挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

163/504

127 人の持つ可能性とやら、見せてもらおう

 あー、ビックリしたー。
 転移して地竜置き場に戻ったら人がいっぱいなんだもん。
 そりゃ、ビビるわ。
 対人恐怖症ってわけじゃないけど、人と接するのって苦手なんだよ私は。
 ビックリして思わず髭面のおっちゃんと見つめ合っちまったよ。
 あ、邪眼は念のためオフにした。
 見つめ合っただけで敵対されたらやだしね。

 あのおっちゃん、なかなか渋かっこよくて好みだったなー。
 タバコ吸いながら二ヤッと笑うとすごい様になりそう。
 やべ、それいいわー。
 今からでも追っかけて頼んでみたいかも。
 て、言っても私喋れないし、そもそもコミュ症の私に人と喋れとか何その拷問?

 しかし、あの人たち何しに来たんだろ?
 いきなり何か叫んで走り出したけど、なんなの?
 全員トイレでも我慢してたの?
 訳わからん。

 まあ、見逃してくれるんならそれに越したことはないし、大歓迎だけどねー。
 戦いになっても勝てると思うけど、めんどくさいし。

 なんか鎧とか着て騎士っぽい感じの集団だったけど、大して強くなかったしね。
 ステータス的には強い人で蛇と同じくらいかな。
 上層に戻ってきてから蛇を何匹か殺ったけど、蛇ってあんな弱かったんだね。
 あれをボスキャラだと思っていた時期が私にもありました。
 私も随分強くなったもんだ。

 強い人で蛇くらいだからなー。
 スキルは結構充実してたけど、それでも蛇程度のステータスじゃなー。
 私の敵じゃなさそう。
 人間って、実は弱い?
 騎士っぽい格好してたし、それなりに戦闘できる集団ってことだよね?
 それであの強さなん?
 うわ。
 思った以上に人間が弱い。
 一時期マザーとかとも戦えんのかって思ってたけど、そんなことはなかったぜ!

 まあ、あの集団が特別弱いだけかもしれんけどね。
 もしかしたらこの世界の人間って強いのと弱いのの差が激しいのかもしんないし。
 俺Tueeeeee君がいるかもしれんし。
 私でもこんだけ強くなれたんだし、いてもおかしくはないなー。

 んー。
 さっきの人たちの後つけて行ったら出口がわかんないかな?
 あー、でもあのおっちゃん気配感知持ってたんだよねー。
 つけて行ったらバレそう。
 それは嫌だなー。
 あんま人と関わりたくないし。
 けど、美味しい料理を食べるためには人と関わんなきゃいけないんだよなー。
 面倒だけど、こればっかりは譲れないしなー。

 前世でも買い物する時、店員の人と目を合わせないようにしてたくらいだからなー。
 この世界の言語は覚えないといけないだろうし、前途多難だなー。

 まあ、いっか。
 ほとぼりが冷めたらあの人たちが向かった方の探索でもしよーっと。
 最近私が向かってる方は魔物がいなくなってきてたし、ちょうどいいかな。
 急ぐ必要はないよね。
 まだアラクネにすらなれないし。
 蜘蛛の姿で外に出ても人間の街には入れないだろーしね。

 アラクネになったからって人の街に入れるかって言われると、ダメそうな気がするけど、今のところそれしか方法がないしなー。
 外道魔法の幻覚も一瞬だけしか効力ないから意味ないしねー。
 少しでも人型に近づけばあるいはって希望的観測だし。

 しかしあの人たち、ホント何しに来たんだろ?
 騎士ってことはどっかの国の部隊とか?
 何かを討伐しにでも来たのかな?
 ここらへんで討伐対象になりそうな魔物って、地竜とか?
 ごめん、それ私が食料にしちゃった。
 まさかとは思うけど、その討伐対象私じゃないよね?
 ないない。
 そもそも私、これが蜘蛛生で人間に遭遇したの2回目だし。
 討伐隊が派遣されるようなことなんもしてないもん。

 あ、でもさっきの人たちが鑑定持ちだったらやばいかも?
 なんかやばい蜘蛛の魔物がいる、じゃあ討伐しようって流れになりかねない。
 すぐ走り出しちゃったから全員の鑑定はできなかったし、もしかしたら鑑定持ちがいたかもなー。
 やっぱり追っかけてそれだけでも確認しようか?
 ああ、でも人と関わりたくないし。
 むむむ。

 いいや。
 面倒くさい。
 何が悲しくて人と積極的に関わんなきゃならんのさ。
 ボッチでいさせてくれ。

 それに、いざとなったら転移で逃げればいいだけだし。
 中層に逃げ込めば火耐性持ってない人間が相手なら逃げ切れるっしょ。
 ていうか転移した瞬間逃げられるっしょ。

 それに、さっきの人たちの強さ見ちゃうと、逃げる必要があるかも疑問だしねー。
 人と関わんのは面倒だけど、こっちを殺すつもりで来るなら容赦はしない。
 あー、でもそれやっちゃうとまた美味しいご飯が遠のくかー。
 くう、美味しいご飯が食べたいだけなのに、なんでこんな面倒なことになるんだ。
 あー、ヤダヤダ。

 いっそのこと殺して奪っちゃう?
 さっきの人たちも食料くらい持ってそうだし。
 あ、けどこんな迷宮だと新鮮で美味しいものは持ってないか。
 不味そうな保存食とかもらっても嬉しくないしなー。
 それで人間と敵対フラグが立つとか、割に合わないなー。

 もういっそ本気で魔王にでもなって支配しちゃいたいわ。
 そうしたら毎日美味しいもの食べ放題。
 あー、それいいかもー。
 なーんて、そんなことができたら苦労はないなー。
 あー。美味しいもの食べたい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ