挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
184/499

145 沈む大地

 薬合成で体についた火を消す。
 ホッと一息。
 減っていたMPが急速に回復し始める。

 アラバはもう動けない。
 動けるだけの力が残っていない。
 HPはまだ変動していないけど、SPが尽きればHPも同時に尽きる。
 そして、SPはもはや少し動いただけでも尽きかねない状況。

 あとはもう煮るなり焼くなりお好きにどうぞって感じ。
 ふふふ。
 予想以上に苦戦させられたけど、私の想定通りの結末になった。

 最初からアラバのHPを削りきるのは不可能だと思っていた。
 龍種の持つ魔法を阻害する鱗系列のスキルは、私との相性が悪すぎる。
 物理で殴ろうにも、殴った手が痛むような有様。
 私の攻撃力よりも、アラバの防御力の方が圧倒的に高い。

 だから、HPは諦めた。
 HPがダメならSPを削ればいい。
 それを成すのが、怠惰。
 私が持つ壊れスキルその4。

 怠惰はエデ・サイネに進化してから割とすぐに取った。
 正直説明文がよくわからなかったから、そこまで重要視してなかったんだけど、取ってみたら私との相性の良さにビックリした。
 呪怨の邪眼を使えば、HPとかだけじゃなく、他のステータスの下がりも大きくなる。
 アラバにはほとんど影響がなかったけど、状態異常耐性を持たない相手には、これだけで勝てるくらいの凶悪なコンボとなる。

 それに、転移と組み合わせれば、相手に一方的に持久戦を強いることもできる。
 マーキングによって相手のステータスを常に確認し、転移で神出鬼没に現れては食事の邪魔をし、SPが尽きるのをじっくり待つことだってできる。
 というか、アラバにはこの戦法でいくつもりだった。
 空間感知なんて余計なものを取得しちゃったせいで、迂闊に転移が使えなくなっちゃったのが危なかった。
 アラバが取ったスキルの中で、実は一番厄介だったのが空間感知だったのかもしれない。

 アラバが死力と言えるくらいの全力を尽くしたからこそ、これだけ早くSPを無くすことに成功した。
 アラバがもっと余裕を持っていたら、結果は違ったかもしれない。
 油断も隙もなかったが故に、逆に敗北した。
 我ながらえげつない戦法だわ。

 さてアラバ、俳句は詠んだか?
 介錯してやる。
 そろそろ私とお前の戦いに幕を引こう。
 動けなければ魔法を撃ち放題。
 HPが削りきられるのが先か、SPが尽きるのが先か。
 どっちかな?

 ゲスな笑みを内心で浮かべながらアラバを空中から見下ろす。
 アラバがゆっくりと首を上げる。
 目があった。

 ドキリとした。
 その目は、清々しいくらいに澄んでいた。

 何さ、その目は。
 あんたは私に負けた。
 もっと負け犬らしく、悔しそうにしなさいよ。

 私のそんな悪態を受け流すかのように、アラバはゆっくりとその身を伏せさせる。
 ただ、首だけは真っ直ぐに、私のほうを向いたまま。

 そして、鑑定していたアラバのステータスに異常が起きる。
 スキルの文字が、灰色になっていく。
 これは、スキルの発動をオフにしているということだ。
 常時発動のスキルはオフにすることで、鑑定した時の文字の色が灰色になる。
 アラバのスキルが、次々と灰色になる。
 私を散々苦しめた、天鱗のスキルも。
 各種耐性系スキルも。

 抵抗はしないって、そういうこと?
 なによ、それ。
 なんなのよ、それ。
 何勝手に満足しちゃってるわけ?
 全力を尽くしたから悔いはないって?
 そういうこと?

 ふざけんな。
 もっと意地汚くなれよ。
 もっと生きたいって命乞いしろよ。
 生き足掻けよ。
 なんでそんな簡単に命投げ捨てられんのよ。
 命ってさ、一回無くしちゃったら、もう戻ってこないんだよ?

 私、転生なんてしてるから説得力ないかもだけどさ、普通は死んだらそこでおしまいなんだよ?
 なんでそんな潔く終われるのよ?
 終わりたくないって足掻いてる私はなんなのよ?

 それともさ、この世界は死んでも終わりじゃないから、それを知ってるからこんなに潔いいの?
 だとしたら、なおさらムカつく。

 ああ、いいとも。
 お望み通り殺してやるよ。

 すべての邪眼を解放する。
 呪怨、静止、引斥、そして、死滅。

 アラバの体は、抵抗することなく、塵となって消え去った。

《経験値が一定に達しました。個体、エデ・サイネがLV19からLV20になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『気闘法LV9』が『気闘法LV10』になりました》
《条件を満たしました。スキル『気闘法LV10』がスキル『闘神法LV1』に進化しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『怒LV2』が『怒LV3』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

《経験値が一定に達しました。個体、エデ・サイネがLV20からLV21になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『死滅の邪眼LV3』が『死滅の邪眼LV4』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

《経験値が一定に達しました。個体、エデ・サイネがLV21からLV22になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『念動LV1』が『念動LV2』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『引斥の邪眼LV1』が『引斥の邪眼LV2』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

《経験値が一定に達しました。個体、エデ・サイネがLV22からLV23になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『HP高速回復LV7』が『HP高速回復LV8』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『糸の才能LV8』が『糸の才能LV9』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『斬撃耐性LV5』が『斬撃耐性LV6』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

《経験値が一定に達しました。個体、エデ・サイネがLV23からLV24になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『打撃耐性LV5』が『打撃耐性LV6』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『恐怖耐性LV9』が『恐怖耐性LV10』になりました》
《条件を満たしました。スキル『恐怖耐性LV10』がスキル『恐怖大耐性LV1』に進化しました》
《スキルポイントを入手しました》

 ひどく、後味の悪い勝利となった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ