挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
152/487

おまけ 魔物図鑑③

累計150話突破記念
『アノグラッチ LV1
 ステータス
 HP:140/140(緑)
 MP:30/30(青)
 SP:100/100(黄)
   :90/90(赤)
 平均攻撃能力:100
 平均防御能力:85
 平均魔法能力:25
 平均抵抗能力:30
 平均速度能力:100
 スキル
「投擲LV1」「命中LV1」「立体機動LV1」「連携LV5」「怒LV8」「復讐」』
 通称猿。復讐という特異なスキルを持つ。このスキルにより、仲間を害した存在に対して執拗に攻撃を繰り返すことから、復讐猿とも呼ばれる。繁殖期が存在し、数が増えた時の被害は甚大なものになる。単体での危険度はDながら、群れの規模によってはSランク相当になるとも言われる危険な魔物。エルロー大迷宮に生息する個体は独自に暗視を持つ。ちなみに、本編で蜘蛛子が倒した群れは最小規模。

『バグラグラッチ LV1
 ステータス
 HP:600/600(緑)
 MP:100/100(青)
 SP:588/588(黄)
   :564/564(赤)
 平均攻撃能力:559
 平均防御能力:531
 平均魔法能力:97
 平均抵抗能力:106
 平均速度能力:548
 スキル
「投擲LV6」「命中LV6」「立体機動LV6」「連携LV6」「過食LV1」「休LV1」』
 通称巨猿。巨大な鰐のような口を持つアノグラッチの進化系。なのだが、何故か進化することによって復讐のスキルが消失し、怒のスキルもなくなる。スキルがなくなるという進化をする変わった種。復讐がなくなったことによって、倒しても仲間が大挙して襲って来ることはなくなった。時たまアノグラッチの大群にまじることもあるが、お互い連携はしない。個体の危険度はBに近いC。進化前の方がよっぽど危険と言われる珍しい種。種の保存の為スキルがなくなったのではないかと言われているが、真偽は不明。

『エルローゲネラッシュ LV1
 ステータス
 HP:132/132(緑)
 MP:106/106(青)
 SP:128/128(黄)
   :128/128(赤)
 平均攻撃能力:70
 平均防御能力:70
 平均魔法能力:68
 平均抵抗能力:67
 平均速度能力:73
 スキル
「火竜LV1」「命中LV1」「遊泳LV1」「炎熱無効」』
 通称タツノオトシゴ。タツノオトシゴに手足が生えたような姿をしている。下位の竜種。普段はマグマの中を泳ぎ、餌を探している。同じ中層の魔物に対しては物理でどつくが、下層や上層からの侵入者にはマグマの中から火球を浴びせる。しかしながら脳筋のため、MPが切れると物理でどつこうとする。猪突猛進。けど、余りにも相手が強すぎるとさすがに逃げる。危険度D。

『エルローピエクー LV1
 ステータス
 HP:130/130(緑)
 MP:130/130(青)
 SP:141/141(黄)
   :149/149(赤)
 平均攻撃能力:102
 平均防御能力:96
 平均魔法能力:95
 平均抵抗能力:93
 平均速度能力:106
 スキル
 「嗅覚強化LV3」「火攻撃LV1」「炎熱無効」』
 通称赤犬。見た目赤い犬。割とラブリー。鋭い嗅覚で獲物を発見する見た目同様の犬。けど攻撃する時は燃え盛る。そのときは可愛くない。危険度D。

『エルローゲネセブン LV1
 ステータス
 HP:390/390(緑)
 MP:150/150(青)
 SP:148/148(黄)
   :395/395(赤)
 平均攻撃能力:296
 平均防御能力:256
 平均魔法能力:91
 平均抵抗能力:88
 平均速度能力:89
 スキル
 「火竜LV2」「龍鱗LV1」「命中LV6」「遊泳LV5」「過食LV1」「炎熱無効」』
 通称ナマズ。ナマズっぽい外見に手足が生えたような姿の魔物。下位の竜種。タツノオトシゴの進化系。大口でなんでも飲み込む。タツノオトシゴの時とはうって変わってビビリに。相手がちょっとでも強いとすぐ逃げる。味がいいのでとある蜘蛛に常に狙われている。危険度C。

『エルローゲネレイブ LV1
 ステータス
 HP:980/980(緑)
 MP:490/490(青)
 SP:880/880(黄)
   :950/950(赤)
 平均攻撃能力:881
 平均防御能力:809
 平均魔法能力:444
 平均抵抗能力:421
 平均速度能力:573
 スキル
 「火竜LV4」「龍鱗LV5」「火強化LV1」「命中LV10」「回避LV1」「確率補正LV1」「高速遊泳LV2」「過食LV5」「炎熱無効」「生命LV3」「瞬発LV1」「持久LV3」「強力LV1」「堅固LV1」』
 通称鰻。鰻に手足が生えたような姿の魔物。中位の竜。ナマズの進化系。下位の竜とは比べ物にならないほどの強力な火球攻撃を繰り出す。物理能力も高く、純粋に強い。それなりに状況を判断する思考能力もある。ナマズほどビビりではないが、格上相手だと撤退することもある。なお、ナマズ同様味がいいのでとある蜘蛛に狙われている。危険度B。

『エルローデベギアード LV1
 ステータス
 HP:88/88(緑)
 MP:33/33(青)
 SP:70/70(黄)
   :60/60(赤)
 平均攻撃能力:50
 平均防御能力:42
 平均魔法能力:19
 平均抵抗能力:15
 平均速度能力:38
 スキル
 「遊泳LV1」「炎熱無効」』
 通称丸虫。4本足の丸い球体のような姿の魔物。ステータスも低めだが、体当たりしか攻撃手段がないためものすごく弱い。ただし、危険を察知するとすぐマグマの中に逃げる。危険度E。

『エルローゲアフロッグ LV1
 ステータス
 HP:80/80(緑)
 MP:70/70(青)
 SP:65/65(黄)
   :65/65(赤)
 平均攻撃能力:64
 平均防御能力:55
 平均魔法能力:42
 平均抵抗能力:42
 平均速度能力:40
 スキル
 「毒合成LV2」「酸攻撃LV2」「射出LV3」「遊泳LV1」「暗視LV7」「毒耐性LV2」「酸耐性LV2」「炎熱無効」』
 通称蛙の進化系。まんますぎる通称である。上層に生息する蛙が中層の環境に適応するように進化した姿。そのためステータスもスキルもそこまで劇的に強くなっていない。危険度D。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ