挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

182/529

143 蜘蛛VS地龍アラバ⑥

 上は蜂。
 下は火。
 これなーんだ?
 正解は、今の私の状況だよ、畜生!

 おい、蜂。
 お前ら鬱陶しいわ。
 なんでこの状況で私に襲いかかってくんのよ!?
 蜂の攻撃なんかいくら食らってもダメージにはなんないけど、その隙が命取りになりかねない今の状況では勘弁してくれ!

 地面は今だに燃え盛っている。
 その中心でアラバは私に向けてブレスを吐く。
 空中でそれを避ける。
 ついでに向かってきた蜂を鎌で両断。
 落ちていった死骸が火炎に焼かれる。

 火炎の中心にいるアラバも、無傷ではない。
 無効とは違って、耐性だけではダメージを受ける。
 それがたとえ自分で放った魔法だとしても。
 火炎耐性は火耐性の上位スキル。
 いきなり上位スキルを取れるっていうのもすごいけど、それでもやっぱりダメージを0にすることはできない。

 今のアラバは、文字通りの身を焦がしながら私を討つ機会を窺っている状態。
 HPの減少は高速回復のおかげでだいぶ遅い。
 けど、徐々に、確実にその身は炎に焼かれていっている。

 このまま逃げ続ければ自滅しないかなー。
 なんて、甘いわけがないよね。

 アラバの周囲の土が、アラバを守るように隆起する。
 お得意の大地魔法で、燃え盛る火炎をガードした。

 HPが急速に回復し始める。
 激戦の間に、HP高速回復のスキルもレベルが上がっている。
 治療魔法でもかけてんのかって疑うくらいのスピードでHPが回復する。

 あー。
 戦いの最中に成長するとかお前はどこの主人公だと言いたい。
 そんな格好いい展開は主人公にのみ許された特権だよ?
 チートだよチート。
 卑怯だわー。
 勘弁して欲しいわ。

 ぶっちゃけよう。
 正攻法での私の勝ち目はもはやない。
 たとえ並列意思を全員戻してもムリだ。
 それほどアラバの戦闘能力は激増している。

 それを証明するように、縦穴の壁が燃え出す。
 下どころか、横一面も火炎に包まれる。
 地のあるところすべて火で埋め尽くされる。
 私の逃げ場は地の届かない空のみ。

 そして、その空さえ蹂躙するように、アラバの口腔に膨大なエネルギーが貯まる。
 今まで撃てなかったアラバの究極の一撃。
 それが、大地と火炎に守られ、ついに解禁された。

 アラバが天空を貫くように、極大のブレスを吐く。
 壁に広がる火炎さえ吹き散らすかのごとく。
 地下の底から、天にまで届けと一条の光線が迸る。

 という光景を想像した。

 イヤイヤ。
 あんなもん食らったら消し炭ですよ、消し炭。
 ムリに決まってんでしょ。
 転移で逃げましたとも。

 現在地、上層と中層の間の、アークの死骸を放置していたところ。
 流石に広大な迷宮の反対側とあって、激闘の余波は全くない。
 これで、ここまで地響きとかあったらどうしようかと。
 世界が崩壊するわ。

 あー。
 一休み。
 アークをちょっと食べる。
 相当SPも消費してたからね。
 ここらで一旦補給しよう。
 うわ、マズ。

 アークを食べながらマーキングしたアラバのステータスと現在位置を確認する。
 アラバは動いていない。
 私を仕留めたと思って感慨に耽っているのか、それとも仕留め損なったと悔やんでいるのか。
 どっちでもいいけどね。
 すぐに戻るし。

 私の毒は既にアラバの身を蝕んでいる。
 本人はまだ気づいていないだろうけどね。
 けど、私を倒さない限り、その毒はどんどん侵食していく。
 まだ取り返しのつかないようなレベルじゃないけど、いずれはそうなる。
 そうなれば、私の勝ちだ。

 正攻法でHPを削りきれないのなら、別のアプローチをすればいい。
 アラバは勘違いしてる。
 私は闘争を生業とする戦士じゃない。
 欺き、罠にかけ、相手を甚振る卑劣な狩人だ。
 罠にかけることこそ私の最も得意な戦法。
 毒をかけることこそ私の最も得意な武器。
 アラバは既に私の術中。
 アラバは既に私の毒を受けている。

 あとは、私が殺されないように、じっくりと毒が侵食していくのを待てばいい。
 その殺されないようにっていうのが難しいところだけどね。

 不味いアークを食べてSPを回復させる。
 飽食のストック分も食べる。
 けど、アークの巨体はまだまだ残る。
 これならしばらく食には困らないかな。

 よし。
 それでは再び戦場に舞い戻るとしますか。

 転移。
 アラバからは少し離れたところに転移する。
 空間感知を取得したアラバの目の前に転移すると、手痛い攻撃を食らってしまうかもしれない。

 と、思っていたら、転移したその場所に飛んでくるブレス。

 慌てて回避。
 転移したばっかりだから、未来視も見えなかった。
 ちょっとだけ背中をかすって、ブレスの弾が通過していく。

 集中しろ。
 相手は今まで戦ってきた魔物の中で、間違いなく最強。
 その相手には、一瞬の油断が命取りになる。

 今のブレスは、完全に私の転移してくる予兆を察知して撃ったものだとわかる。
 もう転移も気安く使えない。
 逃げるだけならいいけど、戻ってくるときが最大の危険を伴う。

 地面の火炎はまだ燃えている。
 けど、壁面の火炎は消し飛んでいる。
 ついでにあれだけブンブン飛び回ってた蜂どもも。
 マジで私の想像した通りに、壁面の火を吹っ飛ばして、頭上の蜂を巻き込んで天までブレスが昇っていったっぽい。
 転移が危ないって言っても、あのブレスだけは転移を使って避けなきゃ無理だわ。
 私の回避力でどうこうできるレベルじゃない。
 避ける隙間がなきゃ避けようがないもんね。

 けど、大技であるが故に、消費も半端じゃない。
 壁面を覆うほどの規模の焦土の発動に加え、極大ブレスを使ったアラバのMPはだいぶ減っている。
 あのブレスをもう一度使うには、MPの回復を待たないといけない。

 さて、そんなアラバの次の手は何かな?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ