挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
198/487

151 お外

 進化してからそれなりの日数が経った。
 その間、私は下層で狩りをしつつ、逃がした4人が迷宮を脱出するのを見守っていた。
 転移で逃げた魔法使いと召喚士はしばらく放置。
 討伐隊が来るまで泳がせていようと思う。

 で、走って逃げた4人だけど、当然出口に向かってるはずだ。
 下層で狩りをしつつ、マーキングした4人の後を追えば、この迷宮の出口に到達できると踏んでいるのだ。
 転移で逃げた2人のほうを転移で追っかければ、外に出ることはできる。
 けど、やっぱりちゃんとした出口も把握しておきたい。
 というわけで、4人組は出口にたどり着くまで生かしておこうと思う。

 進化した直後、Dとくっちゃべってダラダラし、そのあと食事をしてまたちょっとダラダラ。
 いやー、食っちゃったね。
 ついにやっちまいましたわ。
 うん、なかなか美味しかったとだけ言っておこう。

 とりあえずホームの方は同じ場所に再建することにした。
 まだ、あそこにいても大丈夫なはずだ。

 で、そのあと下層に戻ってレベル上げ。
 流石に最上位進化の後だけあって、今までよりレベルの上がりが遅め。
 今までは進化直後だとレベルが1にリセットされるから、レベルの上がりもある程度進化前の高レベルより早かったんだけど、今回はあんまり早くない。
 一応進化前に比べれば必要経験値は下がってるんだけど、それでも結構な量が要求される。

 ここ何日か下層で狩りを続けて、今のレベルは6。
 たったの5しかレベルが上がってない。
 たったの5か。
 ゴミめ。
 まあ、人間狩り始めればサクサク上がるだろうし、今は我慢っと。

 そうそう。
 下層にいたカグナとゲエレの地龍コンビ。
 あいつらいつの間にかトリオになってたよ。
 うん。
 下層にいたアラバ以外の地龍が一堂に会してるわけ。

 新たに加わった1体は地龍フイト。
 レベル11と地龍の中では一番低い。
 戦闘力も一番低めで、タイプ的にはアラバと同じバランス型なんだけど、アラバと比べると1段も2段も弱い。
 アラバがオールラウンダーだとすれば、フイトは器用貧乏って感じ。

 まあ、1対1なら負けないだろうね。
 1対1なら。
 3体に勝てるわけないだろ!
 というわけで、あいつらは基本放置。
 今の私ならやってやれなくはないかもしれないけど、リスクとかかる労力を考えると、そこまでして倒したいわけじゃないしねー。

 不死を手に入れたおかげで死ぬことはなくなったけど、このスキル、多分存在として死なないってだけで、傷とかは普通に残る。
 つまり、HPが0になれば活動できなくなる。
 私は忍耐があるからそこに更にMPが加わるわけだけど、MPすらも切れた時、私は動けなくなるんだと思う。
 私はHP自動回復もMP自動回復も持ってるから、そのうち回復して動けるようになるだろうけど、自動回復持ってない奴が不死取ったら、動けなくなって永久にそのままとかありそう。
 死なないイコールで無敵じゃないってことだね。
 そういうわけで、強い奴を相手にすると負ける可能性も十分あるってわけ。
 死にはしないけど、動けなくなって回復するまで行動不能。
 回復してきたらまた潰される。
 そのループでハメられることもあり得る。
 そうなったらおしまいだね。

 これからはやっぱり人間をメインターゲットに変更していこうかなー。
 乱獲しすぎたせいでそろそろ下層の魔物も過疎気味になってきたし。
 最下層?
 あそこだってマザーおるもん。
 行った瞬間突っ込んで来るって。
 まだ、最下層に行くのは早い。

 適当に下層でレベル上げて、ホームでスキル熟練度上げて、ダラダラして。
 そんなことをしていたら、ついに逃げ出した4人組が迷宮の出口に到達したっぽい。

 転移で後を追っかける。

 お?
 おお!
 明るい!
 中層の明るさとは違う。
 太陽の明るさだ!
 この世界でも太陽っていうのかわからんけど、太陽だ。

 あ、人がいっぱい。
 めっちゃ注目集めてる。
 ハロー。
 こんにちは。
 私人見知りなんであんま見つめないでください。

 迷宮の入口って、国境みたいな雰囲気なのね。
 検問所っぽい施設になってる。
 迷宮の出入りもちゃんとチェックしてるのかな。
 あ、迷宮から魔物が出ないようにってのもあるか。
 どうりで武装した兵士がいっぱいいるわけだよ。

 あ、4人組発見。
 めっちゃガクブルしてる。
 あー、まあ、迷宮から出て逃げ切ったって思った矢先に私が登場しちゃったからね。
 そりゃ、怖いわな。

 うん?
 何?
 君ら武器なんか取り出してやるつもりかい?

 鑑定した限りじゃ、君ら相当弱いよね?
 この前全滅させた騎士連中に比べると、ステータスもスキルも貧弱。
 あれ?
 もしかして、この前の騎士連中って、人間にしては実は結構強かった?

 まさかねー。
 いくらなんでもあんな弱い連中が強いってことはないでしょ。
 龍クラスはさすがにないにしても、竜クラスくらいの強さの人間ならいるでしょ。

 考え事してたら兵士の槍がプスッと刺さった。
 痛いやん。
 何すんのさ。
 HPあんま減ってないからいいけどさー。

 とりあえず、先に手を出してきたのはそっちだし、正当防衛ってことで。
 皆殺し。

 逃げた4人組を合わせて、その場にいた人間みんな経験値の糧になってもらった。
 レベルが5も上がった。
 やっぱ人間効率いいわー。
 ここ最近の下層巡りはなんだったのかと。
 せっかく倒したんだし、お肉は美味しくいただいてと。

 うむ。
 生まれて初めて日の下に出たんだから、ちょっと散歩してみよう。
 祝、脱ヒッキー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ