挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/521

16 巣立ち

 とぼとぼ。

 私の足取りは重い。
 全速力で走りまくったせいで疲れてるってのもあるけど、それ以上にショックが大きい。
 愛しのマイホームが失われてしまった。
 蜘蛛になってしまっても、ゲテモノを食べても動じなかった私の鋼のハートに、ポッカリと空洞が出来てしまった。
 あー、いつかはマイホームから離れざるを得ない事態になるかもしれないって、覚悟はするつもりだったけど、実際にその時になってみると、予想以上にショックがでかい。
 もう少しくらい猶予があるだろうって思ってたのも、ダメージを大きくしてる。
 せめてレベル10くらいになるまでは、マイホームをキープしていたかった。

 ううう。
 ううううう。
 うううううううー、うがーっ!

 よし、うじうじするの終了。
 気持ちを切り替えていこう。

 さしあたって、今後どうするかを決めよう。
 選択肢はいくつかある。

 1、どこか別の場所に次のマイホームを建設する。
 2、このままこのダンジョンを徘徊する。
 3、ダンジョンの出口を目指す。

 パッと思いつくのはこれくらいかな。
 安全面とかそこらへんを考えると、1を選択したいところだ。
 けど、あえて1は却下しようと思う。

 マイホームは素敵だ。
 衣食住が満たされてる上に、働く必要もほとんどない。
 理想的な楽園だったといってもいい。
 けど、その環境に胡座をかいていると、私はどんどんダメになっていくだろう。
 精神的にも、肉体的にも。

 マイホームで安全な狩りばっかりしてたら、不測の事態が起きた時に対処できない、木偶の坊になってしまう。
 今回のことでそれを自覚した。
 今のままでは、蜘蛛の巣を突破できるような相手には、私は逃げるしか選択肢が取れない。

 それじゃダメだ。
 そうやって逃げ出すたびに、今回みたいに落ち込んでいたらキリがない。
 何より、マイホームを壊されたことで、私のうちに燻るものが出来てしまった。
 私は、私自身が逃げ続けることを許せそうにない。
 そう、私は悔しかったのだ。

 マイホームをむざむざ破壊されて、それに何もできない自分がいて、あまつさえ逃げるのが当たり前だと考えてる自分がいて。
 ええそうだとも、迷わず逃げようって考えてたのは他ならない私だとも。
 けど、実際に逃げ出してみたらどうよ?
 この身が裂けそうになるほどの、悔しさ、情けなさ!
 もう一度逃げる?
 そんなこと、我慢できるわけがない。

 ここまで心が沸騰するのは、マイホームがただの便利な場所ってだけじゃなくて、それだけ私にとって大事な場所だったってことだろう。
 陳腐な言い方をすれば、自分のいるべき本当の場所、だろうね。

 前世の私に居場所なんてなかった。
 家庭は崩壊してるし、学校には馴染めない。
 ゲームの中も、所詮は架空の世界。
 私の居場所はなかった。
 まあ、居場所がなくてもいてやるわ!って開き直ってたけど。

 マイホームは、そんな私が、私のためだけに作り上げた、私のための居場所だったんだ。
 誰にも憚ることのない、私だけの場所。

 それを奪われた。
 それは、私という存在そのものの略奪に等しい。
 ここで譲ってしまったら、私はもう二度と誇りを持てなくなる。
 生きていられるだけで幸せ?
 ハッ、私も生粋の平和ボケした日本人だったってわけだ。
 誇りもなく生きてるのなんて、それは死んでるのと変わりない。
 それが今回の件で身に染みてわかった。

 マイホームは失われた。
 私の誇りは傷つけられた。
 これ以上、私は私の誇りを汚されないように、強くならなきゃならない。
 そのためには、新しいマイホームにこもって、安全な狩りをしているだけじゃダメなんだ。
 実戦の経験を積まないといけない。

 そうなると、ダンジョンを当てもなく彷徨うか、出口を目指すか、どちらかになる。
 とはいえ、これはぶっちゃけどっちもあんま変わんない。
 だって出口どこにあるかわかんないし。
 結局当てもなく彷徨うしか選択肢ないわけで。

 そもそも、このダンジョンのことを私はほとんど知らない。
 生まれも育ちもこのダンジョンだっていうのに、このダンジョンの名前すら知らない。
 どんだけの広さがあるのかとか、どんだけの難易度なのかとか、大雑把な地形すらわからない。
 わからないことだらけだ。

 ん?
 前にもわからないことだらけで悩んだことがあった気が…。
 あ!
 そうだそうだ、鑑定のスキルとった時だ!
 そうだよ鑑定があったよ。
 マイホームの中ではもうレベル上げができなかったけど、外に出た今ならレベルが上げられる。
 レベルが上がれば少しは足しになるかもしれないし、これからはずっと鑑定し続けよう。
 というわけで鑑定開始。

『迷宮の壁』『迷宮の床』『迷宮の天井』

 相変わらず使えねー。
 あー、けど、歩くたびに次々鑑定結果が表示されてるから、熟練度は溜まってきてるはず。
 う、どんどん情報が頭の中に流れ込んできて、ちょっと気持ち悪い。
 慣れるまではちょっと辛抱しなきゃならないなー。

 初めて魔物の大群を鑑定した時は、そんなに気持ち悪くならなかったんだけどなー。
 あの時は気持ち悪さよりも、唖然とした気持ちのほうが大きかったからかな?
 何はともあれ、しばらくは鑑定しながら、ダンジョンの中を彷徨ってみますか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ