挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
170/487

132 地龍カグナ攻略準備

 さて、どうやってあの地龍を倒そうか。
 ていうか、倒せるのか、あれ?
 ガッチガチの防御特化。
 私も大概偏ったステータスだけど、あいつはスキルまでガッツリ防御寄りに特化してるからなー。

 龍のデフォルトスキル、逆鱗による高い防御力と魔法妨害能力。
 そこに、さらに防御力を上乗せさせる堅甲殻と鋼体のスキル。
 どっちも常時発動型のスキルで、単純に防御力を上乗せさせるっていうものだ。
 このスキルのせいで、ただでさえ高い防御力に磨きが掛かっている。
 そこにさらに各種耐性系のスキル。
 ダメージ食らう気が全くねえ。

 特に耐性で厄介なのが、状態異常大耐性。
 火龍も持ってたスキル状態異常耐性の進化したスキル。
 状態異常攻撃が主武器の私とは最悪の相性だ。
 おかげで毒も麻痺も呪いも効きやしない。
 あ、どうも呪いも状態異常のカテゴリーに入るらしい。
 そのせいで邪眼系はほぼ役立たずに。
 それ以外でも毒が効かないっていうのはかなり痛い。

 生まれてから今まで毒に頼ってきたからなー。
 それが効かないっていうのはかなりショックだわ。
 耐性持ちですら今まで毒の餌食にしてきた私だけど、今回ばかりは相手の防御力の方が高い。
 ダメージが全く通らないってことはないけど、それもHP高速回復ですぐに回復されちゃう。

 状態異常は効かない。
 かと言って、物理攻撃が効くかって言ったら、もっとムリ。
 腐蝕攻撃ですらかすり傷だったし、あれを物理攻撃でどうにかしようと思ったら、マザークラスの体格が必要になりそう。
 それでもあの防御力を突破できるのかはわかんないっていうのが恐ろしい。

 そうやって防御を突破してダメージを与えても、結局はHP高速回復があるから、ジリジリ回復されちゃうんだよねー。
 堅い上に回復持ちとかなんてチートなんだ。
 おかげで重の攻撃も意味があんまない。

 物理も状態異常も効かないとなると、やっぱり魔法しか手がない。
 幸いにも、私の得意な闇系には耐性がない。
 けど、削り合いになった場合、回復と素の防御力の高さで耐えられる可能性が高い。
 そうなると、戦ってる最中に耐性獲得して、ダメージと回復が逆転されるってこともあり得る。
 そうなったらもうおしまいだ。

 空間魔法には攻撃手段がないしなー。
 その進化系の次元魔法ならあるにはあるけど、使いどころが難しいからあんま使いたくないし。

 外道魔法は論外。
 破魂なんて使ったら本末転倒だし。
 Dはなんでこんなもんシステムに組み込んだんだか。
 いや、理由はわからなくはないけど、ちょっと正気を疑わずにはいられない。
 あー、いや、あれが正気とか考えてみたらないわー。
 存在そのものが狂ってるような奴だしなー。

 まあ、Dのことは置いておいて。
 魔法もあんまりバカスカ撃ってると耐性獲得されるかもしれないし、中途半端なダメージは逆効果だと思ったほうがいいね。
 そうすると、やっぱ確実なのは一発でかいのをドーンするのがいいかな。

 深淵魔法しかないか。
 今の手持ちだとそれしか勝ち目がない。
 問題は、どうやってそれを発動させるかだね。

 深淵魔法は私一人じゃ発動できない。
 並列意思の力を使わないとね。
 今回は一人だけ呼び戻すことにしたから、ギリ発動は可能だ。
 けど、もう一人は発動の準備のためにそれ以外のサポートが全くできなくなる。
 となると、結局は準備が出来るまで私一人であれの相手をしなきゃならんわけだ。

 地龍カグナの攻撃は単純明快。
 近ければその巨体で物理的に圧殺し、遠くにいればブレスで爆殺する。
 それだけ。
 けど、それだけなのに、強い。

 ブレスの威力は半端ない。
 火龍のものよりも凄まじい。
 命中のスキルが低いのが唯一の救いだけど、範囲系のブレスを吐かれるとあんま関係ない。

 物理能力も高い。
 デカイっていうのはそれだけで脅威だ。
 そのデカイのが問答無用で迫って来るんだからたまったもんじゃない。
 その図体で速度が遅い、かと思いきや、なんだかんだ速度も1000超えてるから並の魔物よりよっぽど速い。
 まあ、私のスピードなら躱せるけど、一発貰ったら多分アウトだね。

 その緊張感の中、深淵魔法を完成させなきゃならないのか。
 きっついわー。
 深淵魔法はその術構成の難しさから、あらかじめ作っておいて保存しておくなんて器用なことはできない。
 並列意思を全員集合させれば出来るかもしれないけど、今は全員集めるなんてできないし。
 結局、戦いながら術を構築して、その場でぶっぱなすしかない。
 難しい。
 けど、やってやれないことはない。

 なんて言ったって、私には万能糸という足止めにはうってつけのスキルがあるのだから。
 万能糸を駆使して地龍を足止め、時間を稼いで深淵魔法の準備を進め、完了と同時にぶっぱなす。
 イケル。

 ふふふ。
 待っていろよ地龍カグナ。
 貴様の命運もあとちょっとだ。

 意気揚々と下層を探索。
 そして、念願の地龍カグナを発見した。

『地龍ゲエレ LV24
 HP:3556/3556(緑)
 MP:2991/2991(青)
 SP:4067/4067(黄)
   :3562/3845(赤)
 平均攻撃能力:3433(詳細)
 平均防御能力:3874(詳細)
 平均魔法能力:1343(詳細)
 平均抵抗能力:3396(詳細)
 平均速度能力:4122(詳細)
 スキル
 「地龍LV2」「逆鱗LV6」「堅甲殻LV2」「鋼体LV2」「HP高速回復LV3」「MP回復速度LV1」「MP消費緩和LV1」「魔力感知LV3」「魔力操作LV3」「魔力撃LV1」「SP高速回復LV3」「SP消費大緩和LV3」「大地攻撃LV8」「大地強化LV8」「破壊強化LV9」「斬撃大強化LV8」「貫通大強化LV4」「打撃大強化LV8」「空間機動LV5」「命中LV10」「回避LV10」「確率補正LV7」「危険感知LV10」「気配感知LV8」「熱感知LV7」「動体感知LV8」「土魔法LV2」「破壊耐性LV4」「斬撃耐性LV8」「貫通耐性LV8」「打撃耐性LV9」「衝撃耐性LV5」「大地無効」「雷耐性LV3」「状態異常大耐性LV3」「腐蝕耐性LV1」「苦痛無効」「痛覚軽減LV7」「暗視LV10」「視覚領域拡張LV5」「視覚強化LV7」「聴覚強化LV5」「嗅覚強化LV4」「触覚強化LV3」「身命LV9」「魔蔵LV1」「天動LV2」「富天LV1」「剛力LV8」「堅牢LV9」「道士LV1」「護符LV8」「韋駄天LV3」
 スキルポイント:31000
 称号
 「魔物殺し」「魔物の殺戮者」「龍」「覇者」』

 なんかもう1匹の地龍と一緒に。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ