした武装集団もいるだろうし。
 あー、けどその武装集団が予想より強かったらどうしよう?
 うーん。
 ま、いっか。
 今の私なら一撃でやられるってことはないだろうし、相手が強すぎたら転移で逃げれば。

 とりあえず、ブラブラ世界を漫遊するってことでいいかなー。
 虐殺だのなんだの考えるより、そっちのほうが私らしいっちゃらしいしねー。

 まあ、らしくないことしてるって自覚はあるわけよ。
 ギュリギュリの忠告突っぱねてまでこの世界に関与するって、どう考えても私のキャラじゃないもん。
 けどさー、気に食わないんだよね。
 うん。
 気に食わない。

 このまま私が何もしなくても、この世界はこの世界で答えを出すはずなんだよね。
 その答えによっちゃ、世界が滅びるし、私も他人事じゃなくなるんだけど。
 て言ってもそれはだいぶ先の話。
 ギュリギュリに会った感じ、あの人は世界が滅びるのを良しとはしない。
 こんな世界見捨ててもいいと思うんだけど、お人好しだよねー。
 まあ、見捨てないじゃなくて、見捨てられないってことなんだろうけど。
 難儀だねー。

 どう転んでもギュリギュリには不幸しか訪れないっていうのに。
 二つある選択肢のうち、どっちを選んでも地獄っていうね。
 つまり、ギュリギュリは既に詰んでる。
 愛する女と一緒に死ぬか、女を助けるために彼女を裏切るか。
 ギュリギュリは今のところ一緒に死ぬ気でいる。

 けど、それが私には気に食わない。
 だから、邪魔してやる。
 汝の為したいように為すがいい。
 私は私が気に食わないという理由で、行動する。
 この気持ちは嘘偽りなく、何者にも影響されない私自身の意思だ。
 Dも私の意思で進むことを望んでるはず。
 だったら、やってやろうじゃないの。

 と、真剣に考えてるところに糸を引っ張られる感触。
 キタキター!
 くお!?
 こ、この力、今までの比じゃないぞ!?
 今日一番の大物だわ。
 しかし、私には及ばんな!
 引っ張る。

 遠くで糸にかかった獲物が大きく跳ねた。
 水龍だった。

 リリース!

 アホか!?
 釣りで水龍釣り上げるとか、ねーわ。
 いや、散々水竜釣っておいてなんだけどさ。
 ていうか、さっきの水龍、龍としての誇りとかない訳?
 何釣られてんのさ。

 あー、ビックリした。
 思わずリリースしちゃったじゃん。
 けど、もう龍は倒さないほうがいいかもしれないしなー。
 下手に倒してギュリギュリと敵対したくないし。

 つーか、ホントこの海どうなってんのさ?
 ちょっと調べてみるか。
 えーと、支配者権限のスキル検索っと。
 対象スキルは水龍で、検索開始。

 支配者権限のスキル検索は、その対象になるスキルを保持しているやつがどこら辺にいるのかをサーチできる便利機能。
 システムにアクセスするものだから、MPとか神性領域とかの消費はない。
 まあ、その分一回使うとしばらく使えなくなるんだけどね。
 それに、調べた結果は大まかにあっちの方にいそうって曖昧なもんだから使い勝手はよくない。
 私は叡智のマップ機能と結果を連動させてるから相当使いやすく改良してるんだけどね。

 で、検索した結果、なにこれ?
 海の見える範囲だけで水龍がウジャウジャいる。
 マジで龍パラダイスだった。
 ないわー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ