挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
159/499

126 リアル鬼ごっこ なお鬼は蜘蛛

 食べる。
 食べる。
 食べる。
 少しずつ。
 気付かれないように。
 ゆっくりと削り取る。

《熟練度が一定に達しました。スキル『外道攻撃LV1』が『外道攻撃LV2』になりました》




 蜘蛛です。
 ピンチです。
 ジワジワ追い詰められてます。
 どうしよう?

 魔物がいなくなった。

 マジですかー?
 なしてなんもおらんの?
 巣にも引っかからないし、出歩いてもなーんもいない。
 どうなってるの?

 いや、まあ、なんとなく心当たりはあるんだけどさー。

 ここで問題!
 中層からモンスターがやってきた!
 そいつはとんでもない威圧感を放ち、呪いと麻痺を撒き散らし、常時魔法をぶっぱなしてる危険生物だ!
 こんなクレイジーな奴が現れたら、もともと上層に住んでた魔物はどうすると思う?

 正解は、逃げるに決まってるだろうがボケ!

 ハッハー!
 そのクレイジーなの私じゃねーか!
 ああ、そうね。
 客観的に見たら私とんでもなくクレイジーじゃね?
 そりゃ、魔物も逃げるわな。
 だって、私に捕まるイコール食われるだし。

 あー。
 マジでどうしたもんか。
 上層はちょっと遠出しないと獲物がいない。
 中層もマグマの中に引きこもっていない。
 まだ飽食のストックがあるからいきなり餓死って心配はないけど、今のうちに対策考えて動いておかないと、切羽詰ってからじゃ手遅れになるかもしれないし。

 あー、まあ手がないわけでもない。
 というか、それしかないかなー。

 空間魔法レベル9、長距離転移。

 この魔法は、私の知っている場所であればどこへでも行けるという夢のような魔法だ。
 しかも、私はこれ、叡智様のマップと連動させることができるから、転移する場所は詳細に設定できる。
 私が生まれてから今まで通ってきた道、その全てに転移可能なのだ。
 この魔法を使ってどっか適当なところに行けば、獲物なんて選り取りみどり。

 けどまー、それはやめとこうと思う。
 そろそろ本格的に出口を探してもいい気がしてきた。
 そういうわけで、獲物を探しつつ行動範囲を広げ、疲れたら今のホームに転移して戻ってくる。
 これを繰り返していこうと思う。
 このホームを拠点にすれば火耐性のレベル上げも継続してできるしね。

 いよいよ獲物が見つからなくてやばくなったら、下層にでも行こうかなー。
 あそこならちょっと歩いただけで魔物にぶつかるし。
 今の私なら地龍でも出てこない限り負けることはないと思うしね。
 とか言ってると地龍来たりするから、あんま下層には行きたくないけどね。

 というわけで、マップを広げにいざ出陣!
 ついでにご飯ゲットだ!
 …上層の魔物は不味いけどな。




 上層をぶらついて、飽きたらホームに転移で戻って。
 そんな生活をダラダラと続けてまする。
 上層のマップも結構広がった。
 いうても、中層の一割程度だけどね。
 ホント、中層は長かった。

 道中魔物にはあんま会わなかった。
 まあ、私から逃げてるんだし、当然っちゃ当然なんだけどさ。
 おかげで経験値も食事もなかなか手に入らない。

 ただ、1回だけ経験値的にも食事的にもいいのが手に入った。
 中層の通路と同じような広めの通路に出たんだけど、そこで地竜に出くわしたのだ。
 なんか恐竜みたいなやつだった。
 どっかで見たことある気がするって思ったら、生まれたばっかの時に見た魔物の群れの中にいたやつだった。
 あの場所からここまでは相当な距離があるから、同じ種族の別個体だと思う。

 戦ったら強かった。
 ああ、強かった。
 糸で拘束して静止の邪眼で完全に止めて、呪怨の邪眼で吸い尽くしてやったけど、強かった。
 きっと強かったに違いない。

 あれだね。
 龍殺したる私、竜ごときじゃ相手にならないってことだね。
 考えてみたら火竜だって割とあっさり勝てたしねー。
 強さ的に龍と竜とでは超えられない壁みたいなものがあるね。

 こいつを倒したおかげでSPのストックが増えたし、経験値もなかなか美味しかった。
 残念ながら食べた味は美味しくなかったけど。
 呪怨の邪眼で吸ったおかげで、食事をしないでもSPのストックがカンストした。
 SPに余裕が出来たのは大きい。
 これで餓死コースがだいぶ遠のいた。
 食べきれなかった死骸は糸で囲って放置して、SPが減ってきたらそこに転移してちょっとずつ食べよう。

 経験値も美味しい。
 火竜とほぼ同格だったわけで、レベルアップにぐっと近づいた。
 それでもまだ足りないっていうね。
 けど、この調子でいけば近いうちにレベルアップしそう。
 そうすればやっと進化できる。
 進化して終わりってわけじゃないけど、一区切りにはなる。
 やっぱ目標を小さく区切って、それを一つ一つ達成していくと効率がいい気がする。

 今の目標はまず進化すること。
 火耐性を強化すること。
 出口を見つけること。

 出口に関してはそんなに急ぎでもないし、見つかればいいなーくらいの気持ちで探そう。
 下手に人間に遭遇しても面倒だしね。

 人間ねー。
 もしホントに出会ったらどうしようか?
 進んで殺そうとも思わないけど、殺されそうになったらそりゃ反撃するわな。
 ぶっちゃけ日本にいた時ほど人殺しに忌避感持ってないだろうし。
 ああ、日本にいた時もそこまで持ってなかったかも。
 ただ面倒だしやる意味がないからやらなかっただけで。
 そう考えると、この世界でも人間は殺したら面倒かもなー。
 下手に目をつけられるのもやだしね。

 うん。
 人間と出会っても逃げるのがいいかな。
 この世界の人間がどんだけ強いのかもわかんないしね。
 人間みんな龍クラスとかやだよ?
 まあ、中層を突破してないだろうって時点で、そこまでではないだろうけどさ。

 何はともあれ、出会わない事を祈ろう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ