挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
149/487

119 目からビーム! いや、やらんけどさ

 鱗まだー?
[じゃあ代わって]
 だが断る。

 鱗剥ぎはまだかかりそう。
 その間にスキルポイント使って新しい邪眼取ろう。
 4レベルアップして200に増えたし、これで上位の邪眼が取れる。
 200ポイントで取れる邪眼は

『雷の邪眼(200):雷属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『風の邪眼(200):風属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『地の邪眼(200):地属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『重の邪眼(200):重属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『闇の邪眼(200):闇属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『破魂の邪眼(200):外道属性「破魂」の効果を視界に入ったものに与える』
『自失の邪眼(200):外道属性「自失」の効果を視界に入ったものに与える』

 このようになっております。
 100で取れる邪眼が状態異常系だったのに対して、こっちは属性攻撃系だね。
 火とか私と相性の悪い属性の邪眼はもっとポイントが高くなる。

 外道属性の2つは性能はえげつないんだけど、多分外道魔法でそのうち覚えると思うから今回もパスで。

 となると、属性の邪眼になるんだけど、どれにしようか正直迷う。
 多分一番相性がいいのは闇なんだろうけど、属性のかぶりはあんまりさせたくない。
 今はそれなりに攻め手も増えたけど、初期の頃は糸と毒しかなかったわけで、それの対策をされちゃうと私は勝ち目がなくなってたわけだ。
 いくらなんでも今の私の全部の攻撃に有効な対策を出来るとは思えないけど、それでもやっぱり幅広い攻撃方法があったほうがいいと思う。
 そういうわけで、闇は却下で。

 残ったのは風、雷、地、重の4つ。
 けど、地の邪眼って何?
 どんな感じになるの?
 何か想像できないんだけど。
 見てみたい気もするけど、地ってなんか空飛んでる相手には無意味そうに感じちゃうんだよね。
 多分そんなことはないだろうけど、万が一って場合もある。
 地はやめておこう。

 三択。
 迷う。

 風は多分衝撃波的なものを視界に入ったやつにあびせるんだと思う。
 となると、それって防御にも有効なんじゃない?
 例えば飛んできた火球にぶつけて相殺とか。
 視界に入ったものに有効なんだから、できなくはないはず。

 雷は完璧に攻撃用だね。
 威力も多分残った3つの中だと高そう。
 気になるのは、雷って付属で麻痺とかつかないのかな?
 もし付くのなら麻痺の邪眼と合わせれば、麻痺率が上がりそう。
 ない可能性の方が高そうだけどねー。

 重は、重力ってことだと思う。
 他の属性が多分単発攻撃タイプなのに対して、これは持続型っぽい。
 相手にかかる重力を高くする感じだと思う。

 どれもそれぞれ長所があるから迷う。
 うーん。

 よし、決めた!

《現在所持スキルポイントは200です。
 スキル『重の邪眼LV1』をスキルポイント200使用して取得可能です。
 取得しますか?》

 はい。

《『重の邪眼LV1』を取得しました。残りスキルポイント0です》

 悩んだ末に私が選んだのは、重の邪眼。
 これを使えば相手の動きを阻害できると思ったからだ。
 重の邪眼で相手の動きを鈍くして、呪いの邪眼で弱体化、止めに麻痺の邪眼で完全に動きを封じる。
 邪眼三重殺ここに完成!

 というわけで、邪眼は相手の動きを止めることに重点を置いた編成にしてみた。
 攻撃手段はその他にも割と充実してるしね。
 いざとなれば100ポイントで何か適当な魔法スキルでも獲得すればいいんだし。

 あれ?
 むしろそっちのほうが良かったんじゃね?
 邪眼にすごいこだわってたけど、私、ステータス的に魔法特化タイプのはずだよね?
 魔法スキル取ったほうが良かったんじゃね?

 そんなことはない。
 そういうことにしておこう。
 決して邪眼8個同時展開に憧れて暴走したわけじゃない。
 じゃないったらじゃない。

 まあ、どっちにしろしばらくはポイント温存かなー。
 進化ボーナスでどれくらいのポイントがもらえるかわかんないしねー。
 その量によってちょっと対応を変えていこう。
 多ければ怠惰とかのポイント多すぎてちょっと手が伸びにくいスキルも視野に入れていいかもしれないし。

 さてさて。
 私が重の邪眼を取った理由は何も戦闘で有利になるからだけじゃない。
 試しの意味も込めて、邪眼発動!

[ぐえ。何をする情報担当!]
 何って、自分に重力かけてみた。
[重いよ!]
 私思ったのだよ、私に足りないのは何か、それは筋肉!
[なんか語りだしたぞコイツ]
 かのZ戦士たちは何倍もの重力の中修行し、迫り来る強敵たちにも勝てる力を手にした!
[あー。言いたいことはわかったけど、鱗剥ぐのに邪魔なんだけど?]
 普段から慣らしとかないと意味ないじゃん。
{いいねー、頑張れ体担当!}
〈目指せ重力1000倍克服!〉
[死ぬわ!]

 ということで、常に自分に重力をかけることにした。
 うん。
 この邪眼は思った通りの効果だったみたい。
 視界に入ったものの重力を高くする。
 普段からこれを私自身にかけ続ければ、邪眼の熟練度はもちろん、物理系のステータスも上がるに違いない。
 あわよくば剛力なんかのスキルも上がれば言うことなし。

 今はまだレベル1だからちょっと重いくらいだけど、レベルが上がってくればかなりの負担になるはず。
 そこから戦闘時は重力を開放すれば、リミッター解除ができるのだ。
 いいねー。
 そのときは是非「拘束解除!」とか叫んでみたい。
 声は出ないけどさ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ