挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
14/470

13 大変不名誉な称号を承りました

 兄弟の襲撃を難なくやり過ごすことに成功した。
 いやー。
 コイツが馬鹿で助かったわ。
 実際ガチの勝負になったら危うかった。

 私は自分の特性をある程度把握している。
 ゲームみたいにステータスを確認することはできないので、かなり手探りではあったけど、それなりに自分の能力を客観的に判断できていると思う。
 そこから考えると、私の最大の武器は、糸と毒牙だ。
 糸で拘束して、毒牙で止めを刺す。
 この黄金コンボが私の常勝テクであり、逆に言えば、これが通用しない時、私の敗北が決定する。
 それだけ私にとって、というよりも、私たち蜘蛛の魔物にとって、糸と毒牙は重要な武器なのだ。

 それを、この馬鹿な襲撃者は全く理解していなかった。
 私は、同じ種族が相手なのだから、先に糸で拘束したほうが勝利すると、戦いの結果を予想していた。
 だから、あとはいかにして相手に糸を取り付けるか、その駆け引きが戦いの根幹になると予想していたのに、結果はこのザマ。
 まさかなんの策もなく飛びかかってくるとか、アホなの?バカなの?死ぬの?あ、もう死んでたわ。

 むしろあんな馬鹿がよく今まで生きてたなーと、逆に感心するくらいだわ。
 マイホームの外の魔物は、ぶっちゃけ今でも勝てると思えないんだけど、あいつはどうやって今まで生き残ってたのかな?
 ま、考えても仕方ないし、もう死んじゃったしー。

 そんでもって、私のテリトリーの中で死んだ奴がどんな末路を辿るのかというと、わかるよね?
 私お腹ペコペコ。
 見た目キモいけど、そんなことで気後れする精神なんて、最初に蛙を食べた時に投げ捨てた。
 兄弟?
 だから何?
 もともと共食いするような種族なんだからいまさらでしょ?

 というわけで、いただきまーす。



 ふう。
 御馳走様でした。
 見た目はあれだけど、蛙よりもむしろ美味しかった。
 やっぱあれかな?
 蛙は毒と酸と両方あるのがダメなのかな?
 まあ、これも毒持ちだから美味しくないことに変わりはないんだけど、蛙よりかはましだった。

 と、人心地着いたところで、天の声(仮)の機械みたいな音声が聞こえてきた。

《条件を満たしました。称号『悪食』を獲得しました》
《称号『悪食』の効果により、スキル『毒耐性LV1』『腐蝕耐性LV1』を獲得しました》
《『毒耐性LV1』が『毒耐性LV3』に統合されました》

《条件を満たしました。称号『血縁喰ライ』を獲得しました》
《称号『血縁喰ライ』の効果により、スキル『禁忌LV1』『外道魔法LV1』を獲得しました》

 ホワッツ?
 え、何これ?
 天の声(仮)が聞こえるといつも驚かされてばっかだけど、今回は驚いたというより、呆然としてしまった。
 称号って、なんだって?

 ちょっと落ち着かないか?
 こういう時はあれだ、糸でも出して和んでいよう。
 糸を適当に出してクルクル巻いていって、白い毛玉を作る。
 ふう、ちょっと落ち着いた。

 えーと、称号ね。
 これは、あれか?
 特殊な条件を達成するともらえるのか?
 多分そうなんだろうけど、私がもらったのって、とてつもなく不名誉かつ猟奇的なものなんですけど…。
 『悪食』って、称号っていうより悪口じゃん!
 『血縁喰ライ』って、字面だけでアカンってわかるじゃん!
 これって他の人には見えないよね?
 鑑定のレベルが高ければ見えるかもしれない。
 うわー。
 もし見られたら一発でアウトじゃん。
 ま、私モンスターだし、称号の前に人に姿見られた時点でアウトなんだけどね。

 けど、字面を無視すればこれはとんでもなく大きいんじゃないか?
 なんせ一気にスキルが4つも増えたし。
 毒耐性は元から持ってたからあれだけど、天の声(仮)の言い草からして、熟練度に加算されたんじゃないかな?
 こういう時詳しい情報が見れないのは不便だなー。
 鑑定のレベルが早く上がって欲しい。

 それよりも気になるのは残り3つのスキルだ。
 腐蝕耐性は、まあなんとなくわかる。
 腐ったものでも食べれば熟練度が上がるかも知れない。
 進んで食べようとは思わないけど…。
 問題は残り2つだ。

 禁忌って、やばそうな名前のスキルだけど、効果が全くわからん。
 ぶっちゃけ想像もできない。
 えー、説明文プリーズ。
 効果が分かんなきゃ使いようがないよ。

 外道魔法もそうだ。
 使い方が全くわかんない。
 何?
 呪文でも唱えればいいの?
 て言っても、私蜘蛛だから喋れないんですけど…。
 キチキチっていう鳴き声っていうか、歯軋り?しか出せないんですけど…。
 いや、喋れても呪文なんてわかんないし、使えないことには変わりないんだけどさ。

 試しに心の中で「外道魔法」って念じてみる。
 …
 …
 …。
 うん、何も起こらん。
 使えねー。

 あれ?
 棚ぼた的に称号ゲットしてスキルゲットって思ったけど、実質獲得できたの腐蝕耐性だけ?
 いや、まあ、毒耐性も多分内部的にはプラスされてるんだと思うけどさー。
 そう考えると、役に立ったのって、『悪食』の称号だけじゃね?
 『血縁喰ライ』って、何の役にも立たなくね?

 あー、考えてみたら、『血縁喰ライ』の称号の獲得条件が、そのまま血縁の誰かを食べるって条件なら、同じ称号持った兄弟が結構いっぱいいるはずなんだよねー。
 でも、ここまでやってきたのはさっき私に食われたバカだけ。
 ということは、『血縁喰ライ』の称号を得ても、戦闘能力とかそんな変わんないわけだ。
 使えないんじゃ意味ないもんね。
 なるほどー。
 簡単な条件にはそれなりの理由があるってことか。
 条件の緩い称号はそれだけ効果も低いと。

 けど、称号なんてものがあるってわかったのは大きい。
 称号を集めることが出来れば、効率よくスキルを集められるかもしれない。
 ちょっと新たに称号を獲得できないか、色々と試してみるのもいいかもしれない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ